小顔になるマッサージやトレーニング!小顔になる7つの方法を集めました。

マッサージやトレーニングで小顔になれるの?むくみや表情筋を鍛えるだけでも顔は引き締まってきます。自分の顔が大きく見えてしまう原因を把握して、小顔を実現しましょう!小顔になるマッサージやトレーニング法などをご紹介します。

なかなか痩せない顔を小さくする7つの方法

ダイエットをしてもなかなか顔は痩せない!

そんな悩みを持っている人ってすごく多いんです。ダイエットして身体は痩せたのに、顔が大きく見えてしまうため、大柄な印象や太った印象を与えてしまいます。

顔を大きく見せる原因はいくつかありますが、脂肪が付いている場合もあれば、骨格が原因という場合もあります。

また、むくみやたるみが原因で顔が大きく見えてしまうこともあります。一つ一つの原因に対する対処法をご紹介します。

1 むくみ・たるみを解消するにはマッサージ

朝起きると顔がパンパンに腫れてる!

誰もが経験のあることだと思います。一時的なむくみであれば、前日のアルコールや塩分、糖分の取りすぎが原因になってきます。

アルコールや塩分、糖分は身体に水分を溜め込む作用があります。身体に溜め込まれた水分は、リンパ節の中で排出されなかった老廃物とともに、むくみの原因となります。

また、これらの一時的なむくみとは別に内蔵機能の低下による慢性的なむくみで悩んでいる人もいるでしょう。

リンパ節に溜まった水分や老廃物はリンパマッサージで軽減されることがあります。自宅でできるマッサージを集めてみましたので、試してみてください。

耳下腺、顎下、鎖骨のリンパ節をマッサージ

顔のむくみは、耳下腺、顎下、鎖骨の周辺にあるリンパ節をマッサージするのが効果的です。

  1. 顎下から耳下腺リンパ節へ、下から上へと流していきます。
  2. 口のわき、口角の近くから、こめかみの方へ指で押すようにマッサージしていきます。
  3. 鼻の横のあたりからも、同じようにこめかみの方へマッサージしていきます。
  4. おでこの真ん中・まゆの下あたりから、こめかみへ向けてマッサージしていきます。
  5. 最後に、こめかみから耳下腺、首、鎖骨へとリンパ節を通して老廃物を出していきます。

以下が動画になりますので、優しくマッサージしてみてください。

間々田佳子さんの顔ヨガ

リンパマサージの他にもむくみが解消できる方法があります。中でも、雑誌やテレビなどでも評判の間々田佳子さんの顔ヨガがオススメです。

公開されている動画も多くありますので、いろいろと見てみるといいでしょう。たくさんのポーズをやるのは大変かもしれませんが、自分の気になるところが解消されるポーズだけでも、実践することをオススメします。

舌をぐるぐると回してむくみを解消!

