ライスパワーNo.11がセラミドを生成-肌のハリと毛穴に効くおこめパワーってすごい!

子どもの頃、石鹸は肌への刺激が強いからと言って、祖母が作ってくれたぬか袋で洗顔していました。ちょっと苦手だったぬか独特の香り、今となっては懐かしいです。また、今は無洗米が多いのであまり米を研ぐことはありませんが、お米を研いだ後は手の甲がつるつるすべすべになるのを感じていました。昔から何となく「お米は肌に良さそうだな」と言われていましたが、それが本当だったことがライスパワーNo.11をはじめとする近年の研究でわかってきています。

当サイトの記事は美容アドバイザーなどの監修のもとで公開しております。


お米の力、ライスパワーの美肌効果

最近、「米」やという名前がついたスキンケア商品が増えてきました。日本人は世界的に見て、キメが整ったハリのある美しい肌を持っていると言われてます。その理由の1つが、日本人の主食であるお米でした。

お米を発酵させて作られるライスパワーに、肌のハリ、保湿、毛穴ケアなどに対して確かな効果があることが近年になって続々と実証されてきています。

ライスパワーは香川の酒造から生まれた

日本人になじみの深いお米の力「ライスパワー」の研究は、自然豊かな香川県にある勇心酒造から始まりました。

ライスパワーは、日本酒を作る発酵技術を駆使し、3か月間もの発酵・熟成過程を経て作られます。

お米を発酵させるときに使用する微生物の組み合わせの違いなどによって、効能がそれぞれに異なる数十種類のライスパワーが開発されています。

最も有名なのは、2001年に厚生労働省によって医薬部外品の効能として唯一「皮膚水分保持能改善」効果が認められたライスパワーNo.11です。

ライスパワーの種類は?

最も有名なのは、水分保持機能改善が認められたライスパワーNo.11ですが、他にもいろいろなライスパワーがあり、様々な効能が認められています。

ライスパワーNo.1

ライスパワーNo.1は、肌の保水力をサポートして肌表面の角質層を整え、乾燥などから肌を守ります。

ライスパワーNo.2

ライスパワーNo.2は、肌に必要なものはきちんと守りながら、毛穴の奥に潜む見えない汚れまでしっかりと取り去ります。

ライスパワーNo.3

ライスパワーNo.3は、汚れを落とす働きと、うるおいを保つ働きを両立させる洗浄成分です。肌を優しくしっとりと洗いあげます。

ライスパワーNo.7

ライスパワーNo.7は、肌の油分を保って、乾燥などから肌を守ります。

ライスパワーNo.10

ライスパワーNo.10は、皮脂のバランスを整えて、キメが整った透明感とハリのある肌に導きます。

ライスパワーNo.11

ライスパワーNo.11は、肌が水分を保つ力「水分保持機能」を改善し、ハリや弾力のある肌に導きます。

ライスパワーNo.23

ライスパワーNo.23は、紫外線や活性酸素から肌を守る防御力や自活力をサポートして、肌の透明感を高めます。

ライスパワーNo.1-D

ライスパワーNo.1-Dは、温浴効果が医薬部外品の有効成分として認可されています。

ライスパワーNo.1-E

ライスパワーNo.1-Eは、傷んだ髪を補修し、髪と地肌をダメージから守ります。

ライスパワーNo.101

ライスパワーNo.101は、ストレスなどから胃を守ります。

日常的に広く利用されています

昔は、お茶碗に米粒が1つでも残っているとすごく怒られました。お米のぬかでぬか漬けを作り、お米のとぎ汁で洗顔し、それでも余ったとぎ汁を水やりに使ったりと、お米を「無駄にしないで大切に」するように言われ続けてきました。

昔の人はライスパワーなど知らなかったはずなのに、日本の長い歴史の中でいろいろな効果を自然と感じていたのだと思います。

私が使っていたぬか袋はライスパワーNo.2やライスパワーNo.3の効果を利用しているのかな?

すごく肌のきれいな日本料理店の女将さんが、毎日、お客さんの飲み残しの日本酒をお風呂に入れて入っていたという話も聞いたことがあります。

お米には温浴効果もありますし、日本酒風呂は美肌にぴったりですね。

ライスパワーNo.11の効果は?

