ハイドロキノン配合化粧品の選び方、おすすめ化粧品や口コミをご紹介します。

ハイドロキノンは美白効果が高く、現在、様々な化粧品に配合されています。ただし、効果があるからといって、高濃度のものを個人輸入するのは危険です。副作用もあるので、国内の基準に基づいたものの中から、濃度、浸透性などを見極めて、購入するべきです。ハイドロキノン配合化粧品の選び方、おすすめの化粧品をご紹介します。

当サイトの記事は美容アドバイザーなどの監修のもとで公開しております。


ハイドロキノンは美白に特化した成分

haidoro_b1

ハイドロキノンは、イチゴやコーヒー、紅茶など、私達にとって身近な食品や海産生物種の副産物、細菌類などに含まれている天然の成分です。

還元作用が高いことから、写真の現像の主液として利用されており、作業をしている人の手が白く綺麗になることで、美白効果があることが発見されました。

欧米では、美白と言えばハイドロキノンと言われるほど長く一般的に使用されてきたものですが、日本においては化粧品への配合が認められておらず、主にクリニックの治療薬として処方されていました。

しかし、2001年の薬事法の規制緩和以降、化粧品への配合が可能となり、新しい美白成分として注目を集めています。

ハイドロキノンの美白効果は、日本で現在主流となっているビタミンC誘導体やコウジ酸などの10~100倍と言われています。

ダブルの作用でメラニンを抑制

ts_af9920043560

ハイドロキノンが持つ還元作用とは、酸化された物質を元に戻す働きを指しています。

これまでの美白成分は、これから新しくできるメラニンの合成を阻止することはできても、すでにできてしまったメラニンを取り除くことはできませんでしたが、ハイドロキノンは還元作用によって皮膚に沈着したシミにも効果があると言われています。

効果が期待できるもの

  • 日光性色素斑(紫外線や加齢によって起こるシミ。シミの原因で最も多いものです)
  • 雀卵斑(いわゆるソバカスと呼ばれるものです)
  • 肝斑(顔の左右対称に地図のように広がってできるシミのこと)
  • 炎症後色素沈着(虫さされやニキビの痕)

副作用

trouble

ハイドロキノンは美白効果が非常に高く、別名「シミの消しゴム」や「肌の漂白剤」とも呼ばれるほどです。シミや色素沈着に悩んでいる方にとっては、まさに救世主とも言える存在ですが、効果が高い分、副作用にも十分気を付ける必要があります。

ハイドロキノンが配合されている化粧品の使用では、皮膚の赤みやかゆみ、炎症、かぶれ、ヒリヒリとした熱感などが副作用として現れる場合があります。

なお、肌の一部が白く抜けてしまう白斑については、ハイドロキノンの配合率が5%未満での使用においては、現在まで国内で発生したという報告はありません。

また、ハイドロキノンと似た名前の成分に、ハイドロキノンモノベンジンエーテルというものがありますが、ハイドロキノンモノベンジンエーテルは、毒性が強くアレルギー反応を起こしやすいため、厚生労働省によって化粧品への配合が禁止されています。

