「夏かぜ」の記事一覧

ヘルパンギーナ その症状や感染、登園の時期などについて説明します。

ヘルパンギーナは夏カゼの代表的な疾患として知られています。感染者の多くは4歳以下のお子さんです。高熱が出て、口の中の水泡に痛みが出ます。また、大人が感染すると症状が重いため、家族で感染予防に努めることが大切です。ヘルパンギーナの感染経路、予防方法、治療法などをまとめました。

プール熱(咽頭結膜熱)の症状や予防法、家庭での注意点、感染経路など

夏に流行しがちなプール熱(咽頭結膜熱)。感染者の9割は10歳以下の子どもさんになります。プールの水を解して感染することが多いですが、飛沫感染などもあります。主な症状は高熱、結膜炎、喉の痛みになります。正しい知識をもって、家族で感染予防につとめてください。

手足口病の症状や予防法、感染経路、登園の時期、妊婦さんへの影響など

夏に流行することが多い手足口病です。感染しても基本的には軽い症状ですむことが多いのですが、熱が出たり口の中が痛くなったりと、小さい子どもさんにはツライ病気です。また、大人が感染することもあり、症状がひどくなることがあります。家族で感染予防などにつとめてください。

サブコンテンツ

 

 

このページの先頭へ