市販の女性用の育毛剤は効果なし?正しい選び方やオススメ製品をご紹介!

髪の毛は知らずのうちに薄くなっていくものです。気づいたときにはもう遅い!といったこも起こりえます。まずは市販の育毛剤や発毛剤を使って、予防的にケアしていくことが大切です。ドラッグストアにも多くの商品が売っています。ここでは市販の育毛剤についてご紹介していきます。

当サイトの記事は美容アドバイザーなどの監修のもとで公開しております。


育毛剤、発毛剤の違いとは

薄毛に悩んでいる人の多くは、クリニックなどに行く前に「とにかくセルフケアで何とかならないか」と、薄毛を改善する効果のある商品の購入を検討するのではないでしょうか。

しかし、いざ薬局などに行ってみると、そこで薄毛対策用として販売されている「育毛剤」と「発毛剤」の違いがよくわからないという人が多いのではないでしょうか。

そこでここでは、まずはその2つの違いについてご紹介したいと思います。

育毛剤は「今ある髪の毛を育てる」

育毛剤は、その言葉通り、毛髪を育てることに特化した成分が含まれている商品となります。

今ある髪の毛が健康的に成長するための栄養成分が含まれており、同時に抜け毛を予防する効果も期待できます。

具体的には、次のような働きがあります。

  • 頭皮の血行を促進して栄養や酸素を運ぶ
  • 新陳代謝を活発にすることで髪が育つのを助ける
  • 殺菌や抗炎症作用、保湿作用などによって髪が育ちやすい環境を整える

発毛剤は「生えていない髪を生やす」

発毛剤は、毛が生えていないところに発毛させるための商品になります。

元からある髪を育てる育毛剤とは異なり、髪の毛を作る毛母細胞を直接活性化させることで、脱毛後に再び髪が生えてくるように促します。

ちなみに養毛剤というものもあります

薄毛対策の商品には、育毛剤や発毛剤の他に養毛剤というものもあります。

養毛剤は、育毛剤と作用が似ていて、今ある髪の脱毛を防ぎ、頭皮環境を整える成分が含まれていますが、医薬成分を含まないため育毛剤に比べて効き目が穏やかとなっています。

発毛剤、育毛剤における医薬品、医薬部外品、化粧品のちがい

育毛剤や発毛剤の購入を検討する際、それ自体の違いの他にもう一つ気になるのが、「医薬品」「医薬部外品」という言葉だと思います。

薬局に行くとよく目にするものですが、この2つの違いについては使用前にきちんと知っておく必要があります。

医薬品は効果が高いが副作用の懸念もある

医薬品は、厚生労働省からその薬効が認められており、効果を示すことが許可されているものを言います。

医薬品は、要指導医薬品、第1類医薬品、指定第2類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品の5段階に分かれています。

そのうち要指導医薬品と第1類医薬品は薬剤師による販売が義務付けられています。

なぜなら、医薬品の中でも要指導医薬品と第1類医薬品は最も薬効が高く、副作用の懸念があるからです。

なお、指定第2類医薬品以降は、薬剤師だけではなく登録販売者がいれば買うことができます。

薄毛対策の商品では、主に発毛剤が医薬品の指定を受けています。

医薬部外品とは

効果が認められているものの、医薬品に比べて作用が穏やかであり、かつ副作用の心配が少ないものは、医薬部外品として取り扱われます。

そのため、薬局などでも簡単に購入できます。

薄毛対策の商品では、育毛剤が医薬部外品の指定を受けることが多いようですが、含まれる成分によっては医薬品扱いになることから、購入時は注意が必要になります。

化粧品とは

化粧品は、効能や効果を謳うことが禁止されており、その作用機序は発毛剤や育毛剤とは明らかに違います。

そのため、医薬品や医薬部外品のような効果は期待できないものの、副作用の懸念がないので、手軽に使用しやすい商品と言えます。

主に、養毛剤がこの化粧品の部類に属しています。

発毛効果のある成分

ミノキシジル

アメリカのアップジョン社(現ファイザー)が開発した発毛促進成分です。

もともとは、血管を拡張する働きがあることから、血圧降下剤として利用されている医薬品でしたが、服用していた人に相次いで多毛の副作用が現れたのが切っ掛けで脱毛症の研究が進みました。