口の中で舌を回して大きく動かすトレーニングです。

口の中の筋力が低下することなどで、口の中の動きが止まってしまい、むくんでしまうことがあります。

顔表面のむくみと同様に、顔が大きく見える原因にもなりますので、定期的に運動させることで、デトックスできて、むくみが解消されていきます。

「かっさ」を使ったマッサージ

ご存知の人も多いと思いますが、「かっさ」とは中国で古くから治療に用いられていたもので、手のひらほどの大きさの板のようなものです。

かっさ

かっさ

これを使って皮膚に圧力を加えたりすることで、体内の老廃物を排出したり、流れをよくしたりするというもので、デトックスのような効果をもたらします。

これを使ったマッサージがあります。

頭皮のマッサージ、首のリンパ、目の下、まゆの周辺、こめかみ、フェイスラインなどをマッサージしていきます。

二重あごを解消するマッサージ

リンパは骨の下や筋肉に沿っています。顎の骨に沿って老廃物を出していくようにマッサージをしていきます。

こちらも、耳下腺、顎下、鎖骨の周辺を意識して行います。

  1. 親指を顎下につけて、顎の骨に沿って耳の下へ持ち上げていく。
  2. 耳の下から首へ流していく。
  3. 鎖骨の下へ流していく。

というのが基本的な動作になります。具体的には以下の動画をご覧ください。

お風呂や食事を気にすることでもむくみがとれて、小顔には効果がある

湯船にゆっくり浸かることもむくみ解消には効果があります。

そもそものむくみの原因となるアルコールを飲みすぎないこと、塩分や糖分の多い食事を控えることも大切です。

ただし、むくみを恐れて水分の摂取を控えると、反対に身体は水分を溜め込もうとしてしまいます。冷たい飲み物は避けて、常温か温かい飲み物を十分の取るようにしましょう。


スポンサードリンク


2 小顔体操・表情筋のトレーニングでたるみも解消

たるみの原因の一つに皮膚の下にある表情筋の衰えがあります。

日常生活では表情筋の7~8割が使われていません。使われない表情筋は年齢に関わらず顔のたるみを引き起こし、ほうれい線や二重あごの原因ともなり、顔を大きく見せてしまいます。

表情筋のエクササイズを意識的に行うことで、小顔効果が発揮されます。

お風呂でカンタンにできる小顔体操

小顔体操は毎日続けることが効果的です。入浴中やテレビを見ているときなど、生活の中で毎日続けやすいスキマ時間を見つけるようにしましょう。

人によっては、数週間で顔が細くなり、印象が変わったと驚く人もいます。動画を参照しながらやってみてください。

  1. あいうえおの発音の運動
  2. 顔をしわくちゃにして、伸ばす体操
  3. 口をひょっとこのように左右に動かす体操
  4. 口をすぼめてから、チューの形にする運動
  5. 目をつぶり、ぱっちりと開くを繰り返す運動など

表情筋のトレーニング

フェイスライン、口元、目元にある表情筋をトレーニングしていきます。すごく簡単な方法ですので、ぜひ継続してみてください。

  • フェイスライン・・・両腕をクロスするように左手を右肩、右手を左肩におき、顔は上を見上げて舌を出して10秒キープする。
  • 口元・・・上下の唇を内側に巻き込んで10秒キープする。または割り箸を口にくわえて、そのままキープする。
  • 目元・・・指をまゆの少し上(おでこの方)において、眉毛をあげる。そのまま10秒キープする。

普段の生活でも表情筋を鍛えられる!

リンパマッサージは、たるみにも効果がありますので、小顔体操やトレーニングと一緒に行うと相乗効果が期待できます。

また、普段の生活でも意識して口を大きく開けて滑舌よく話すことや、表情を豊かにすることにより表情筋のエクササイズをすることができます。

ほかにも、食事の際によく噛むことや堅いものを食べることで、表情筋に刺激を与えることができますので、小顔効果が期待できます。

3 すぐに効果を出したい人はBNLS注射がオススメ!

上記のマッサージや体操を続けることで、むくみやたるみが解消して小顔に近づいていくことができます。ただし、ぷっくりとついた脂肪がしっかりと落ちるかというと、難しいかもしれません。

