水中毒は一度に大量の水分を摂取する事などで生じる病気で、体の様々な場所に不調をきたしてしまい、最悪の場合、死に至ります。水中毒とはどういうものなのか。そのメカニズムや原因、症状、注意点などを説明します。

水中毒とは

ts_gu050_l

水中毒は、たくさんの量の水分が体の中に溜まってしまった結果、体内の液体の成分バランスが狂ってしまい、命にもかかわるさまざまな症状が出てしまう状態のことです。

水中毒と深い関係のある「ナトリウム」

私たちの身体の60%は水分でできています。そして、その水分の中には血球や、鉄分など、ありとあらゆる成分が含まれています。

血液の中の成分の数値は、その人の健康のバロメーターでもあります。具合が悪くなって、病院に行くと採血検査をしますね。あれは、血液中の成分を調べ、多すぎたり、少なすぎたりする数値によって、健康を損ねている理由を知ることができるからです。

水中毒の症状には、血中に含まれている、
「ナトリウム」という成分の濃度
が大いに関係します。ナトリウム=塩のことですね。血液検査で「Na」と表示される成分で、正常値は138~146mEq/Lです。水分を摂り過ぎた結果、このナトリウムの濃度が、120mEq/Lを下回ると、水中毒として深刻な症状が出てきます。


 スポンサードリンク


体内の水分が薄まると「水中毒」になる

ふだん、私たちの身体の中では、細胞の中に塩分の薄い水、細胞の外に塩分の濃い水があります。けれど、たくさんの水を体内に一気に取り込むことで、細胞外の水の濃度が薄くなると、細胞の中との境があいまいになります。結果、細胞の中に水がどんどんと流れ込み、身体にさまざまな悪い影響が出てしまうのです。

成人の人間の腎臓は、1分間に16mlの水分を排泄できるといわれています。単純計算で、1時間にだいたい1リットル以上の水を飲み続けると、身体の中が薄い水であふれ、水中毒の状態にどんどん近づいていく、といえます。

実際には、人間の身体は尿以外にも、不感蒸泄と言って、吐く息や、汗などで皮膚からもどんどんと水分を発散しています。その量は人によって、また運動量や環境によっても違うので、水中毒になるリミットの水分量は、単純に言い切ることはできません。

水中毒が引き起こす病気

mizu1

細胞内の水分が増えることで、恐ろしいことは、身体のいろいろな場所で「むくみ」が生じることです。むくみ(医学的には、浮腫といいます。)が肺に生じたり、脳に生じたりすることで、呼吸困難が起きたり、意識がもうろうとしたり、命に関わる危険が出てきてしまうのです。

脳のむくみ、脳浮腫

ナトリウムの濃度が下がって、細胞が膨張する現象は、脳でも起こります。脳浮腫が起こると、頭痛を始め様々な症状が起こります。また、脳浮腫の状態が長く続くと、脳が回復できないくらいのダメージを負ってしまい、水中毒が改善した後も、後遺症が残ってしまうことがあります。

肺のむくみ、肺浮腫

肺浮腫が起こると、息切れ、ぜーぜーするなど、呼吸困難の症状が出てきます。

心臓がおぼれる、心不全

肺浮腫が起こると、心臓と肺の間で血液の循環がうまくいかなくなり、結果として心臓のポンプ機能が損なわれます。心不全によりさらに呼吸状態が悪化し、全身状態が悪くなります。

横紋筋融解症

血中のナトリウムが急激に低下することで、筋肉にもダメージを与えます。その結果、筋肉の成分の一部が血液に溶けだし、さまざまな症状を引き起こします。

水中毒の症状

mizu3

おしっこが増える

水中毒で最初に現れる症状は「多尿」です。体内に余分な水分があることを感知した身体が、成分バランスを保とうとして、余分な水を排出するのです。結果、おしっこの量と回数が増えます。人によっては、おねしょや尿失禁も、症状として表れる場合があります。
 
おしっこの量が異常に増えていることを、早めに本人か周りの人が気づくことができれば、水中毒の重症化は防ぐことができます。けれど、おしっこの量を普段から測ることはないですし、本人以外がその変化を知るのは、難しいことです。水中毒は初期症状では気付きづらい病気でもあるのです。

