「気管・心臓・肺」の記事一覧

咳喘息は治る?病院での治療や自宅で気をつけることを説明します。

長引く咳は咳喘息かもしれません。風邪やアレルギーなど多くことが原因となりますが、すぐに治るというものではなく、ある程度の治療期間が必要で、完治するものではありません。市販薬や漢方でも効果があると言われますが、病院で早期に治療して、日々の生活を気をつけることが大切です。

咳が続くのは咳喘息かも!その原因や検査、自分でチェックする方法などについて説明します。

風邪が治ったのに咳だけ残っている。咳喘息は喘息ではありませんが、咳だけが続くような症状になります。様々な原因によって引き起こされますが、この状態を放置しておくと喘息になることもあるのです。大人になってから喘息になる人も多いので注意が必要です。原因、症状、セルフチェックの方法などについてまとめました。

心臓マッサージは難しくない!その行動が家族を救います。

心臓マッサージは習ったことがあるけれど、実際にやってみた人は少ないのではないでしょうか。倒れている人がいても、実際にできるかと心配です。逆に自分が倒れた時には周りの人がやってくれないと大変です。心臓マッサージは難しくありません。しっかりと覚えてください。

レジオネラ菌は個人の対策も必要!発生場所、感染時の症状や治療法を解説します。

入浴施設だけでなく、加湿器などでも発生するレジオネラ菌です。高齢者や乳幼児は感染しやすく、重症になることもあります。レジオネラ菌が発生しないための対策や、感染した場合にどのような症状や病状になり治療を受けるのかなど、詳しく解説します。

咳が止まらない。その原因と止める方法。

夜に咳が止まらない、咳止めが効かないといったことに悩んでいる人は多くいます。咳と痰の色によっては重い病気の可能性があります。原因を突き止めて対処することが大切です。咳の原因と咳を止める方法を解説します。

若い年代も要注意!心筋梗塞の原因・症状や危険因子について

心筋梗塞とは

心筋梗塞は動脈硬化、狭心症などから引き起こされるもので、若くても突然発症する可能性があり死に至ることもあります。また前兆や予兆などもあると言われていますので、事前に気にかけておきたいところです。心筋梗塞の原因や症状、危険因子、前兆のチェック、合併症などについてまとめました。

注意すべき肺炎の原因や症状、予防法などを解説します。

女性・睡眠

肺炎には様々なものがあります。細菌によるものや、食べ物などが肺へ入ってしまうことによるもの、喫煙を原因とするものなど。また、肺炎によって症状や治療法、予防法なども変わってきます。代表的な肺炎について、ポイントを説明しましたので、参考にしてください。

肺気腫・慢性閉塞性肺疾患(COPD) 喫煙がもたらす恐ろしい病気

喫煙イメージ

肺気腫・慢性閉塞性肺疾患(COPD)は喫煙などを原因とする病気です。とても、ゆっくりと進行していく病気で、初期段階では気づきにくいと言われています。また、一度、肺気腫となった肺はもとに戻ることはなく、進行を食い止めて、残っている肺で機能を維持することとなります。肺気腫について知るとともに、禁煙を考えてみてはどうでしょうか。

心不全とはどのような病気?症状、原因、治療法をわかりやすく解説します。

心不全とは

ミュージシャンのテクマさんなど若い人も心不全になることがあります。心不全は心臓の病気としては、非常に重度のものです。心臓がうまく働かない状態であり、何らかの病気が原因となって引き起こされます。高血圧や高脂血症なども、心臓に負担をかける病気であり、こうした病気が原因となって心不全に至ってしまいます。心不全の原因や予防法などを分かりやすくまとめましたので、参考にしてください。

結核

入院

結核は予防接種や生活水準の向上などにより、減少してきた病気ですが、近年では次第に患者数が増加してます。日本は先進国の中でも結核の感染者が多い状況もあり、私たちも他人ごとではありません。結核に関する正しい知識を付けて感染予防に努め、小さなお子さんが感染しないようにしなければなりません。

このページの先頭へ