「脳の病気」の記事一覧

ADD(注意欠陥障害)の原因や症状、チェック方法についてまとめました。

ADD(注意欠陥障害)は診断が難しく、周囲から誤解されることが多くあります。疑いがあるかなと感じたら専門の医師に診てもらうことが大切です。ここではADDの原因、症状、接し方のポイントとともに、簡易なチェック事項も掲載しましたので、ご覧ください。

アスペルガー症候群 症状・診断・接し方など

子ども

アスペルガー症候群とは社会的な言動に支障をきたす脳機能の障害で、自閉症の一種です。アスペルガー症候群の型がうまく社会に適合していくためにも、周囲の人の理解がとても重要になってきます。自閉症の中でもアスペルガー症候群について、ポイントを説明していきます。

自閉症について、その症状、原因、治療法などをまとめました。

自閉症は、先天的は脳の機能障害で、多くは生後30か月までに発症します。自閉症が発症すると、一人で遊ぶことが多くなったり、視線が合わなくなったりします。また、大人になってから、自閉症と診断されることもあり、正しい知識を持って生活していくことが大切です。自閉症について、その症状、原因、治療法など、重要な事項をまとめましたので、参考にしてください。

急性髄膜炎の原因や症状、検査、治療法、予防接種など

急性髄膜炎は髄膜(脳や脊髄を保護している膜)が炎症を起こす病気で、ウイルスや細菌が原因となります。特に細菌性髄膜炎は重症化するケースがあり、死亡率はかなり高いものとなります。細菌性髄膜炎の原因となる細菌の一部に対しては予防接種がありますので、適切に接種することが大切です。急性髄膜炎の原因、治療法、予防接種に関することなど重要な事項をまとめましたので、参考にしてください。

てんかん(小児てんかん)について、発作の種類、原因、治療法、日常生活の留意点など

てんかんは、子どもにも多く見られる病気です。原因は様々ですが、てんかんの種類によっては適正な治療を受けることで成長ととも治癒していくものもあります。ただし、治療は長期に渡ることが多く、家族が協力し、医師や学校とも連携を取りながら生活していくことが大切です。てんかんについて、発作の種類、原因、治療法、日常生活の留意点など、重要な事項をまとめましたので、参考にしてください。

サブコンテンツ

 

 

このページの先頭へ