行動がおかしくなる

水中毒により脳浮腫が起こると、初期段階では食欲不振や、頭痛、ぼんやりしたり、身体がだるくて、すぐにうとうとしたりする、という状態になります。

それがひどくなってくると、吐き気や嘔吐、錯乱したり、幻聴が聞こえて人格が変わったようになってしまったり、意識がもうろうとしたりします。

この段階で病院に行くと、ナトリウム値が明らかに低下しているので、ナトリウムを補う点滴をしたり、脳浮腫を改善する薬を点滴したりすることで、症状を改善することができます。

しかし、その後もナトリウムの低下が止まらないと、痙攣を起こし、最終的には脳浮腫が原因で、呼吸など生命を維持するための機能すら破たんしてしまい、死に至ります。

多くの水を飲んで様子がおかしい時には注意

水中毒の進行が急激に起こると、特に危険な症状が出ます。血液中のナトリウムが急激に低下してしまうと、意識消失や呼吸障害など、命に関わる症状が出るので、一気にたくさん水を飲んだ後に様子がおかしい場合は、特に注意が必要です。

筋肉も溶かす、水中毒

水中毒により横紋筋融解症になると、手足の脱力感、しびれ、筋肉痛を感じることがあります。

また、ミオグロビンという成分が血中に溶けだし、おしっこで体外に排泄されることで、おしっこが赤褐色になります。尿が赤くなるので、赤い成分は血液ではないのですが、血尿のように見えることがあります。

自分が水中毒かチェックする方法

gw016_l

まずは、飲水量のチェックを

水中毒は、飲水量と、内服している薬のチェック、そして最終的には、血液検査上で低ナトリウム血症が起こっているか、で診断されます。そのため、水中毒であるかは、病院で血液検査をしなくては、診断できません。受診する場合は、内科を受診しましょう。

病院を受診する前に、まずは、1日に飲んでいる水の量をチェックする必要があります。24時間で水分を何リットル摂っているのかを、計量カップで測り、ノートに記録します。

ありのままの状態で数日間記録し、次にできるだけ水分摂取を我慢した状態での飲水量を記録しましょう。その結果を持って受診することで、医師と具体的な次のステップについて話し合うことができます。 

水分を経口補水液にしてみる。

「病院は受診したくない。でも、水分はたくさん摂っているし、このだるさや体調不良は、水中毒かもしれない。」という場合は、まずは水分摂取量を減らしてみましょう。そして、どうしても水を飲みたい場合は、水の代わりに経口補水液を飲んでみましょう。

経口補水液には、水中毒を起こさないだけの塩分が入っています。ふだん飲んでいるものを経口補水液に置き換えることで、気になる症状が消えた場合は、水中毒、軽度の低ナトリウム血症から起こっている症状だった、と知ることができます。 

飲水量を正常に近づけよう

水中毒であるかが具体的に診断されなくても、「水中毒ではないか」と自分で疑うことができた段階で、1つのステップです。たとえば、体重50kgで体温36.5度の人の1日の適性水分摂取量は、1650mlです。自分の水分摂取量が少しでも正常に近づくように、努力することです。

水中毒の原因

統合失調症など、精神の病気

mizu7

水中毒の大きな原因となる病気として、「統合失調症」という精神の病気があります。原因は明らかになっていませんが、統合失調症など精神病を長く患い、精神病の薬を長く飲んでいると、水中毒にもかかってしまう確率が高くなります。

大食い、ダイエット・・・で飲みすぎる、心因性多飲症

mizu2

水中毒に繋がりやすい病気として「多飲症」という病気があります。この病気の大きな特徴は、「水を飲みたいという衝動が抑えられない」という点です。

水には、タバコやアルコールのような中毒性は、本来ありません。けれど、さまざまな理由で「水を飲みたい。」「水を飲まなければ。」と自分を追い込んでしまい、結果的に「心因性多飲症」と呼ばれる状態になってしまうのです。

心因性多飲症は、さまざまなストレスや、強迫観念が原因になることの多い病気です。心因性多飲症から、結果として水中毒になりやすい人には、以下のような人が挙げられます。

間違ったダイエット

jv167_72a

近年、食事前に水を飲んだり、食事代わりに水を飲んだりすることで、空腹を紛らわせるダイエットが流行っています。結果として、急激に大量の水を飲んでしまうことで、水中毒に繋がります。

また、水をたくさん飲むことが直接ダイエットに繋がるような気になってしまい、喉は乾いていないのに、ことあるごとに水を飲んでしまうようになることがあります。それで飲みすぎたり、飲むのを抑えられなかったりする場合は、心因性多飲症といえます。

