「皮膚の病気」の記事一覧

単純ヘルペス感染症の原因や治療法、妊婦さんの留意事項などを解説。

ヘルペスは多くの人が感染する病気です。気づかずにウイルスを保持して、小さなお子さんに移してしまうこともあります。小さなお子さんは重症化することがありますので、注意が必要です。単純ヘルペス感染症の原因や症状などをまとめました。

脂漏性皮膚炎の原因、予防法、治療法、家庭での過ごし方など

脂漏性皮膚炎は、生後3か月くらいまでの赤ちゃんと成人に多く見られる病気で、皮脂の分泌の多い頭皮などを中心に発症します。赤ちゃんの場合は4か月を過ぎると落ち着いてきますが、成人の場合は慢性化することもあり、日常生活を見直すことなどが必要となります。脂漏性皮膚炎の原因、予防法、治療法などをまとめました。

蕁麻疹(じんましん)の症状、原因、予防法などをまとめています。

蕁麻疹(じんましん)は、皮膚の一部が急に赤くなったり、ふくれあがったりする病気です。軽い症状で治まることもある反面、重症化することもありますので注意が必要です。妊婦さんが蕁麻疹になった場合には薬に注意が必要です。蕁麻疹(じんましん)について、症状、原因、予防法などをまとめましたので、参考にしてください。

水いぼ(伝染性軟属腫)の原因、治療法、登校やプールのことなど

水いぼはウイルスによる感染症です。水いぼに触れたりタオルなどを共有する接触により感染します。治療をしなくても半年から2年程度経過すると自然治癒していきますが、見た目や他人への感染の恐れがありますので、治療をした方がいいでしょう。また、感染中の登校やプールに入ることの可否などについては、日本臨床皮膚科医会などが見解を出しています。

とびひの原因や症状、登校登園、プール、お風呂について説明します。

とびひは細菌が皮膚に感染して発症するもので、小さい子どもによく見られます。予防が大切ですが、感染した場合には早期の治療開始で、早い回復が期待できます。また、学校や幼稚園へいつから行っていいのか、プールやお風呂の注意点についても説明します。

サブコンテンツ

 

 

このページの先頭へ