卵殻膜の驚きの効果や注意点、サプリメントや化粧品の口コミご紹介します!

卵の中だけでヒナが誕生することからも卵の力が伺えますが、中でも殻の内側にある薄い膜「卵殻膜」には驚くべき栄養素や効果が含まれています。東大の跡見順子教授らとアルマード社による卵殻膜の研究が進んでいて、現在では多くの効果が解明され美容と健康に大きく貢献しています。


卵殻膜とは

rankaku

私達人間は、母親の子宮内にて受精後、細胞分裂を繰り返してやがて胎児となり、親の姿に似た形にまで成長してからこの世に生まれてきます(これを胎生と言います)。

一方で鳥類は、有精卵として産み落とされた後に、その中で成長を続けヒナとなって誕生します(これを卵生と言います)。

とは言え、卵は硬い殻で覆われているため、外から栄養を与えることはできません。

親鳥は、ただひたすら卵を温めてヒナを孵すわけですが、栄養がないにも関わらずどうしてヒナは、ヒナとして生まれることができるのでしょうか。

その謎を解く鍵に、「卵殻膜」があります。

卵殻膜とは、鳥類の卵の殻の内側にある、薄い膜のことを言います。

卵殻膜は、僅か0.07㎜という薄さながら、主成分であるたんぱく質に、18種類のアミノ酸、コラーゲンやヒアルロン酸などで構成されています。

これらは、ヒナが成長するための栄養源となるだけではなく、外部からの微生物から保護する働きも担っているため、決して衛生的とは言えない場所で卵を産んでも、卵の内部では雑菌が増殖することなく、ヒナは誕生することができるのです。


スポンサードリンク


卵殻膜の効果

卵殻膜は、中国では古来より火傷や擦過傷などに有効として認知されており、その内容は、今から400年以上前の医学書である〝本草網目〟にも記されています。

日本にも江戸時代に伝わり、傷の治療に用いられてきました。

また、稽古などで生傷が耐えない相撲の世界では、昔から卵殻膜を力士の傷に貼っておくと治りが早いと言われ、今もその民間療法が行われていると言われています。

このように、卵殻膜には皮膚の修復作用があることが長きに渡って知られていたようですが、近年の研究ではそれ以外の効果が期待できることがわかっています。

美肌を作る

JV008_72A

卵殻膜にも含まれているコラーゲンやヒアルロン酸は、美肌作りには欠かすことのできない成分として、今や美容製品の代名詞的な存在となっています。

しかし、その一方でコラーゲンやヒアルロン酸は、直接肌に塗っても角質層までしか届かず、真皮層には至らないために意味がないという意見もあります。

また同様に、口から摂取しても体内でアミノ酸に分解されてしまうため、コラーゲンそのものを増やすことにはならないとも言われています。

このため、卵殻膜には皮膚の傷を修復する働きはあっても、肌の調子を整える、いわゆる美肌効果までは期待できないという見方もあったのですが、それが大きく覆ることがわかってきました。

線維芽細胞を活性化させてⅢ型コラーゲンを増やす!

卵殻膜には、元々コラーゲンやヒアルロン酸が含まれるだけではなく、それらを生成する「線維芽細胞」と呼ばれる細胞を活性化させる働きがあるのです。

なお、一口にコラーゲンと言ってもその種類は約30にも及び、人の肌の7割にあるのはコラーゲンの中のⅠ型とⅢ型だと言われています。

線維芽細胞は、主にⅢ型の生成に関係していると言われています。

Ⅲ型コラーゲンは、赤ちゃんの瑞々しい肌に多く含まれていることから、〝ベビーコラーゲン〟とも呼ばれ、繊維が細く保湿性も高いためプルプルとした肌を生み出します。

しかし、Ⅲ型コラーゲンは25才前後を境目にだんだんと減少していき、代わりに骨や腱などに多く含まれるⅠ型コラーゲンが増えていきます。

Ⅰ型コラーゲンは、繊維が太く保湿性も低いため、加齢と共に増えると肌が硬くなってしまいます。

つまり、線維芽細胞を活性化させて、加齢によって減るⅢ型コラーゲンを増加させれば、年齢に関わらず肌の潤いや弾力を保つことができるのです。

加えて、線維芽細胞はⅢ型コラーゲンだけではく、ヒアルロン酸やエラスチンといった成分を生成することもわかっており、今後、美肌作りには欠かせないキーワードとしてさらに注目されると言われています。

美髪・美爪を作る

SS157_L

卵殻膜は、人間の肌や髪に近いアミノ酸から組成されており、とりわけ「シスチン」の含有量は目を見張るものがあります。

シスチンは、人の肌にも存在していますが、卵殻膜には人の肌の5倍も多く含まれています。

しかし、シスチンという言葉自体に馴染みが少なく、どのように有効的に働くのか、いまいちピンと来ないという方も多いのではないかと思います。

シスチンは、体内に入ると「L-システイン」という物質に変化します。

L-システインは、そばかすやシミの元となるメラニンの生成を抑制し、肌のターンオーバーを促進するとして、今、注目を集めている成分です。

また、L-システインは、髪や爪の主成分であるケラチンを構成するアミノ酸の一種であることから、髪のハリやコシを保ち、爪を丈夫にするといった効果があると言われています。

病気の予防や改善

Ⅲ型コラーゲンは、皮膚のみに存在するものではなく、血管や心臓、肺、肝臓といった内臓にもあるため、卵殻膜を摂取することで線維芽細胞が活性化されると、加齢によって失われる弾力が戻って働きがよくなると言われています。

また、卵殻膜には、体内の弱った細胞を回復させる「HSP(ヒートショックプロテイン)」を増やす効果があり、これによって免疫力が上がって病気に対する抵抗力が高まると言われています。

欠点・副作用・注意点

CM004_L

そのまま食べても意味がない!

