花粉症の治療法、予防法、発症状況など

花粉症の発症は、しだいに若年化していて、近年では多くの幼児が発症しています。花粉症の予防や花粉の回避策を徹底することによって、花粉症が発症しないようにすることも可能なようです。花粉症になってしまった場合でも、医師の診断による適切な治療法により、症状はかなり改善していくようです。花粉症について、子どもの発症状況、治療法、予防策など、重要な事項をまとめましたので、参考にしてください。

  [その他, アレルギー]

更新日:2016年12月17日

※この記事は看護師が監修をしています。

花粉症とは

a0960_005505

花粉症とは、アレルギー性鼻炎の一種で、花粉に対して人間の体が起こすアレルギー反応です。

アレルギー反応とは、免疫が体に害のないものに対しても過剰に反応してしまい、かえって体に異変を与えてしまう反応のことをいいます。

花粉症の場合は、花粉に対して免疫が過剰に反応して様々な症状がでてきます。くしゃみ、鼻水、涙などの症状は花粉を体の外部に出そうと、免疫が過剰に反応している状態です。

スポンサードリンク

子どもの花粉症に関する近年の状況

子どもの花粉症は年々増加するとともに、低年齢化しています。花粉症に関する調査は数多くありますが、厚生労働省のHPによると、2002年から2008年にかけて、次のように増加していることが分かります。

2002年の調査

  • 0〜2歳  0%
  • 3歳〜5歳 4.5%
  • 6歳〜9歳 10.5%

2008年の調査

  • 0〜4歳 1.1%
  • 5〜9歳 13.7%

また、ウェザーニューズがスマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」及び携帯サイト「ウェザーニュース」の利用者29,024人(男性52%、女性48%)に対して行った調査によると、花粉症のデビュー率は、子どもは大人の約2倍で、中でも4歳〜6歳の花粉症デビューが多いという調査結果が出ています。

20130416_3-1

出典:ウェザーニューズ「第二回花粉症調査」結果(2013年04月16日)

なぜスギ花粉が多いのか

戦後に多くのスギの木が植えられました。現在はそれが成長して花粉を大量に生産していると言われています。スギの花粉の飛散量を減少させる方法として、スギの木の伐採や花粉の少ないスギへの品種改良が進められています。

また、スギは日本特有の木です。外国にも一部存在していますが、大量のスギ花粉が存在し飛散する状況というのは、日本に特有だと言われています。

花粉の飛散時期など

花粉症原因植物の開花期

出典:2009年版アレルギー性鼻炎ガイド 地域ごとの花粉飛散状況

関東地方では次のような飛散状況となります。

  • 2月〜4月 スギ花粉
  • 4月〜5月 ヒノキ花粉
  • 6月〜8月 カモガヤなどのイネ科花粉
  • 8月〜10月 ブタクサ、ヨモギなどの雑草類の花粉

また、北海道と本州の一部では4月から6月にかけてシラカバが飛散します。(シラカバは口の中にアレルギーをおこす口腔アレルギー症候群の原因になるともいわれています。)

花粉症の症状

515bcd948dbbc3dab2aa8b891d705e9c_s

花粉症の主な症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、充血、涙目、喉のかゆみなどです。ひどい場合には、花粉が肌に触れることによる接触性皮膚炎もあります。

その他、花粉症によって口の中にアレルギーが出ることがあります。これは、口腔アレルギー症候群といい、野菜や果物が原因で、食べることにより口の中にアレルギーが出ます。花粉ではシラカバに多くみられます。

また、花粉症の人は、アレルギーを原因とする喘息、通年性のアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などにもなりやすいといわれています。

鼻水は水のような鼻水となりますが、子どもの場合カゼのように粘り気のある鼻水や鼻づまりといった症状になることもあります。その他、鼻や口のかゆみや目の充血なども子どもによくみられる症状です。

花粉症の検査

花粉症の診断では、症状や発症時期、家族のアレルギー状況などについて問診を行い、鼻の中の検査、抗体の検査などを行っていきます。

なお、花粉症の治療として検査を行う場合は保険が適用されます。(初診の検査で自己負担6,000円程度。子どもの場合は市町村によっては医療費助成などを行っているため、安くなる場合が多いです。)