肌には、角質細胞の間を埋めるようにセラミドという細胞間脂質が存在しています。

セラミドの役割は肌の水分を保持し、肌に弾力やハリを与えること。肌にたっぷりと水分が保たれると、シワやたるみを防いで肌のキメが整い、毛穴も目立たなくなります。

セラミドについて、詳しい説明はこちらの記事を読んでみてください。

アトピー性皮膚炎とも重要な関係。セラミドの働きや効果、増やす方法を説明します。

歳をとると化粧水をたっぷりと使ってもすぐに肌が乾いてしまいます。

実は、セラミドは年齢とともに減少していきます。すると、肌そのものが水分を保持する力が弱まり、いくら保湿してもどんどん肌から水分が失われてしまうのです。

ライスパワーNo.11は、医薬部外品の効能として、唯一、肌の水分を保持する「水分保持能の改善」効果を認可された成分です。ライスパワーNo.11は、肌の中でセラミドを作り出してくれます。

今までは外からセラミドを与えることで保湿効果を高めていたのですが、ライスパワーNo.11は自分自身でセラミドを作り、肌本来の水分保持力を高める効果を期待できます。

肌がみずみずしくふっくらと改善させることで、加齢による縦長毛穴などにすごい効果がありそうですね。

ライスパワーNo.11配合の化粧品

ライスパワーNo.11を配合したスキンケア商品には、次のようなものがあります。

ライース(ライースリペア)

ライスパワーNo.11を開発した勇心酒造株式会社のスキンケア商品のエイジングケアシリーズ。

  • ローション120ml 8,000円
  • 美容液30ml 10,000円
  • クリーム40g 8,000円

ライースは、「ライースリペア」、プレエイジングケアの「ライースアクティブ」、ベーシックケアの「ライース」と3つのラインがありますが、ライスパワーNo.11が配合されているのは「ライースリペア」のみです。

ライスフォース(ディープモイスチュアシリーズ)

ライスフォースのディープモイスチュアシリーズのうち、ディープモイスチュアローション、ディープモイスチュアエッセンス、ディープモイスチュアクリーム、プレミアムパーフェクトクリームの4アイテムにライスパワーNo.11が配合されています。

  • ローション 120ml 8,000円
  • 美容液30ml 10,000円
  • クリーム30g 8,000円

ライスフォースのニキビケアシリーズ「アクポレス」、デイリーケアシリーズの「モイスチュア」には、ライスパワーNo.11が配合されていません。

米肌・肌極・ONE BY KOSE

コーセーのライスパワーNo.11配合シリーズは、「米肌」・「肌極」・「ONE BY KOSE」の3種類です。

米肌

米肌には、通販限定ブランドのブルーのパッケージの潤肌シリーズと、ドラッグストアなどでも販売している白いパッケージの澄肌美白シリーズがあります。

ライスパワーNo.11を配合しているのは米肌の潤肌シリーズです。

  • ローション 120ml 5,000円
  • 美容液30ml 7,000円
  • クリーム40g 5,000円

米肌(潤肌)はライスパワーNo.11を高配合していますが、他のメーカーと比べてリーズナブル。BBクリームやフェイスマスクなどのラインナップも豊富なので、とてもおすすめです。

肌極

肌極は、化粧水、ジェル、美容液、アイクリームにライスパワーNo.11を配合しています。ドラッグストアでも販売している手軽さがうれしいですね。

ライスパワーNo.11の効果を試してみたい場合は、ライスパワーNo.11を高配合した美容液がおすすめです。

ONE BY KOSE

ONE BY KOSEは、美容液のみ販売していますが、ライスパワーNo.11を配合しています。

おすすめは米肌

私のおすすめは、米肌です。

理由は、

  • 小さいころからずっと使っていた雪肌精を作っているコーセーの商品だから
  • 使い続けやすい価格だから
  • 何も知らずに使った米肌のBBクリームがとんでもなく良かったから

からです。

米肌はコーセーの通販専門会社の商品

米肌はコーセープロビジョン株式会社の商品です。コーセープロビジョン株式会社は、コーセーの通販専門の関連会社。

私が米肌を知ったのは、ファンデーション代わりに使える「大人のBBクリーム」を探していたときに、雑誌で見て「価格的にちょうど良さそう」「雪肌精っぽい色のパッケージが信用できる感じ」と思い、インターネットで米肌BBクリームを購入したのがきっかけです。ライスパワーNo.11は全く気にしていませんでした。

