ワセリンはスキンケアからやけどにも効く万能薬!

ワセリンは石油から作られ、現在では不純物がほとんど含まれず、安心して使用できます。また医薬品としても販売されたり、高い保湿効果からハンドクリームやリップクリームとして使用する人もいます。今回はワセリンをご紹介します。

ワセリンとは

ワセリンは石油に含まれる混合物から精製します。

もちろん、ガソリンや灯油などとは、まったく異なるもので、天然ミネラルの物質ということになり、通常の化学製品とは異なります。

一般的に、ワセリンは白色のワセリンを表すことが多いですが、白色ワセリン以外にも様々な種類のワセリンがあります。

ワセリンは、肌に塗ることで、皮膚を守り、保湿する効果があります。

体中といってもいいほど、いろいろな場所に対して、スキンケアができるもので、ある意味、スキンケアの万能選手といえると思います。

ワセリンの効果・効能

保湿効果

保湿イメージ

ワセリンは、肌の様々なところに使用でき、カサカサになったり、荒れたり、乾燥した肌を守ってくれます。

ワセリンの効果はなんといっても、保湿効果ということになります。

ワセリンを塗ると、皮膚の表面に薄い膜ができるのですが、この膜が外部からの刺激をガードするとともに、皮膚の内側から水分が蒸発してしまうのを防ぐのです。

ワセリンは皮膚の表面にとどまって、外部と内部をきっちりと区別します。

したがって、皮膚の角質の中へと入り込むようなことはなく、もともと、体内にある水分を保存してくれるのです。

普通の乳液などの場合は、皮膚の奥へ浸透することによって、その効果を発揮しますが、ワセリンの場合は、人間の肌が本来持っている力でスキンケアをするということになります。

また、人間本来の力を保存するという意味で、皮膚本来のバリア機能などの回復にも役立ちます。季節によって、肌の調子が良くなったり、悪くなったりする人は多いと思いますが、ワセリンを使用することによって、そういったことがなく、安定した肌の調子を守れるようになってきます。

リップクリームとして(唇の口角が切れたときなどに)

ワセリンは、もともとリップクリームなどの原料としても使用されていますので、そのままリップクリームとして使用することもできます。

また、唇の口角が切れると、食べ物を食べたときにしみたり、口を開けるときにパックリと切れたりして、かなりツライ思いをします。

そんな時にもワセリンが効果を発揮します。寝る前に付けておくと、翌朝にはかなり良くなっているなんていうこともあります。

やけど(日焼け)にも効果

やけどや日焼けにもワセリンが効果を発揮します。

やけどは当然冷やすことが大切で、そちらが先ですが、その後に、ワセリンを塗り、プラスモイストで覆うことで、皮膚本来の自然治癒力を高めて、キレイに治してくれます。

日焼けについては、やけどのようなひどい場合はあまりないと思いますが、日焼けした肌には化粧水などもツライ状態があるのだと思います。

そんな時にはワセリンをぬっておくことが効果的です。

ただし、やけどや日焼けがひどい場合は、病院で医師の診察を受けてください。

いずれにしても、ワセリンは皮膚に浸透せず、皮膚の内側と外側をしっかりと遮断してくれるというところに、その役割があるのです。

目尻のシワにもワセリンが効果!

保湿イメージ

ワセリンは、保湿、そして肌本来の力を取り戻すところに大きな役割があります。シワについても、同様に保湿、外部から肌をガードすることにより、シワ取りに効果があるというのです。

使い方には、いろいろあるようですが、例えば、お風呂に入って、十分に保湿されている状態でワセリンを塗ることや、寝る前にワセリンを塗るのです。

そうすることによって、肌が本来の力を取り戻し、肌が若返り、シワ取りにとても効果が出てくるのです。

ワセリンは顔に使うことに抵抗がある人もいると思いますが、昔のワセリンは油焼けなどがあったようですが、現在では問題ないようです。

アトピー性皮膚炎の保湿にも

お風呂上がりに保湿するという話をしましたが、アトピー性皮膚炎の人の保湿にもいいようです。

お風呂上がりの状態で肌が乾く前にワセリンをぬることで、乾燥によるかゆみなどを防いでくれます。

なお、理化学研究所の研究によって、ワセリンがアトピー性皮膚炎の発症を予防する可能性があることが分かってきました。

マウスを使った実験において、原因となる遺伝子の変異があるマウスにワセリンを塗ったところ、発症の遅延や予防ができたとのことです。今後の治療、予防に期待が持てそうですね。

ワセリンを塗るというのは、乾燥肌や敏感肌の人にもお勧めの方法です。

ヘアワックスとして

ワセリンはヘアワックスとしても、使用できます。通常のヘアワックスと違って、スタイリングを保持するための成分などが含まれていないため、頭皮や髪にはやさしいのです。

使い方としては、ほんの少し手のひらにとって、伸ばし、それを髪へ付けます。ただし、セット力のようなものはないので、ガチガチに固めたりすることはできません。

薬剤としてのワセリン(サリチル酸ワセリン)