卵殻膜の存在や効果を知った誰もが、「それなら、ゆで卵を作って剥いた時、いつもは捨てていた膜も一緒に食べてしまえばよいのでは?」と思うのではないでしょうか。

しかし、残念ながらそれは意味がありません。

と言うのも、卵殻膜はそのまま食べても体内で消化・吸収されることがないからです。

つまり、現時点で卵殻膜を美容や健康に活用するには、美容・健康用に開発されたサプリメントや美容液、クレンジングなどの製品を利用する他はありません。

ですが、ここ数年の卵殻膜への関心の高まりを反映して、卵殻膜を用いて自家製の化粧品を作る方が増えています。

自家製の化粧品は十分に注意を!

インターネットで検索すると数多くのレシピを見つけることができますが、手作りのものにはブトウ球菌を始めとした雑菌が繁殖しやすいため、作成や使用には十分な注意が必要になります。

アレルギーのある人は注意

また、卵由来の成分ということで、心配なのが卵アレルギーを持っている方の使用についてです。

アレルギーの発症原因には個人差があるため、一概に言えるわけではないのですが、卵アレルギーを持っている方の多くが卵白に含まれる〝オボアルブミン〟や〝オボムチン〟という成分に反応しているそうです。

卵殻膜にはこれらの成分が含まれないことから、卵殻膜が含まれる製品を使用してもアレルギーを起こすことは考えにくいと言われていますが、アレルギーの方が使用する場合は、必ずパッチテストを行うようにして下さい。

卵殻膜のパイオニア「アルマード社」

卵殻膜は、次世代の美容・健康成分として、数多くの企業やグループが研究をしていますが、卵殻膜のパイオニア的な存在と言われているのが、「アルマード社」です。

卵殻膜は、非常に強い線維構造を持っており、加えて、熱、水、油に強いことから加工のしづらいものとして取り扱われていましたが、アルマード社は、日本において初めて卵殻膜粉末の特許を申請し、商品化に成功しています。

また、アルマード社は、2007年より東京大学と共同で卵殻膜の研究を行っており、2011年には細胞や組織に関するアメリカの専門誌である「Cell & Tissue Research」に論文が掲載され、長年の研究成果が認められています。

ここでは、卵殻膜を使ったサプリメントや化粧品の口コミをご紹介したいと思います。

サプリメント・ドリンクなど食品の口コミ

サプリメントやドリンクには、卵殻膜以外にビタミンやミネラル、腸内環境を整えるものが含まれていたり、コラーゲンやヒアルロン酸など、肌にいい成分が含まれているものもあります。

毎日気軽に卵殻膜を摂取したい、他の有効成分も同時に摂りたいという方にお勧めの摂取方法です。

口コミ

  • 青汁に卵殻膜が含まれているドリンクを飲みましたが、とても飲みやすかったです。青汁の自体は飲みやすくなったとは言え、それでもまだ苦味がネックになっていたのですが、これなら続けられます。
  • 私の場合、飲み始めたらそれまで頑なだった便秘が改善され、毎日お通じがあるようになりました。そのおかげか、肌の調子もすこぶるよくニキビや噴き出物に悩まされることもなくなりました。
  • 週1回のお通じしかなく、しかもそのたびに酷い腹痛を伴っていたのが、摂取してから、毎日痛みもなく自然に出るようになりました。また、それまでは朝起きても疲れが抜けておらず辛かったのが、体が軽くなってスッキリと起きられるようになりました。
  • コラーゲンドリンクは飲みにくい味のものが多いですが、飲みにくさを感じることはありませんでした。
  • お酒を飲んだ翌日には顔のツヤが違うので、気合の入るパーティーやデートなど予定がある前の日は欠かさず飲むようにしています。
  • 特に不満はないのですが、飲む前によく振るようにしないと、せっかくのコラーゲンが沈殿してしまうのでそこだけ注意です。
  • コンビニで気軽に買えるため、それほど効果は期待していなかったのですが、何気なく続けてみたら肌の調子がよくなり、髪にもコシが生まれました。
  • 美容のためだけではなく、体調を管理する意味で飲み続けています。
  • 卵殻膜のドリンクを飲んでいます。飲み始めた頃は味に少し癖を感じましたが、すぐに慣れました。個人的には高い効果を感じでいます。肌あれなどのトラブルがとても少なくなりました。
  • 他の美容ドリンクと比べて飲みやすく、量も少ないです。寝る前に飲んでいますが、肌がもっちりとしてきて弾力感が増したように思います。

美容液の口コミ

高濃度卵殻膜エキスに様々な美容成分を配合したものがあり、とても人気があります。

中には、フラーレンとEGF(ヒトオリゴペプチド)、ビタミンC誘導体、プロテオグリカン、ヒアルロン酸、米胚芽セラミドなどを含むものもあります。フラーレンはビタミンC誘導体の172倍もの抗酸化力があると言われ、年齢と共に衰えていく肌を活性化させる働きがあります。

また、リラックス効果を高めるために香りにこだわるものがあるのも嬉しいところです。

口コミ

  • 使用した美容液は、従来の卵殻膜エキスの2倍が含まれており、EGFの濃度も一般的なEGF配合美容液よりも5倍とかなりの高濃度のものでした。
  • 洗顔の後に使用していますが、夜使って寝ると翌朝には肌がツルツルになっています。
  • 年中乾燥肌で困っていましたが、肌に塗ってクリームやオイルなどを足さなくても、しっとりと肌が潤ってくれます。
  • 香りは好みもあると思いますが、美容液はローズ系が多い中で、イランイラン特有のオリエンタルな香りのものを選びました。非日常的な気分を味わえるところもお気に入りです。


スポンサードリンク

このページの先頭へ