米肌のBBクリームは、伸びもカバー力も持ちも抜群で「日焼け止めにもなるし、ファンデーションなしで会社にも行ける。同僚に肌がきれいになったってほめられたし、誰にも教えたくないかも。」と思うくらい気に入っていました。

でも、ドラッグストアでパッケージが白い「米肌」のCCクリームを見つけて、「あ、BBクリームをやめてCCクリームになっちゃったんだ。CCクリームはカバー力が弱そうだからファンデーションの代わりには無理かな。」とあきらめました。

そのときは知らなかったのですが、米肌は通販専門のブルーのパッケージのライン(肌潤)と、ドラッグストアなどでも購入できる白いパッケージのライン(澄肌美白)があるそうです。澄肌美白はライスパワーNo.11ではない別のライスパワーが配合されていて、美白に力を入れているとのこと。

私が購入した米肌BBクリームはブルーの肌潤なので、通販専用だったみたいです。ドラッグストアでは、仕方なくテレビCMもやっていた雪肌精のBBクリームを購入。

やっぱり米肌のBBクリームの方が伸びが良くてさらっとしています。さらにライスパワーNo.11入りで1日中肌の中でセラミド作ってくれるなんてすごい!

これを使い終わったら、絶対に通販で米肌のBBクリームを買おうと思います。

トライアルセットの後の本製品がリーズナブル

ライスパワーNo.11の効果を試してみたいなと思ったときに、まずはサンプルやトライアルセットを試してみますよね。

たぶん、ライスパワーNo.11を試してみると、本製品を買いたくなると思います。今までは外から「与える」だけだったセラミドを作り出せるのは唯一、ライスパワーNo.11です。

米肌は、トライアルセット後の本製品の価格が他のライスパワーNo.11配合の商品よりも安いです。

例えば、ライスフォースの化粧水は120mlで8,000円ですが、米肌の化粧水は120mlで5,000円、詰め替え用は110mlで4,500円です。

エッセンスやクリームなども米肌の方がかなり安くて継続しやすいです。

個人的には、コーセーは大手なので、トライアルセットを購入してもその後の勧誘などがなくて面倒くさくない点もポイント高いです♪


米肌トライアルセット

米肌のトライアルセット、試してみました

さっそく、米肌(ブルーの肌潤ライン)のトライアルセットを試してみました。

こちらが米肌14日トライアル「うるおい体感セット」(税込1,500円)です。

セット内容は、

  • 肌潤石鹸(15g)
  • 肌潤化粧水(30ml)
  • 肌潤改善エッセンス(12ml)
  • 肌潤クリーム(10g)
  • (おまけ)肌潤化粧水マスク1枚

たっぷり2週間分です。

米肌の石鹸はフワフワしっかり

米肌の石鹸を使ってみました。泡はしっかり目だけどふわふわ感たっぷりです。

香りは特にありません。

洗いあがりはつっぱり感なし、しっとり感も特になし。本当に「じゃまなものだけ洗い流して、必要なうるおいは残っている。」といった感じです。

毛穴の汚れを優しくオフしてくれそうです。

化粧水の浸透力は驚き!

米肌の化粧水は、想像よりもこってり感があります。でも、伸ばしてみるとベタベタしません。すごい浸透力がいいです。

しっかりとセラミド作って、浸透した水分をしっかりと保持して、肌がモチモチふっくら&毛穴が目立たなくなるといいな。

エッセンスはジェル状

米肌のエッセンスは、みずみずしいジェル状です。化粧水よりも使い心地はさらっとしています。

エッセンスは、ライスパワーNo.11を高濃度配合していて、美容成分を角層深部まで届けてくれます。絶対に買い!ですね。デコルテまでしっかりと塗り込みたいです。

こっくりタイプのクリーム

米肌(ブルーのライン)のトライアルセットに入っているクリームはこっくりとしたタイプ。「白い澄肌美白のトライアルセットには、ジェルタイプのクリームが入っています。

クリーム自体はもっちり&しっかりした感触ですが、すぐに浸透してベタベタしません。

とりあえず、夏疲れで毛穴が伸び切った肌に2週間使ってみます!


スポンサードリンク