「その他」の記事一覧

自閉症について、その症状、原因、治療法などをまとめました。

自閉症は、先天的は脳の機能障害で、多くは生後30か月までに発症します。自閉症が発症すると、一人で遊ぶことが多くなったり、視線が合わなくなったりします。また、大人になってから、自閉症と診断されることもあり、正しい知識を持って生活していくことが大切です。自閉症について、その症状、原因、治療法など、重要な事項をまとめましたので、参考にしてください。

子どもの生活習慣病、小児メタボリックシンドロームの予防策など

生活習慣病や、メタボリックシンドロームは、成人だけでなく、子どもにも増加しています。生活習慣の変化などが、その要因となっています。子どもの頃に肥満であったりメタボであったりすると、成人してから生活習慣病となる可能性が高くなってしまいます。子どもの頃から適正な生活習慣を身につけることが大切です。子どもの生活習慣病、小児メタボリックシンドロームについて、予防策などの重要な事項をまとめましたので、参考にしてください。

子どもに多い便秘症について原因、治療法、予防法などをまとめました。

便秘症は子どもにも起こる病気です。大人でもつらいものですが、子どもならなおさらです。特に赤ちゃんの便秘は治療法がないため、家庭における対処法が大切になります。また、便秘の予防には生活習慣や食生活を見直して、身につけていくことが大切です。子どもの便秘症について、原因、予防法、治療法など、重要な事項をまとめましたので、参考にしてください。

花粉症の治療法、予防法、発症状況など

花粉症の発症は、しだいに若年化していて、近年では多くの幼児が発症しています。花粉症の予防や花粉の回避策を徹底することによって、花粉症が発症しないようにすることも可能なようです。花粉症になってしまった場合でも、医師の診断による適切な治療法により、症状はかなり改善していくようです。花粉症について、子どもの発症状況、治療法、予防策など、重要な事項をまとめましたので、参考にしてください。

アレルギー性鼻炎について、その原因、治療、日常生活の注意点など

アレルギー性鼻炎は多くの日本人がもつ病気です。重症となるような病気ではありませんが、完全に治癒することは難しく、長期にわたって付き合っていくことになります。治療法は対症療法が主なもので、最も大切なのは日常において抗原(アレルゲン)を避けて生活することです。アレルギー性鼻炎の原因、治療、日常生活の注意点などをまとめましたので、参考にしてください。

扁桃炎(扁桃腺炎)・急性扁桃炎

扁桃炎(扁桃腺炎)は、細菌やウイルスによって扁桃に炎症を起こす病気です。扁桃は成長とともに小さくなるので、扁桃が大きく、抵抗力が小さい子どもに発症しやすい病気です。慢性扁桃炎や扁桃周囲炎となることがありので、重症化する前に適切な治療を行うことが大切です。また、扁桃炎は口臭の原因となることもあります。扁桃炎(扁桃腺炎)について、原因、予防、治療法などをまとめましたので、参考にしてください。

溶連菌感染症の症状、予防、登校・登園や妊婦さんの留意点など

溶連菌感染症は喉などに感染して発症します。喉の痛みや高熱を伴い、全身に赤い発疹が出てきます。適切に治療を受ければ、重症化する病気ではありませんが、場合によっては合併症を伴い後遺症を残すこともあります。また、妊婦さんについても留意すべき点があります。溶連菌感染症の症状、予防、妊婦さんの留意点などをまとめました。

夜尿症(おねしょ)の原因や治し方、生活習慣などについて

夜尿症(おねしょ)のお子さんは意外に多く、多くのお母さんが悩んでいるようです。それには、いくつか原因があり、最近では治療法も確立されています。学年が上がっていくと、修学旅行など外泊する学校行事も多くなるので、自然治癒するのを待つより、医療機関を受診して医師の治療を受けるといいでしょう。夜尿症(おねしょ)について、重要な事項をまとめましたので、参考にしてください。

外耳炎の症状や治療法、予防策、耳かきの方法などをまとめました。

外耳炎は中耳炎と異なり、軽症ですむと思いがちです。軽症ですむことも多いですが、治療が必要になることも多くあります。また、間違った耳掃除をしていると外耳炎になりやすくなります。外耳炎について重要な事項をまとめましたので、参考にしてください。

急性気管支炎と慢性気管支炎の症状や治療法、家庭での注意点など

気管支炎には急性気管支炎と慢性気管支炎があり、それぞれ特徴があります。小さなお子さんは急性気管支炎にかかりやすく、慢性気管支炎は40歳以上の大人に多く見られます。それぞれについて、重要な事項をまとめましたので、参考にしてください。

サブコンテンツ

 

 

このページの先頭へ