10代、20代のクマなら解消できる!その原因と解消法、予防法をご紹介します。

10代や20代でもクマに悩んでいる人はとても多くいます。スマホの使用やメイク、ダイエット、ストレスなど、様々なことが原因となっています。とはいえ、10代、20代ならまだ解消できる年代です。クマの原因や解消法、予防法について、年代別に説明していきます。

当サイトの記事は美容アドバイザーなどの監修のもとで公開しております。


10代のクマの原因

クマの悩みは、年齢を重ねた人だけではありません。

最近はまだ10代にも関わらずクマがあって、人知れず悩みとして抱えている人も少なくないと言われています。

では、本来であればターンオーバーも活発で、衰え知らずの瑞々しい肌が売りであるはずの10代のうちに、どうしてクマができてしまうのでしょうか。

スマホやパソコンの長時間使用

10代からクマで悩む人が増えている原因の一つに、スマホやパソコンといった機器の長時間使用が考えられています。

スマホやパソコンを使う時は、顔が斜め下を向いてしまいがちですが、そのような姿勢を長く毎日続けることで、顔の皮膚がたるみやすくなると言われています。

また、スマホやパソコンを見ている時というのは、まばたきが少なくなるため、目の周りの筋肉が使われずに衰えやすくなります。

筋肉が低下すると、支えている皮膚が垂れ下がってしまい、皮膚に凹凸が生じやすくなり、影ができてそれがクマとなって現れてしまいます。

メイクによるダメージ

最近は中学生や高校生がメイクをすることも珍しくなくなりました。

メイクはする時だけではなく、それをとる(メイク落とし)時も皮膚を擦ってダメージを与えてしまうもの。

いくら代謝のよい若い肌であっても、毎日メイクをする習慣がある場合や、適当な洗顔などで皮膚に負担を掛けていたら、ターンオーバーが乱れ、たるみやくすみなどが起こりやすくなってしまいます。

元々の顔のつくり

涙袋が大きい、目の下がくぼんでいるなど、遺伝による顔の作りが原因で、影ができやすい人は黒クマが現れやすいと言えます。

また、肌の色が白く透き通っている人も、血管や血液が見えやすいため、青クマが目立ちやすくなります。

過激なダイエット

人から自分がどのように見られているのかが、気になってしまう年頃である10代は、ダイエットをつい頑張り過ぎてしまう人も多いですよね。

中でも、極端な食事制限を伴うダイエットをしていると、体に必要な栄養が足りなくなるため、血行不良による青クマや、体重の大幅な減少によるやつれが原因の黒クマなどが目立つようになります。

20代のクマの原因

まだまだ若い20代。30代以降の人に比べてクマで悩む割合は少ないと言われていますが、その分、逆にクマがあると老けて見られがちと大きな悩みとなっている人がいらっしゃいます。

では、20代でクマができてしまう原因とは、一体何なのでしょうか。

疲労やストレス

20代ともなると、毎日の仕事の疲れや人間関係などのストレスが溜まりやすくなる年代です。

忙しくて睡眠時間が足りなくなると、血行不良が起こり、他に比べて皮膚の薄い目の下を流れる血液が酸素不足によって青く見える(青クマ)のが顕著に現れます。

また、ストレス解消の方法としてたばこを吸っている人も注意です。

たばこに含まれるニコチンには毛細血管を収縮させる作用があることから、血行不良を招きやすく、クマを作りやすいと言われています。

メラニンの蓄積

10代の頃は活発だったターンオーバーも、20代になるとだんだんとメラニンの排出が上手くいかなくなってきます。

特に、若い時に日焼けを好んでしていた場合は、シミやそばかすの元となるメラニン色素が溜まっている可能性があります。

目の下も同じで、排出されなかったメラニンが色素沈着を起こし、クマ(茶クマ)となってしまいます。

過剰なアイメイク

20代は10代の時よりもメイクの技術が上達し、特に目元ぱっちりのアイメイクを毎日欠かさず行っているという人も増えてきます。

過剰なアイメイクは、目や目の周りに負担を掛けるだけではなく、クレンジングの際にしっかり落とそうという意識が働きやすいことから、ゴシゴシと力を入れて洗ってしまいがちです。

