「健康習慣」の記事一覧

咳喘息は治る?病院での治療や自宅で気をつけることを説明します。

sekizensoku1

長引く咳は咳喘息かもしれません。風邪やアレルギーなど多くことが原因となりますが、すぐに治るというものではなく、ある程度の治療期間が必要で、完治するものではありません。市販薬や漢方でも効果があると言われますが、病院で早期に治療して、日々の生活を気をつけることが大切です。

咳が続くのは咳喘息かも!その原因や検査、自分でチェックする方法などについて説明します。

gf2160257726

風邪が治ったのに咳だけ残っている。咳喘息は喘息ではありませんが、咳だけが続くような症状になります。様々な原因によって引き起こされますが、この状態を放置しておくと喘息になることもあるのです。大人になってから喘息になる人も多いので注意が必要です。原因、症状、セルフチェックの方法などについてまとめました。

クレアチニンとは?腎臓病のサイン!その下げる方法や上げる方法を解説します。

ts_PHM06_0513

クレアチニンは値が高い腎臓の機能や糖尿病が心配になります。また低い場合は筋肉の異常などが考えられます。特に値が高い場合は自覚症状がなく病気が進行している可能性があります。クレアチニン検査やその基準値、そして下げる方法、上げる方法について解説します。

バセドウ病の症状や原因、治療と完治などについて説明します。

サッカー

バセドウ病は免疫システムの異常から、「甲状腺ホルモン」が過剰に分泌され、新陳代謝が活発になりすぎることで体に様々な症状が出てきます。バセドウ病の根本的な原因ははっきりしていませんが、一定の予防が可能です。バセドウ病についてわかりすく解説します。

尿酸値を下げて痛風を予防しよう!痛風をわかりやすく看護師が解説します。

痛風イメージ

痛風はほとんどが男性に発症し女性の発症はごくわずかです。男性は飲み会などの機会が多いため、どうしても尿酸値が上がりがちですので、プリン体を意識した食生活が大切です。痛風にいい食べ物や悪い食べ物、アルコールの摂取、治療法などについて、全体像を看護師がわかりやすく解説します。

逆流性食道炎 胃が痛い?胸やけ?

逆流性食道炎

逆流性食道炎は近年増加している病気です。様々な原因がありますが、肥満などメタボが原因となることもあり、食生活が重要になってきます。また、放置しておくと食道がんにも繋がるため、早期に改善してくことが大切です。逆流性食道炎について原因、予防法など重要なことをまとめました。

LDLコレステロール(悪玉コレステロール)は下がる!

GW028_L

LDL(悪玉)コレステロールは、140mg以上になると、動脈硬化の危険性を心配する必要があります。動脈硬化とは、動脈が硬くなり血液の循環が悪くなるもので、自覚症状がなく、心筋梗塞や脳卒中の原因となります。定期的な健康診断を受けるとともに、生活習慣を見直して、LDL(悪玉)コレステロールを下げていきましょう。

間質性肺炎の原因、症状、予防法など

間質性肺炎

肺炎といえば、一般的には細菌感染などによるものですが、間質性肺炎は石綿やカビ、喫煙やサプリメントの過剰摂取など様々な要因で起こります。また、気管支などの炎症を起こす一般的な肺炎とは異なり、間質性肺炎は肺自体が硬くなって呼吸困難を引き起こすことがあり、治療も困難と言われています。間質性肺炎の原因、症状、予防法などをまとめました。

「禁煙」今度こそやめます!

禁煙

 1年のはじめの元旦に「禁煙」を心に誓う人は結構多いはず。毎年なのに、3が日が過ぎて出勤するころには元に戻っていたりしますよね。でも、たばこを吸い続けた結果の肺の画像などを見ると、絶対に禁煙したくなりますよ!禁煙についていろいろ調べてみました。

このページの先頭へ