そして、世界で初めてその発毛効果が認められた成分となったのです。

日本でも、その薬効が厚生労働省から認められており、医薬品扱いの発毛剤に使用されています。

塩化カルプロニウム

厚生労働省に認可されている成分で、病院でも円形脱毛症の治療薬として用いられています。

血管拡張作用、血行促進があるため、元々は胃腸薬の成分に含まれていたものですが、頭皮に直接塗ることで同様の効果により発毛促進の期待ができると言われています。

育毛効果のある成分

血行促進作用のある成分

  • センブリエキス
  • トウガラシエキス
  • ニンジンエキスなど

保湿効果のある成分

  • 加水分解酵母エキス
  • ヒアルロン酸
  • 海藻エキスなど

酸化防止作用のある成分

  • 酢酸トコフェロール
  • トコフェロール酢酸エステルなど

女性ホルモン作用のある成分

  • カンゾウエキス
  • オトギリソウエキスなど

抗炎症作用のある成分

  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • ビワ葉エキス
  • ユーカリ油など

注意したい副作用

先述した通り、薬の効果が高いものほど副作用の心配があり、使用には必ず医師や薬剤師の指導が必要になります。

では、具体的にどのような副作用が考えられるのでしょうか。ここでは成分別に、その副作用についてご紹介します。

ミノキシジル

ミノキシジルの副作用で最も多いのが頭皮のかゆみや赤み、発疹だと言われています。

また、元々血圧降下剤として使用されている成分のため、低血圧や倦怠感、頭痛、強い眠気などの副作用も報告されています。

この他にも、髪以外の毛が多くなる多毛症や、動悸、胸の痛みといった心臓の血管が拡張することで起こる症状や、体重増加、性欲減退などの副作用が現れる場合があります。

塩化カルプロニウム

塩化カルプロニウムの副作用には、全身の発汗やほてり、頭皮の湿疹やかゆみ、腫れなどがあります。

万が一女性が服用すると、妊娠中であれば胎児の生殖器に異常をきたす恐れが指摘されており、薬に直接触れるのも避けるべきと言われています。

フィナステリド(プロペシア)は男性用

※なお、男性の薄毛治療に用いられるフィナステリド(プロペシアなどの有効成分)は、ミノキシジルと同様に厚生労働省からの認可を受けている成分で、発毛効果が期待できますが、対象は男性型脱毛症(AGA)となっており、女性の薄毛は対象外となっています。

効果のある発毛剤・育毛剤の選び方

効果の高い医薬品かセルフケア程度の商品にするかを選択する

先に述べたように、薄毛治療の商品には医薬品、医薬部外品、化粧品の3種類があります。

医薬品は効果が期待できる分、副作用があることを知っておく必要がありますし、化粧品であればその心配が低いものの効果に疑問が生じることも。

そのため、病院やクリニックに匹敵するような治療を求めるのか、セルフケア程度にまずはお試ししてみたいのか、自分自身に必要なものを確認しておきましょう。

自分にあった成分を選ぶ

育毛剤の場合、商品によって含まれる成分にかなりばらつきがあるため、自分に必要な成分が含まれていないものをいくら使用しても、思うような効果が得られない可能性があります。

そのため、次のようなことを考慮しておきましょう。

  • 出産後に抜け毛が増えてきたという人は、女性ホルモンを整えたり、血行を促進する働きのある成分が含まれているものが良い
  • フケやかゆみなどが気になる人は、殺菌や抗炎症作用のある成分が含まれているものが良い

