「腎臓の病気」の記事一覧

ネフローゼ症候群の原因、症状、診断基準など大切な事項をまとめました。

ネフローゼ症候群とは腎臓の病気の1つです。大量に尿の中に蛋白質が出てしまい、その結果血液中の蛋白質が低下してしまうことで身体にむくみなどの症状がでます。原因によって「一次性ネフローゼ症候群」と「二次性ネフローゼ症候群」に分類され、子どもの腎臓の病気では比較的多くみられる病気です。

慢性糸球体腎炎(慢性腎炎)について、その原因、治療、食生活の注意点など

慢性糸球体腎炎(慢性腎炎)は、急性腎炎から移行するか、学校などの尿検査によって判明します。一般的に症状がないことから、判明するのが遅くなります。症状にもよりますが、学校での運動にもある程度の制限があり、毎日の食生活についても一定の配慮が必要となってきます。

急性糸球体腎炎(急性腎炎)について、その原因、治療法、食生活など

急性糸球体腎炎(急性腎炎)は、主に溶連菌などの細菌感染症から引き起こされるもので、血尿、尿のたんぱくなどの尿所見が出現し、むくみや高血圧などを起こします。病状の経過は良好で通常は2週間程度で回復しますが、尿蛋白が出ている間は運動などの制限があります。また、完全に治癒するまでには数か月を要します。急性糸球体腎炎(急性腎炎)の原因、治療法、食生活ことなどをまとめましたので、参考にしてください。

サブコンテンツ

 

 

このページの先頭へ