サリチル酸ワセリンは、皮膚の病気に対して処方される塗り薬です。

成分は多くが白色ワセリンです。足のかかとのひび割れ、手の湿疹やあかぎれなどに処方される薬です。

ピアスの潤滑油として

ピアスが入りにくい人や、しばらくピアスをつけていなかった時など、ワセリンをピアスに少し付けると、すんなりとピアスを装着することができます。

革製品のお手入れ

革製品の臨時的なお手入れにワセリンを使うことができます。

テッシュなどにつけて、さっとなじませてください。

革靴なんかも、ちゃんと磨いた雰囲気になりますよ。

ただし、あくまで臨時的な用途です。


スポンサードリンク


ワセリンの種類

ワセリンには大きく分けて4種類のものがあります。その違いは大まかに「純度」にあります。

ヴァセリン

こちらは薬局などで最も目にするタイプではないでしょうか。微量の不純物が含まれています。また、酸化防止剤も含まれているので、保存には適しています。敏感肌の人などは、純度の高いものを使用した方がいいかもしれません。

白色ワセリン

病院などでも、処方されたりするもので、日本では一般的です。純度も高く、使用する上では、通常、問題になるようなことはありません。

プロペト

プロペトは白色ワセリンよりも、純度が高いものです。白色ワセリンでも純度は十分に高いのですが、こちらは、目の周りなど、敏感な場所やデリケートな箇所に使用します。

サンホワイト

サンホワイトはプロペトよりも、更に純度が高くなります。もともと肌が弱い人や、敏感肌の人、赤ちゃんなどに使われることが多くなります。

ワセリンの使い方

保湿イメージ

ワセリンは、少ない量で薄く塗ることが大切です。

多い量をつけてしまうと、角質層に影響を与えてしまい、肌本来の働きがうまくできなくなってしまい、乾燥肌の原因になることがあります。

使い方

  • 顔や手などに使用する場合は、小豆粒一つ分程度で十分です。
  • 手のひらで十分に伸ばします。
  • 手をこすって伸ばす同時に、温めます。
  • その手で、乾燥している箇所や、シワなどの部分に塗ります。
  • 皮膚にはすりつけすぎず、まだ足りないかなと思う程度で終わりにします。

顔に塗るときには…

  • 手に伸ばしたワセリンを、
  • 顔の中から外へ向かって、
  • 鼻などの中心部からアゴ、こめかみ、額などへと薄くぬっていきます。
  • マッサージするように広げながら、リフトアップしていきます。

ワセリンの副作用・デメリットについて

ワセリンは、これまで記載してきた通り、様々な場所に使用できるため、とても重宝するのですが、ベタツキがありますので、気分よく使用できないと感じる人もいると思います。

したがって、使用する場所、使用する時間などを考慮した方がいいでしょう。

また、ニキビに対しては、炎症を起こしているとニキビ内部の菌を外に出せなくなり、悪化することもあります。

肌の炎症がある場合は、医師へ相談することをお勧めします。

副作用について

現在のワセリンには不純物がほとんど入っていませんので、紫外線によるシミや黒ずみなどの心配はあまりないのですが、長時間、紫外線を浴びることなどは避けた方がいでしょう。

また、肌にあわずに、赤くなったり、かゆくなったりする人もいるようです。

副作用のような症状が出た場合には、病院で相談するようにしてください。

ワセリンを使っている人の口コミ

寝る前に使用している人、リップクリームとして使用している人が多いようです。

  • 乾燥肌に効果のあるワセリンは必需品。手にも顔にも使えるので、寝る前に使っています。
  • 寝る前に顔にぬってパックのように使っています。翌朝の肌が調子いい。
  • 体のどこに使ってもいい。リップクリームのように使っています。
  • 必ず家に用意しています。ハンドクリーム、リップクリームに使っています。
  • 潤いが長続きする。
  • 乾燥肌に最適です。かさかさしていた肌がすぐに治りました。
  • 昼には使いづらいけど、寝る前に使います。唇がパックリ切れていたいのが、翌朝にすっかり良くなった。
  • ワセリンは万能薬です。もう何回も使っています。なくてはならない存在。

まとめ

ワセリンは肌が弱い人にはとても良いものだと思います。

私自身、肌が弱く、皮膚科には頻繁に行くのですが、ワセリンを処方されることが多いです。

薬を使いながら、ハンドクリームやリップクリームがわりにワセリンを使うという感じです。

ワセリンには余計なものが入っていませんので、肌が弱い人にはおすすめです。(ただし、医師と相談してからの使用が良いです)


スポンサードリンク