目の周りの皮膚はとても薄いため、このような刺激が積み重なると、肌を守ろうと皮膚内でメラニン色素が発生し、色素沈着を起こしてクマができやすくなってしまいます。

貧血

生理によって毎月大量の血液が失われる女性は、貧血になりやすいと言われています。中でも、最も多いと言われる鉄欠乏性貧血は、血液中のヘモグロビンの量が減ることで起こりますが、鉄分の不足が主な原因と言われています。

鉄分が少ないと、本来であれば赤いヘモグロビンが赤黒くなってしまうため、皮膚に透けると青いクマになって見えてしまいます。

花粉症

今や国民病とも言われる花粉症ですが、目や鼻がむず痒くなり、つい手で擦ってしまうという人も多いでしょう。

しかし、目元をゴシゴシと擦り過ぎると皮膚が摩擦によって炎症し、それを防ぐためにメラニンが発生します。

ターンオーバーが活発であれば、発生したメラニンが排出されてシミになることはありませんが、この機能が衰えていると色素沈着し、クマとなって残ってしまいます。

うつ病

近年、若い世代でも増えているうつ病は、自律神経の乱れが原因で目の周りや口の周りの血行を低下させるため、クマが現れやすくなると言われています。

10代のクマの解消法

10代は肌細胞も活発のため、クマができてもケアをしっかりと行うことで、比較的安易に解消できると言えます。

夜更かしや偏った食事を止め、早寝早起きを心掛けて、栄養バランスのよい食事を心掛けましょう。

また、メイクをした時は洗顔をきちんと行って下さい。

この時も、汚れを擦って落とすのではなく、指の腹で優しく撫でるようにして、毛穴に詰まった汚れを浮き上がらせます。

洗顔後は十分に保湿をし、メイクによる皮膚への負担を取り除きましょう。

なお、どうしてもクマが気になるという場合は、ファンデーションやコンシーラーなどで一時的にクマを隠すことも可能ですが、皮膚の凹凸が原因で影ができる黒クマはメイクでは隠すことができません。

20代のクマの解消法

毎日仕事でメイクをすることも多い20代の場合、とにかく今だけでもクマを何とかしたいというのではあれば、コンシーラーを使ったクマ隠しがおすすめです。

また、血行不良を解消し、皮膚の潤いの元となるコラーゲンの生成を活性化させる働きのあるビタミンC誘導体が配合された化粧品や美容液の利用や、たるみ解消効果の期待できるヒアルロン酸やセラミド、すでに沁みついてしまった色素の排出を促す美白化粧品などを使ってみるのもおすすめです。

10代のクマの予防法

スマホやパソコンの使用時間を決める

ある調査によると、10代の一日のスマホ利用時間は約153分、パソコンの利用時間は約64分ということがわかっています。

これは10代だけが特別に多いというわけではなく、20代30代であっても近年はスマホの長時間利用が問題になっていますが、10代でクマができてしまう一つの要因として、スマホの利用時間は特に大きいと言えるでしょう。

寝る前にベッドの中でスマホを見てしまう人も多いと思いますが、スマホから発せられるブルーライトは自律神経の交感神経を刺激し、睡眠不足を誘発してしまいます。

使用時間や使用する時間帯をあらかじめ決めるなどして、長時間使わないように注意しましょう。

また、スマホやパソコンを使用する時は、こまめに休憩を入れ、肩や首が凝って顔の血流が悪くならないようにしましょう。

メイクは極力しない

学校などの規則が厳しい場合は、メイクをするとしても休日のみという人もまだまだ多いと思いますが、中にはプロ顔負けのナチュラルメイクを施して登校している中学生や高校生もいますよね。

せっかく素肌が綺麗な時期なので、敢えて肌に悪いものを使う必要はなく、保湿などのスキンケアに重点をおいてみましょう。

肌のキメを整えるためにファンデーションを使って、それを取り除くためにクレンジング剤で皮膚を擦っているうちに、肌が乾燥しやすくなったり、色素沈着を起こしてしまいますので、クマを予防するためにはメイクをしないようにすることが大切です。