ハイドロキノンとは全く別物と考えてよいでしょう。

ハイドロキノン配合化粧品の選び方・4つのポイント

1. 濃度は2%前後で十分!高濃度のものには副作用も

drop_water

ハイドロキノンは、濃度が高いほど還元作用も高くなることから、シミの除去や予防効果が期待できますが、高濃度になるほど副作用のリスクも上がってしまいます。

市販の化粧品では濃度が1~4%のものが主流となっており、商品によって差があるのが現状です。

濃度1~2%

比較的安全とされている濃度ですが、短期間でシミを消したいという方には向いていないという面もあります。

濃度3~4%

市販の化粧品に配合できる濃度の上限となっています。1~2%のものと比べると即効性が期待できるものの、その分肌への刺激は強くなってしまいます。

昔からハイドロキノンが美白化粧品に使用されてきたアメリカでは、現在は濃度4%以上のものは処方箋なしでは購入することができなくなっています。

濃度5%~

日本では、クリニックなどの医療機関以外では使用することができません。

しかし、インターネットなどで流通している海外製品の中には、今でも高濃度のハイドロキノンが含まれるものが存在しています。

個人輸入などで使用する場合は、リスクも含めて自己責任となることに注意してください。

2. 浸透性・安定性が高いこと

sintou

ハイドロキノンは水溶性の成分です。

ところが、肌の表面の角質層には皮脂(油分)が多く存在するため、そのままでは上手く肌の内部まで浸透できません。

肌の皮脂が邪魔して、せっかくハイドロキノンを使用しても成分が浸透せず、意味がないということになってしまいます。

さらに、意味がないだけではなく、ハイドロキノンが皮膚の表面に留まってしまうため、かゆみや炎症などが起こりやすいとも言われています。

また、ハイドロキノンはとても不安定な性質を持っており、すぐに酸化してしまいます。そのため、ハイドロキノンだけでは光や熱によって酸化されやすく、本来の効果をなかなか発揮することができません。

このような面を考慮すると、ハイドロキノン配合の化粧品を選ぶ時には、肌への浸透力や安定性のあるものを選ぶのがよいと言えます。

3. ドクターズコスメを選ぶ!

ts_phm06_0504

ドクターズコスメとは、医師が開発に携わった化粧品のことを言います。

日本でも、以前からクリニックではハイドロキノンが治療薬として使用されていたこともあり、医師はハイドロキノンの効果はもちろん、リスクについても十分に知識があります。

化粧品は肌に合わないものを使用すると、肌トラブルを引き起こすだけではなく精神的にも苦痛を強いられます。したがって、医師が関わった製品を選び、安全・安心が確保することが大切です。

4. お試しセットがあると安心です

ハイドロキノン配合の化粧品に限らず、初めて使用する化粧品というのは肌に合うかどうかとても不安なものですよね。

そのような時、量が少なめでその分価格も抑えられたお試しセットがあれば、実際に使ってみて肌の調子などが確認できるため安心です。

オススメのハイドロキノン配合美白化粧品と口コミ

bihada

通販でも手軽に購入できる化粧品の中から、上記のポイントをクリアしている商品を2点ほど選んでみました。

口コミの評価も高いことから、お試しでも一度は利用してみる価値があると考えますので、参考にしてください。

アンプルール ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110

大学病院にて皮膚科医として勤務した後、現在はウォブクリニック中目黒の総院長を務める高瀬聡子医師が開発した商品です。

ハイドロキノンは2.5%と低濃度ながら、アンプルール独自の成分であるBCDACにより、光や熱による酸化を防いだ「新安定型ハイドロキノン」を配合することで、肌での安定性が向上しただけではなく、刺激感もなくなり安心して使うことができます。

なお、スポット集中美容液と薬用美容美白液、化粧水、美容乳液ゲルがセットになったトライアルキットもありますので、初めて使用される場合はまずはトライアルキットを購入してみることをおすすめします。

ネットや雑誌などの評判・口コミ

良い口コミ

  • 頬のシミが気になりトライアルを購入後、現品を使っています。肌荒れもない状態で、シミが目に見えて消えていき、今ではコンシーラーを使う必要もなくなりました。(40代前半)
  • 小さなシミにピンポイントで使用しましたが、本当に消えてしまったので驚いています。手放せないコスメです。(30代後半)
  • 1㎝程度のシミに使用したところ、欠けていく感じでシミが縮んでいきました。(30代前半)
  • 目の下のシミ(クマ)が気になっていたので、使用を始めましたが使い始めて3日目くらいから明らかな違いを感じました。(30代後半)
  • シミ、ソバカスに長年悩んできて、色々な化粧品を試すものの効果がなかった中、アンプルールではトライアルキットの段階で効果を感じられたので、継続して使っています。濃いシミも薄くなってきており、鏡を見るのが楽しみになっています。(40代後半)
  • 価格は張りますが、効果があるのでリピート買いしたいと思います。(40代前半)
  • 以前からシミがあるのが気になっており、しかも少しずつ濃くなっているような気がしたのでこちらの商品を使ってみました。結果としては1本目から効果が現れ、シミはもちろんですがニキビ跡も消えてしまいました。(30代前半)
  • 使い始めて1ヶ月ほどで、ニキビの跡はなくなりました。(10代後半)
  • 友人の勧めで購入しましたが、効果があったのでこれからも継続して使用しようと思っています。(30代後半)

