斜視の治療法や原因、見え方、自宅でできるチェック法など

斜視は両目で正しく物を見ることができないことで、斜視の状態によって見え方も様々になります。先天性の場合もあり、早期の治療が必要となります。家庭でできるチェックなどもありますので、小さなお子さんがいる場合は確認してみてください。

嘔吐・下痢の対応、家族への感染予防法を看護師がアドバイスします!

子どもの嘔吐や下痢は突然発症することが多く、お母さんはその看病で慌ててしまいますよね。それに、家族内で感染が広がったり、お母さん自身が感染すると大変です。子どもが感染性の下痢や嘔吐にかかったとき、家族への感染を予防するためにはどうしたらいい?ママ看護師からのアドバイスです。

子どもの嘔吐や下痢の対処法。夜中の対応や水分補給など看護師が教えます!

子どもの急な嘔吐や下痢で対処に困ったことがるというお母さんも多いでしょう。中でもその原因の多くを占める感染性胃腸炎は症状もひどく感染しやすいものです。夜間や休日に症状が出た場合にどのように対応したらよいか。看護師が丁寧に解説します。

子どもの夜中の発熱はこう対処!看護師からアドバイス

夜中に子どもが発熱すると、「すぐに救急外来へ連れて行かなきゃ」と慌ててしまいますがちょっと待って!翌朝まで様子を見たほうがいいケースが多いのです。どんな状態ならば救急受診が必要なのでしょうか。まずはチェックリストと小児救急電話相談「#8000」で確認してください。ママ看護師の実体験コラムです。

起立性調節障害の食事療法や運動、病院での治療法や体験談など

起立性調節障害は思春期の子どもさんに多く、午前中に調子が悪く夕方には回復していることから、誤解を受けやすい病気です。治療にあたってはお子さんだけでなく、保護者や周囲の大人が一緒になって取り組んでいく必要があります。ここでは食事療法、治療法、体験談について説明します。

起立性調節障害とは?原因やチェックの方法、治療法について

起立性調節障害は午前中に調子が悪く、午後から夜には調子が良くなります。そのため、ご両親はお子さんに対して「怠けているだけでは?」と思い、お子さんとしては「頑張っているのになぜ怒られるのか」といった気持ちになり、親子関係が悪化することもあります。病気の理解が重要で、協力して治療をしていく必要があります。ここでは、原因や治療法を中心にポイントを説明していきます。

意外と多い!子どもの目の病気 その症状や原因、治療法をまとめました。

風邪や腹痛などは子どもによくみられる症状ですが、「目」の病気も意外と子どもには多くみられます。子どもの場合、目に症状があってもその原因がウイルス感染などであり全身症状も伴うことも少なくありません。代表的な目の病気を取り上げました。

子どもの「腹痛」の原因は?よくある腹痛についてまとめました。

子どもは大人と比べて免疫力が低いので体調を崩しやすいです。その中でも「腹痛」はよくみられる症状の1つです。腹痛を症状とする病気はたくさんあるため、すぐに特定するのは困難です。ここでは比較的多くある病気を説明します。

ADD(注意欠陥障害)の原因や症状、チェック方法についてまとめました。

ADD(注意欠陥障害)は診断が難しく、周囲から誤解されることが多くあります。疑いがあるかなと感じたら専門の医師に診てもらうことが大切です。ここではADDの原因、症状、接し方のポイントとともに、簡易なチェック事項も掲載しましたので、ご覧ください。

スズメバチの危険性や刺された時の対処法について説明します。

スズメバチは夏から次第に増えてきて、9月から10月にかけて繁殖期となり、一層攻撃的になります。夏は山に遊びに行くことも多いと思います。スズメバチに刺された時のことを考えて準備していくことが大切です。スズメバチの危険性や刺された時の応急処置について説明します。

サブコンテンツ

このページの先頭へ