鼻鏡検査

鼻の粘膜の状態を医師が見て確認する検査です。健康な人の鼻の粘膜は薄いピンク色ですが、アレルギー性鼻炎の人は粘膜が青白く、粘膜が膨らんでいたり、鼻水が粘膜を覆っていたりします。

好酸球(こうさんきゅう)検査

鼻水を検査し、鼻水の中に「好酸球」というアレルギー特有の細胞が存在するかを検査します。この検査によりアレルギーが原因となっていることがわかります。

特異性IgE抗体検査

採血して、血液から花粉に対する抗体をしらべます。

皮内(皮膚)テスト(スクラッチテスト、プリックテスト)

花粉エキスを腕に1滴たらし、針で軽い傷をつけるか注射により、皮膚の膨疹や発赤の有無をみます。判定時間は15〜20分程度です。(針を刺して行うものですので、重度の食物アレルギーなどの場合や金属アレルギーなどで行います。一般的なお子さんの花粉症検査ではあまり行われません。)

鼻誘発テスト

花粉エキスを鼻の粘膜につけて、花粉症の症状が現れることを確認します。

花粉症の治療

b578ed8844b706627041f6958880c33f_s

花粉症の治療法としては、医療機関で行う薬物療法、特異的免疫療法、手術治療があります。また、治療のほか、花粉にさらされないよう、注意して生活してくことが必要となります。

また、治療は早期に開始することが大切です。初期であれば、鼻の粘膜の炎症がひどくなっていないため、早期に炎症を食い止めることができます。

薬による治療

薬による治療は、アレルギー性鼻炎の治療と大きく変わりません。なお、花粉症の薬は、風邪薬などと併用すると、飲み合わせが悪いものがあります。薬を飲む際には必ず医師と相談して、適切な治療を受けてください。

抗ヒスタミン薬

花粉症の治療に最も使用される薬で、くしゃみ、鼻水、目のかゆみなどの原因となるヒスタミンの作用を止めます。現在は第2世代と呼ばれる抗ヒスタミン薬が主流で、眠気や口の乾きなどの副作用が少なくなっています。

ケミカルメディエーター遊離抑制薬

アレルギー症状を起こす体内物質が出るのを抑え、鼻づまりなどを改善します。効果が現れるまで2週間ほどかかりますので、使用開始を早めにする必要があります。

血管収縮薬

粘膜の血管を収縮させて粘膜の腫れを取り除き、鼻づまりを抑制します。鼻に噴霧する点鼻薬で、使い過ぎると、かえって鼻づまりが強くなるときもあるので、1日に1~2回程度使うようにします。

ステロイド薬

鼻に噴霧するもの、飲み薬、目薬などがあります。粘膜の炎症を抑え、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなど症状全般に効果があります。なお、ステロイド薬には副作用がありますので、医師の指示のもとで薬を使用するようにしてください。

薬による治療の治療費

花粉症の治療として薬のみを使用する場合、医療費の負担が3割だと、初診で検査を行って6,000円程度。2回目の診察と薬(飲み薬、点鼻薬、目薬などが2か月分くらい)で、さらに6,000円程度。症状にもよりますが、年間で約12,000円くらいかかると思っていいでしょう。

ただし、子どもの医療費については、多くの市町村で医療費の助成が行われています。市町村によって異なりますので、お住まいの市町村のHPで確認してください。

レーザーによる治療

鼻の粘膜をレーザーで少し焼灼し、鼻でのアレルギー反応を鈍くさせます。入院する必要もなく、短時間で終わります。

ただし、小さな子どもさんに対してレーザー治療を行うことはほとんどありません。かなり痛みがあり、じっとしていることが難しいからです。

花粉症の症状がひどく、成人で仕事などがツライ人や、妊娠中で花粉症の薬を飲めない人などに向いていると言えます。

レーザー治療は多くの場合、症状が改善していきますが、レーザーで焼かれた鼻の粘膜は再生してしまうため、効果は1年程度で薄れていくことがあります。再度レーザー治療を受けることで効果を継続することができます。