普通の口コミ

  • 1本目を使い切る前に、1㎝ほどのシミが3つ消えたので効果はあると感じます。でも、値段が高いのがネックです・・。(40代前半)
  • 肝斑を消したくて購入したものの、特にこれといった効果はありませんでした。新しくできたばかりのニキビ跡は薄くなったような気がします。(20代後半)

良くない口コミ

  • できて間もないシミはほとんど見えないくらいに消えましたが、時間が経過しているものは変化がありませんでした。(30代前半)
  • 敏感肌ですが特にトラブルもなく使い終えました。しかし、トラブルがない代わりに効果もないといった感じでした。(30代前半)
  • 3ヶ月使い続けてみたものの、目に見えるような効果は感じられませんでした。(20代後半)
  • 使用直後から肌に湿疹ができたので、使用を即中止にしました。敏感肌の方や普通肌の方は気を付けた方がよいかも知れません。(40代後半)

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

開発には、アメリカのカリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)で薬学部の教授をしていた、ブライアン・ケラー博士が携わっています。

ブライアン博士は、大学にて治療薬を患部へピンポイントに届けるDDS(ドラックデリバリーシステム)の研究をしていましたが、その技術を化粧品に応用することを考え、大学を退職してバイオ医薬品会社を設立しました。

そして誕生したのが、DDSを採用したビークレン独自の浸透ナノテクノロジーであるQuSomeです。

QuSomeによって、角質層の奥にまでハイドロキノンが届くようになったため、濃度は1.9%と低めに配合されており、肌への刺激や副作用の心配も軽減されています。

現在、7日分のトライアルセットが、71%offで試すことができます。

ネットや雑誌などの評判・口コミ

良い口コミ

  • 肌荒れがなく、私の肌に合っているなという印象です。元々色白だったのですが年齢と共にくすんだようになってしまったのですが、こちらの商品を使うようになってから、また「色が白い」と言われるようになりました。(30代後半)
  • 何年も悩んでいてレーザーで取ろうかと思っていたホクロが、実はシミだったようでホワイトラインを試したところ、5~6日で薄くなったのには驚きました。(30代前半)
  • 使い始めて2ヶ月ほどで、気にしていたシミが薄くなってきたような気がして、半年経った頃には殆ど目立たなくなりました。(20代前半)
  • 敏感肌なのでハイドロキノンの使用は心配していたのですが、特に肌荒れもなく、肌色がワントーン明るくなってきました。(20代前半)
  • 妊娠中の色素沈着をどうにかしたくて購入しましたが、一週間程度の使用で薄くなってきたと思います。(20代後半)
  • 一週間試してみてシミが少し薄くなってきたみたいなので、このまま使い続けてみようと思っています。肌全体のキメが整い、化粧ノリがよくなりました。(40代前半)

普通の口コミ

  • シミが薄くなりました。夜のみの使用なので長期間持ちますし、コスパ的にはそこまで高いと感じるものでもありませんでした。エッセンスとの併用がよいと思います。(40代後半)
  • 外回りの仕事が多いため日焼け止めを塗っても、すぐに日焼けしてしまいますが、ビーグレンのホワイトラインを使い始めたところ、シミが取れるわけではないですが、顔全体がワントーン明るくなってきたと思います。(40代後半)
  • 長年あったシミが薄くなったため、使用を止めたところ、再び濃くなってきたので再度利用しています。(40代前半)

悪い口コミ

  • 1ヶ月使用してみましたが、特に美白効果を感じることはなく・・。肌荒れはしていませんが、値段的に効果を期待してしまいました。(30代前半)
  • ニキビ跡に効くと聞いたので試しましたが、1ヶ月使っても効果はなく、それどころか一週間後くらいに肌荒れを起こしてしまいました。(30代前半)
  • 使用感はそんなに悪くなかったものの、私の肌には合わなかったのか、これといった効果を感じることはありませんでした。(20代後半)
  • 肌にすっと伸びて使いやすいクリームなのですが、効果を実感するには至りませんでした。(40代前半)
  • シミは何の変化もなかったのですが、シミ以外の肌の部分が白く抜けてしまいました。(30代後半)


スポンサードリンク