香りや使用感も重要

薄毛の治療は1か月程度で結果が見えるものではなく、少なくとも6か月程度は治療を続ける必要があると言われます。

そのため、自分にとって使い勝手のよい商品であるかどうかも、選ぶ上でとても大切な要素となります。

育毛剤の中には清涼感を出すためにアルコール成分が使用されていたり、香料が使われていることがありますが、使用の時にスースーするのが苦手、香りが好みのものではないとなると、当然ながら長期使用は難しくなります。

お試し用の少量ボトルなどがある時は、まずはそちらから使ってみて使用感を確かめてみるのがよいでしょう。

市販されているオススメの発毛剤・育毛剤

唯一の発毛剤「リアップリジェンヌ」

リアップリジェンヌは、壮年性(一般的には25~44才の働き盛りのことを指す)脱毛症において、発毛や育毛、及び脱毛予防効果が期待できる女性発毛剤です。

日本で女性が使用できる発毛剤は、このリアップリジェンヌのみとなっています。

そのため、育毛ではなく発毛にこだわりたい人は、リアップリジェンヌがおすすめです。

リアップリジェンヌには、次の4つの有効成分が含まれていて、相互に働きかけることで発毛を促進します。

  1. ミノキシジル
    世界90ヶ国で使用されている有効成分の代表
  2. トコフェロール酢酸エステル
    皮脂の酸化を防ぎ頭皮を保護する成分
  3. パントテニールエチルエーテル
    頭皮を健全な状態に保つ成分
  4. l-メントール
    頭皮に清涼感や心地よさを与える成分

唯一の女性用発毛剤で医薬品に認定されている

リアップリジェンヌは、日本で唯一の女性用発毛剤です。

有効成分であるミノキシジルの発毛効果は、臨床試験でも明らかになっており、薄毛に悩んでいる人にとって希望の光となる存在ではないかと思います。

なお、リアップリジェンヌは第1類医薬品指定のため、購入時は薬剤師への相談が必要になりますが、その分効果は十分に期待できるものと考えられます。

口コミ

リアップジェンヌを使った人の口コミ

  • 不規則な生活習慣や乱れた食生活、ストレスなどが重なって薄毛が気になるようになってしまい、他の育毛剤を試したところ全く効果がなかったので、日本で唯一発毛効果が認められているリアップリジェンヌを試してみました。
    使い始めのころは抜け毛がひどくなったように感じ、怖くなって使用を止めようかと思いましたが、使い始めの初期にはある症状だと聞き、根気強く使用を継続していたところ、1ヶ月ほどしたらこれまでの細い毛ではなくしっかりとした太い毛が生えてくるようになりました。
    まだ、完全に薄毛が治ったわけではないのですが、引き続き使っていきたいと思っています。(30代)
  • 抜け毛がひどくなってきたので、使うようになり、1年が経ちます。使う前はシャンプーのたびにごっそりと髪が抜けるのが恐怖でしたが、リアップリジェンヌを使うようになってからはそのようなことがなくなり、特に頭頂部の薄毛は改善したように思えます。(40代)
  • 私は薄毛が悩みで、かなり前から色々な育毛剤を使用してきましたが、正直、発毛効果を感じたのはリアップリジェンヌだけです。もう手放せないと感じ、長年愛用しています。(20代)
  • 前から薄毛が気になっていたので、リアップリジェンヌも試してみたい気持ちがあったのですが、怖くて手が出せませんでした。
    ところが夫が薄毛で悩むようになり男性用のリアップを使い始めたところ効果があったため、それならと女性用を使用し始めました。
    実際使ってみて、すぐに毛がモリモリ生えてくる、というわけではありませんが、今生えている髪にもハリやコシが増すので、ボリュームアップという点では効果はあると思います。私は使用したりしなかったりなのですが、それでも一定の効果があるように感じています。(30代)
  • 夫がAGAの治療のためにクリニックへ通った時に、飲み薬の他にリアップを勧められて髪が生えてきたので、自分は女性用のリアップを使いました。使い始めて1ヶ月で抜け毛が減り、髪にボリュームが出てきました。(30代)
  • 前頭部が透けて地肌が見えるようになり、皮膚科に行ったところ、発毛効果があるのはリアップだと教えられて、使うようになりました。
    私の場合は、髪がふさふさと生えてきた・・というわけではないのですが、抜け毛が減ったので、何もしないよりはよいかな、と言った感じです。(40代)
  • リアップリジェンヌを使ってしばらくすると抜け毛は減るのですが、そこで使用を辞めると再び抜け毛がひどくなってしまいます。そのため、ずっと焼か続けなきゃいけないの?と思ってしまいます。(30代)
  • 本音を言うと高いなと思いますが、クリニックや育毛サロンの治療を受けることを考えたら安いですよね。これで髪状態が少しでもマシになったら・・と思って使っています。(30代)