また、費用については、健康保険が適用されます。1回の手術で15,000円程度の費用となります。

その他の治療

舌下免疫療法というものがあり、平成26年から治療法として厚生労働省が承認したものがあります。口の中の舌の下に花粉のエキスを入れて治療することにより、花粉症を改善していくというもので、スギ花粉症の減感作療法のようです。

ただし、治療にはリスクもあり、子どもの治療に適しているかなど、医師を相談する必要があります。詳しくは厚生労働省の通知をご覧ください。

参考:厚生労働省の通知(日本耳鼻咽喉科学会のHPに掲載)

花粉症に効果があるもの

花粉症の改善をうたい文句にしている商品は多数ありますが、その効果が証明されているものあまりないようです。その中でも効果がありそうなものをご紹介します。

ヨーグルト

腸内の環境を整えることで、アレルギー反応が抑えられると言われます。

鼻の穴に塗るクリーム

花粉症自体を治す効果はありませんが、鼻の粘膜に花粉がつく前にクリームでガードするので、アレルギーを抑える効果があります。

静電気防止スプレー

毛や綿のニットの衣類には花粉が付いてしまいますので、特に毛の衣類については静電気防止スプレーを使用すると効果があります。

スポンサードリンク

花粉症の予防・花粉症対策

花粉症は、大量の花粉を吸い込んだりすることで体が反応して、発症しやすくなります。現在、花粉症を発症していない人は、なるべく花粉を吸い込まないように生活することが大切です。

また、花粉症の人も普段から花粉を避けるように生活することが大切です。花粉の回避方法として、次のことに気をつけてください。

外出時の注意

マスクとメガネを着用する。

kahun_n1

マスクを使用すると、吸い込む花粉の量が1/3〜1/6程度となり、メガネを着用すると、目に入る花粉の量を1/2〜1/3程度に減らしてくれます。また、マスクは保湿もされるため鼻の症状が軽減されます。

外出時の洋服は表面の生地がすべすべしたものにする。

毛などを使用した上着は花粉が付きやすいので避け、表面がすべすべした生地にするといいでしょう。また、髪の毛に花粉が付かないよう、帽子をかぶって外出するといいでしょう。

帰ったら洗顔とうがいをする。

外出すると顔や喉に多くの花粉が付着しています。帰宅したら、うがいと洗顔をすることを習慣しましょう。

普段の生活の注意事項

十分な睡眠や軽い運動などをすることにより正常な抵抗力、免疫力を保つことが大切です。また、花粉症の人は風邪を引くと長引く傾向がありますので、風邪を引かないようにすることも大切です。

妊婦への治療

花粉症の妊婦さんは多くいらっしゃると思います。しかし、妊娠4か月の半ばより前の段階では、花粉症の薬を使用すると胎児に影響が出ることがあるので、使用しないようにしてください。

ただし、あまりに症状がひどい場合には、医師と相談してください。

看護師からひとこと

子どもさんの花粉症は、学力・集中力にも影響します。花粉症は花粉が飛び始めてからよりも、1〜2か月前からの治療が効果的。

その時期はまだ寒くてインフルエンザがにぎわっている時期ですが、花粉症の治療は早め早めにすると、症状を軽くコントロールすることができますよ。

スポンサードリンク

まとめ

  • 花粉症とは、アレルギー性鼻炎の一種で、花粉に対して人間の体が起こすアレルギー反応です。
  • 子どもの花粉症は年々増加の傾向にあります。
  • 花粉症の主な症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、充血、涙目、喉のかゆみなどです。
  • 花粉症の診断は、問診、鼻の中の検査、アレルギーをもっていることの検査、原因となる花粉の特定の検査などを行っていきます。
  • 花粉症の治療法としては、医療機関で行う薬物療法などがあります。
  • 現在、花粉症でない人でも今後花粉症を発症する可能性はあります。発症しないためには、なるべく、花粉を吸い込まないように生活することが大切です。
  • 花粉症対策としては、外出時にマスクやメガネを着用することや、帰宅時のうがい・洗顔を徹底することが大切です。
  • 日常生活において十分な睡眠をとることや、禁煙、適度な運動などを心がけることが必要です。
花粉症に関する質問や回答が多く寄せられていますので、こちらも参考にしてください。

このページの先頭へ