「腸の病気」の記事一覧

腸重積の原因や症状、入院治療などについてポイントを解説します。

腸重積は1歳くらいまでの年齢に多く、腸が塞がれてしまうという点でイレウスと同様です。症状によっては入院となり、重症になると死に至るケースもあります。原因や症状などをしっかりと把握して、早めに医療機関を受診することが大切です。腸重積について解説します。

急性虫垂炎(盲腸)

急性虫垂炎(盲腸)は、子どもにも多く見られる病気です。軽度ものは、抗生剤などの薬で回復していきますが、重症化すると腹膜炎などを発症することがあります。腹膜炎になると命にかかわることもあり、早期に医療機関を受診することが大切です。急性虫垂炎について、原因、治療法、予防策などをまとめましたので、参考にしてください。

腸閉塞(イレウス)の原因、治療法、予防法など

腸閉塞(イレウス)は、腸が詰まってしまい、便が排泄されなくなる病気です。先天性の疾患により、出生直後から腸閉塞となっていることもあり、出生後すぐに手術が必要な場合もあります。腸閉塞の主な症状は、激しい腹痛、繰り返しの嘔吐などで、ひどくなると便を嘔吐することもあります。腸閉塞について、その原因、治療法、予防法など、重要な事項をまとめましたので、参考にしてください。

サブコンテンツ

 

 

このページの先頭へ