大食いを辞めたい

ダイエットと同様に、水を飲むことで、大食いの要求を抑えようと、急激に水を飲んでしまいます。また、大食いしたくならないように、と予防的に水でお腹をいっぱいにしておくクセがついてしまうことがあります。

禁煙や禁酒

mizu4

タバコやアルコールなど、別の中毒を絶つ時には、どうしても口寂しさがあります。それをまぎらわすため、飴をなめる、ガムを噛む、などと同じように、水を習慣的に飲むようになってしまうことがあります。

飴やガムのように、糖尿病や虫歯など悪い要素が一見ないため、水を飲むなら大丈夫だろう、という気安さがあるのですね。


 スポンサードリンク


水中毒の治療法

体内のナトリウムのバランスを正常に戻す

急性の水中毒は、痙攣や意識障害など、命に関わる危険があるため、救急で病院を受診する必要があります。病院では、ナトリウムを補うための点滴や、おしっこを出すための点滴、脳浮腫を取るための点滴などの治療がされます。

長い間続いている水中毒は、 飲水量の制限を行います。また、飲みすぎとわかっても、減らせない水分の一部を、経口補水液に変えたりして、低くなったナトリウムを補います。

飲水量のコントロールが大切

水中毒の人の飲水量の制限は、本人の意思だけでは難しく、また、だからといって周囲が厳しく制限してしまうと、本人との関係を壊してしまいがちです。

昔から病院では、水中毒と分かると個室に隔離して、なんとか水から遠ざけようとしてきました。けれど、すでに心因性多飲症が重症になっていると、トイレのウォッシュレットの水でも隠れて飲みたい、というまでに、衝動は抑えきれなくなってしまうのです。
 
心因性多飲症が進んでしまっている場合、本人と家族のどちらもが水中毒の恐ろしさを理解し、一緒になって状況の改善に向けて取り組む姿勢が大切です。病院でも家庭でも、飲水を厳しく制限するばかりでなく、飲水量を把握して、前向きにその量をコントロールすることの大切さが、最近では重視されつつあります。

赤ちゃんの注意点

薄めたミルク、白湯の飲ませすぎに注意

mizu6

赤ちゃんの場合、体内の水分の成分バランスを保つ機能が未熟のため、大人よりさらに水中毒を起こしやすい状態です。

腎臓の機能に問題がなく、母乳や正しく調乳したミルクを飲んでいる分には、水中毒の心配はありません。

けれど、白湯や、薄めたミルクを、小さい赤ちゃんに多量に飲ませてしまうと、水中毒になってしまいます。アメリカでは実際に、薄めたミルクを一気に飲ませたことによって、10か月の赤ちゃんが死亡してしまった例もあります。

症状が急激に進み、命を脅かしやすいのも、赤ちゃんの水中毒の特徴です。ミルクを与える場合は、正しく調乳したものを飲ませましょう。また、母乳とミルク以外に、白湯などを与える場合は、月齢に合わせて、一気に多く与え過ぎないようにしましょう。

夏はお子さんのおしっこの色を見ましょう

ts_fh089_l

赤ちゃんに限らず、小さな子どもの水分の成分バランスもとても崩れやすいものです。近頃、夏が非常に熱いため、熱中症予防に水分を摂るようにしきりに言われています。小さな子どもに水分を与える場合は、ただの水よりも、スポーツ飲料など適度な塩分が含まれたものが良いでしょう。

また、スポーツ飲料も飲ませすぎると、塩分が足りなくなり、水中毒になることがあります。おしっこの量が多く、色が水のように無色透明だったら、水の飲ませ過ぎ、塩分の足りな過ぎの目安です。おしっこの回数、汗のかき方など、総合的に判断して、適度に水分補給をしましょう。
 

看護師からひとこと

水は本来、人にとって身軽に摂取できる、大切な水分です。けれど、近年になってしきりに、「飲むと健康になるもの」、「飲まないといけないもの」と評判になることにより、「のどが渇いたから、必要なだけ飲む」という、自然な行為ができなくなってきているのは、悲しいことです。
 
メディアに惑わされず、のどの渇き具合、気温、おなかの膨れ具合、など総合的に判断し、無理せずに、適切に水と付き合うことが、一番の健康の秘訣です。自分の適性飲水量を知り、それを大きく超えないように、調整しましょう。

水中毒について、質問や回答が多く寄せられていますので、こちらも参考にしてください。

[カテゴリ:尿, ]

 スポンサードリンク


このページの先頭へ