製薬会社の研究がつまった「アロエ育毛液」

健康な髪を育てるには、頭皮が潤っていることがとても大切と言われています。

実際、抜け毛や髪のボリュームで悩んでいる人の多くは、頭皮が乾燥している状態で、髪に必要な栄養素が毛根にまでしっかり届いていないことが挙げられています。

アロエ育毛液は、そのような頭皮環境を改善するべく、アロエエキスやセンブリ抽出成分、βグリチルレチン酸(カンゾウ抽出成分)など、頭皮の潤いや血行促進、抗炎症作用効果などに優れた成分を配合しています。

また、この製品は小林製薬のグループ企業であるアロエ製薬が作っています。製薬会社の研究がいかされているいう点も安心感があります。

薬剤師の相談窓口があり安心して使える

アロエ育毛液の原料であるアロエは、国内で無農薬栽培されたものを使用し、徹底した品質管理の元、商品としてみなさんへと届けられています。

また、育毛は長期的に続けることがとても大切ですが、ついうっかり買い忘れてしまうことはよくあること。定期お届け便を利用することで、手元になくなってしまう心配がなく安心です。

薬剤師によるお客様相談窓口が設けられているので、困ったことも気軽に相談をすることができます。

なお、アロエ育毛液は医薬部外品のため、育毛に関する作用が医薬品に比べて穏やかな分、副作用も少なくなっているので、始めて育毛ケア商品を使うという人にもおすすめとなっています。

口コミ

アロエ育毛液を使った人の口コミ

  • 使い始めのころは、あまり効果を感じていなかったものの、使い続けて2ヶ月ほど経った時に頭の中央部分に髪が増え、前ほど薄さを感じなくなってきました。そのため、これからも継続して使用していこうと思っています。(50代)
  • トライアルセットがあったので、それで使用感を試してみました。においは好き嫌いが分かれそうな感じでしたが、私は好きなにおいでしたよ。頭皮につけてマッサージをすると冷たくて気持ち良かったです。(30代)
  • お試しセットを使ってから、継続して使用しています。今のところ特に育毛効果は実感できていませんが、抜け毛もないため使い続けています。(50代)
  • 髪が少なくなってきたのが気になり始め、まずはアロエ育毛液を使ってみました。髪が抜け落ちるのが気にならなくなったため、シャンプーとリンスも加えて使ってみたところ、髪にボリュームが出てきたような気がします。(60代)
  • 昔から髪が細かったのですが、加齢とともに地肌が目立つようになってきたので、アロエ育毛液を試してみたところ、髪に変化が現れてきました。今ではヘアースタイルを気にすることなく外出しています。(60代)
  • 出産後に抜け毛がひどく悩んでいたところ、こちらのお試しセットを知り、使用してみました。香りも好みでしたし、頭皮につけると冷たくて気持ちよいので、顔のケアと同様に面倒なく行っています。続けていたら髪にハリやコシがでてきた気がします(30代)
  • 1年ほど前から使用していますが、薄毛に悩む人に教えてあげたいと思うほどよい商品だと思っています。髪が増えてきたおかげか、実年齢よりも若く見られることが多くあります。(70代)

