「肺・呼吸器の病気」の記事一覧

ボックダレック孔ヘルニア(先天性横隔膜ヘルニア)の検査、症状、治療法など

ボックダレック孔ヘルニアは、先天性の横隔膜ヘルニアのひとつです。横隔膜の穴から胃などの臓器が胸部へ入ってしまい、呼吸障害が生じてしまいます。多くの場合は出生直後に発症し、危険も大きい病気です。ボックダレック孔ヘルニアについて、その原因、治療法などをまとめましたので、参考にしてください。

扁桃炎(扁桃腺炎)・急性扁桃炎

扁桃炎(扁桃腺炎)は、細菌やウイルスによって扁桃に炎症を起こす病気です。扁桃は成長とともに小さくなるので、扁桃が大きく、抵抗力が小さい子どもに発症しやすい病気です。慢性扁桃炎や扁桃周囲炎となることがありので、重症化する前に適切な治療を行うことが大切です。また、扁桃炎は口臭の原因となることもあります。扁桃炎(扁桃腺炎)について、原因、予防、治療法などをまとめましたので、参考にしてください。

溶連菌感染症の症状、予防、登校・登園や妊婦さんの留意点など

溶連菌感染症は喉などに感染して発症します。喉の痛みや高熱を伴い、全身に赤い発疹が出てきます。適切に治療を受ければ、重症化する病気ではありませんが、場合によっては合併症を伴い後遺症を残すこともあります。また、妊婦さんについても留意すべき点があります。溶連菌感染症の症状、予防、妊婦さんの留意点などをまとめました。

百日咳に特有の症状や治療、予防接種、妊婦の注意点などについて

百日咳は百日咳菌による呼吸器の感染症です。独特の咳などの症状があり、乳児の場合は重症化すると無呼吸などを合併することもあります。大人の感染では軽いことが多いのですが、気づかずに子どもにうつす心配があります。百日咳について大切なポイントをまとめました。

クループ症候群の症状、予防策、治療など

クループ症候群は、重症化することはあまりありませんが、急性喉頭蓋炎になると窒息死する危険があり、入院治療が必要となります。原因となるB型のインフルエンザ菌(Hib)は予防接種があることを認識しておくことが重要です。クループ症候群について、重要な事項をまとめましたので、参考にしてください。

急性気管支炎と慢性気管支炎の症状や治療法、家庭での注意点など

気管支炎には急性気管支炎と慢性気管支炎があり、それぞれ特徴があります。小さなお子さんは急性気管支炎にかかりやすく、慢性気管支炎は40歳以上の大人に多く見られます。それぞれについて、重要な事項をまとめましたので、参考にしてください。

マイコプラズマ肺炎は予防が大切!その症状や治療法、大人の感染について説明します。

マイコプラズマ肺炎の感染者は80%程度が14歳以下で、成人も感染します。近年は冬だけでなく夏にも感染が多くみられます。予防法や治療法、登校・登園の基準など、マイコプラズマ肺炎についてまとめましたので、参考にしてください。

RSウイルス感染症の症状や潜伏期間、治療(入院期間)、登園時期など

多くの子どもさんが感染するRSウイルス。秋から冬にかけて流行します。1歳未満の赤ちゃんが感染すると症状が重くなることもあります。症状、感染、予防、治療などについてまとめましたので、参考にしてください。

サブコンテンツ

 

 

このページの先頭へ