ダイエットはほどほどに

ダイエットとは、摂取カロリーが消費カロリーを下回るようにすること。

つまり、食べる量を抑えて、普段の生活や運動でカロリーが使われるようにすることで、体内の脂肪が燃えやすくなり、体重が減少していきます。

ただし、過度のダイエットは体のあらゆる組織や器官、細胞が必要とする栄養の吸収までも阻害してしまいます。

それは肌も同じで、細胞の働きが鈍くなるため、ターン―オーバーが乱れたり、肌の潤いに欠かせないコラーゲンの生成などがストップしてしまいます。

すると、肌がくすんだり、たるみが生じてクマがでやすくなってしまいます。

そのため、ダイエットをする時は極端に食事を制限するのではなく、栄養バランスを考えながら、運動を併用して、健康的に行うことが大切になります。

20代のクマの予防法

日焼けに注意する

日焼けというと、日差しの強い夏のイメージがありますが、実は春や秋、そして冬にも肌にダメージを与える紫外線は降り注いでいます。

そして、シミやくすみ、クマの原因になるメラニンは悪者に思われがちですが、本来は紫外線による肌のダメージを抑えるために必要不可欠な存在。

しかし、紫外線をたくさん浴びた分だけメラニンの生成は活発になり、年を重ねるごとにその排出がスムーズにいかなくなって、肌にどんどんと蓄積されてしまうのです。

そのため、そもそもの原因になる日焼けを防ぐことが、クマの予防に繋がります。

マッサージやストレッチなどで血行を促進する

血行不良によるクマには、血行を促進するためのマッサージや目の周辺の筋肉のストレッチなどを行うのがよいでしょう。

ただし、色素沈着を起こしている場合にマッサージを行うと、皮膚が刺激され、返ってクマを悪化させてしまうことがあります。

クマの種類によって予防法や対処法が異なりますので、そこは十分に注意するようにして下さい。

また、マッサージストレッチだけではなく、蒸しタオルと冷えたタオルを交互に目元にあてる温冷法でも、血行を促進することができます。

保湿をする

加齢とともにコラーゲンの生成量が減り、皮膚のハリが失われていきます。

そのため、保湿効果のある美容液やクリーム、パックなどを使用し、日頃から肌の乾燥を防ぐのがよいでしょう。

アイメイクを落とす時は、目元専用のクレンジングを使う

メイクの中で、油分と色素が一番多く使われるのがアイメイクです。

アイメイクを通常のクレンジング剤で落とそうと思っても、思うように落とせないため、必要以上に擦ってしまいがちになります。

このようなことを避けるため、アイメイクを落とす時は専用のクレンジング剤を使って、丁寧に落とすようにしましょう。

鉄分を摂る

女性に多い貧血はクマの発生の原因になるもの。

そのため、貧血の中でも特に多いと言われる鉄欠乏性貧血を防ぐために、日頃から鉄分を意識して摂取することが大切です。

鉄分が多く含まれる食品には、レバーや小松菜、ひじき、プルーン、あさり、のりなどがあります。

これらの食品を摂取するよう心掛けたり、食事で摂るのが難しい時はサプリメントを上手に利用するのもよいでしょう。

お風呂にゆっくりと浸かる

忙しさを理由に、つい毎日シャワーで済ませてしまう・・という人も多いですが、湯船に浸かることで体が芯から温まり、血行が促進されます。

規則正しい生活を送る

偏った食事、喫煙などは、血行不良の原因になり、クマを作りやすくしてしまいます。

また、寝ている間は成長ホルモンの分泌が活発になり、肌をよりよい状態に保つためには欠かせない時間となるため、睡眠不足にならないように注意しましょう。

なお、寝ている時間がしっかりと取れるだけではなく、良質な睡眠をとることも大切です。

寝る前にはコーヒーや紅茶などのカフェインを飲まない、スマホやパソコン、テレビなどは早めに消す、外の光が入らないように寝室の窓には厚手のカーテンを掛ける、ストレッチをして全身を解すなどの方法を行ってみるのもよいでしょう。

ストレスの解消を行う

ストレスと肌には密接な関係があり、ストレスが溜まったまま放置していると、ホルモンバランスの崩れや自律神経の乱れなどから、血行不良や過剰な皮脂の分泌などが起こり、皮膚に大きな負担を強いてしまいます。

そのため、ストレスは小さいうちに解消しておくことが肌にとってとても大切です。

趣味を持つ、友達と遊びに行く、運動をするなど、自分にとってのストレス解消法を見つけておきましょう。


スポンサードリンク