無添加の育毛剤「マイナチュレ」

頭皮に負担になる化学成分を使用せず、無添加で仕上げた女性用の育毛剤です。

  • センブリ
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • 酢酸DLトコフェロール

この3つの育毛成分に加え、ビワ葉エキス、オウゴンエキス、アロエエキスなどの27種類の天然由来成分や、髪によいと言われているミネラルやフコイダンを多く含んだ三石昆布、それに10種類のアミノ酸を配合しています。

無香料で無臭のため、敏感肌の人でも使用できる、女性用の育毛剤になっています。

無添加なのに医薬部外品としての効果がある

髪のよい成分は使いたいけれど、化学薬品は頭皮のかぶれや炎症の原因にもなることからできるだけ排除したい・・。

このような場合におすすめなのが、マイナチュレです。

しかし、無添加は確かに肌には嬉しいものの、育毛効果があるのか不安になりますよね。

マイナチュレは、厚生労働省に認定された医薬部外品のため、効果は医薬品よりも穏やかですが、その分副作用の心配もいらず安心して使える商品となっています。

口コミ

マイナチュレを使った人の口コミ

  • 薄毛が気になって育毛剤を探していた時に、こちらの商品を見つけました。無添加なので肌にも優しそうだと思い使い始めましたが、一ヶ月ほどで頭頂部の頭皮の赤みが消え、髪が少しふんわりしてきたように思え、効果があったことが嬉しくて使い続けています。(30代)
  • 薄毛とは無縁だった私が年齢とともに抜け毛がひどくなり、いきつけの美容師さんに指摘されたことが切っ掛けで育毛剤を探すようになりました。色々調べた中、マイナチュレは口コミもよく無添加だったので購入して使ってみたところ、私には合っていたようで抜け毛が減り、髪の状態がかなり改善されました。使用を止めるとまた抜け毛がひどくなるため、今も継続して使っています。(40代)
  • マイナチュレを使い始めて、抜け毛が減ってきたことは実感していたのですが、美容師さんから「髪が生えている」と言われ、その効果に驚いています。私はアトピー持ちなのですが、頭皮がかぶれたりかゆくなるということは今のところありません。(40代)
  • シャンプーのたびに抜け毛がひどいので、髪をケアする目的で購入してみました。使い心地もよく頭皮をマッサージした後はすっきりとした気分になります。早速髪にコシが戻ってきた気がしているので、このまま抜け毛も治まってくれたらと思います。(50代)
  • 今まで色々な育毛剤を試しましたが、こちらはシャンプー後の抜け毛が殆どなくなるくらいの効果を感じました。ボトルがかわいいので洗面台に置いておいても気にならないのが嬉しいです。(50代)
  • マイナチュレは頭皮に直接液を付けられるような形になっているので、液だれすることなくしっかりと成分を染み込ませることができます。香りも無香料なので気になりませんし、これを使うようになってから髪にコシが出てボリュームがアップした気がします。また、シャンプーやブラッシングの際の抜け毛も減りました。(40代)
  • 原因不明の抜け毛に悩み、一時期は薄くなりすぎてかつらを考えるほどに。皮膚科の先生にミノキシジルを勧められ、同時にマイナチュレを使い始めたところ、抜け毛が減ったため、ミノキシジルの効き目だと思いマイナチュレを止めたところ抜け毛の本数が元に戻ってしまいました。
    そこで再びマイナチュレを使い始めたら抜け毛が改善。以後、ずっと継続して使っていますが薄毛が進行することはなく、生えている毛も太くコシがあるものに変化してきています。(50代)
  • 1年以上続けていますが、髪の薄かった部分に髪が生えて来ています。(40代)

まとめ

女性用の育毛剤や発毛剤について説明してきました。

発毛剤などを使用しても、髪の毛はすぐに生えてくるということではありません。早めに対応して予防的に使っていくことが大切です。

最初に購入するときには戸惑いもあるかもしれませんが、できる限りのことはしておきたいものですね。


スポンサードリンク