「子どもの頃から顔にやたらと脂肪が付きやすい」

「ダイエットしてもどうしても顔だけは痩せない」

このような悩みを即座に解決してくれるものがあります。それが、少し前から注目されている「BNLS注射」です。

これは脂肪を分解する注射で、早い人だと3日程度で効果を実感する人もいるのです。

しかも、植物から抽出された成分が主要分のため、安心して受けることができます。

ダウンタイムやリバウンドがない魔法のような「BNLS注射」

従来から脂肪を分解する注射はあったのですが、薬剤反応による腫れや赤みといったダウンタイムが1か月ほどあり、効果を実感するまでにも時間がかかっていました。

しかし、BNLS注射は腫れや赤みなどのダウンタイムもほとんどなく、施術時の痛みや内出血もほとんどありません。しかも、基本的にリバウンドもないのです。

痛みやダウンタイムがなく、リバウンドもないなんて嘘のようですが、すでに国内でも数万件以上の症例があります。

施術は美容クリニックで行うことになりますが、料金も安く、最近では多くの若い女性が施術を受けています。気になる人はぜひ以下の記事を参考にしてみてください。


スポンサードリンク

4 骨格が原因の顔太りには小顔コルセット

丸顔の人やあごが長い面長の顔の人に対しては、小顔コルセットが効果的だと人気があります。

フェイスライン用と額用の2種類がセットになっていて、3分で小顔になれるコルセットです。

顔だけでなく、頭蓋骨の矯正にもなるので頭蓋骨が広がって余分な脂肪が付いてしまうのを防ぐこともできます。

3分で小顔になれる分、数時間で元に戻りますが、毎日続けていくことで徐々に定着するといいます。

小顔コルセットを使った人の感想

  • あごの骨が長いことがコンプレックスでしたが、このコルセットを使っていくうちに、顔がキュッと引き締まりました。
  • 顔が大きいのが悩みでしたが、たった3分で二重あごもスッキリし、顔が引き締まりました。3分後にコルセットを取ると血液がサーッと流れていくので、顔のむくみもスッキリします。
  • 朝の洗顔後と夜のお風呂上りに使っています。慣れるまではあごの辺りが痛かったですが、徐々に気持ちよくなりました。顔が本当に小さくなって驚きです。

3分以上巻くと気持ち悪くなることもありますし、長時間巻いても効果は変わらないので3分経ったら外すようにしましょう。

5 むくみもたるみもスッキリの美顔器

リンパマッサージも小顔体操も面倒でなかなか続けられないという人には、お手軽にむくみやたるみを解消して小顔にしてくれる美顔器を使う方法があります。

リンパの流れを良くし表情筋を刺激することで、リンパマッサージや小顔体操のような効果が期待できます。

美顔器の種類

先端にゲルマニウムやプラチナのローラーが付いた美顔ローラーやレーザータイプのものがあります。目的に合わせた形状のものを選ぶようにしましょう。

小顔効果を目的とする場合はY型のボールローラーが効果的です。入浴時に使いたい場合は耐水性のある商品を選ぶようにしましょう。

超音波で肌を振動させて肌の深部から血流を活発にして、新陳代謝を活発化してくれる超音波美顔器もあります。新陳代謝を活発にすることでたるみを解消し、潤いやハリのある小顔を実現します。

こちらはReFa(MTG)の公式動画です。

他にもエステサロンでよく使われているイオン導入美顔器については、自宅で手軽にホームエステができると人気がありますし、蒸しタオルをあてているような乾燥が気になる人にオススメのスチーム美顔器などもあります。

ご自分の肌に合った、続けやすい美顔器を選ぶことが小顔実現への大切なポイントです。

6 スムージーダイエットは小顔効果も期待できる!

リバウンドしないダイエット法として注目を集めているのが「スムージー」です。

青葉の野菜と好きな果物をざくざくと皮ごと刻んで、低速のミキサーに入れるだけのとっても簡単でヘルシーなドリンクです。

これを一日一食どこかで「置換えダイエット」をすることで身体を内側からデトックスし、むくみを改善してくれます。

『グリーンスムージーをはじめよう』 講座&試飲会

他の置換えダイエットとの違いは?

他の置換えダイエットでは普通の食事に戻った途端にリバウンドしてしまうとことがよくあります。それは置換えダイエットの間に栄養のバランスが偏ってしまっていることが原因となります。

スムージーには、たんぱく質のもととなるアミノ酸も多く含まれていますし、酵素、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれているので、リバウンドしにくいと言われています。

ダイエット効果だけでなく、むくみがとれることによりスッキリとしたフェイスラインになり小顔効果もあります。

また、美肌効果や便秘解消、免疫力向上と美容面、健康面ともに数多くの効果を期待することができます。

7 ヘアスタイルで小顔になる!

憧れの小顔を手に入れるには日々の努力も大切ですが、それと同時にヘアスタイルに気をつけることで、あっという間に小顔な印象を手に入れることができます。

丸顔の人にオススメのヘアスタイル

あごのラインが丸い丸顔の人は幼い印象をあたえてしまいます。

前髪を斜めに流すことでシャープな印象になります。また、おでこを出したポンパドールや前髪を深めに取るヘアスタイルもオススメです。

四角い顔・エラが張っている人にオススメのヘアスタイル

ベース型ともいわれるこのタイプの顔の人はたくましい、男性っぽい印象をあたえてしまいます。

前髪の幅を狭くしてベース型が目立たないようにします。また、ふんわりとしたパーマをかけることで女性らしいやわらかい印象になります。

面長の人にオススメのヘアスタイル

面長の人は控えめな大人しい印象をあたえてしまいます。

トップにボリュームが出るようなヘアスタイルは避け、サイドにボリュームが出るようなヘアスタイルにしましょう。

前髪をセンターに分けると顔の長さが強調されてしまうので、前髪はぱっつんにするか、斜めに流すスタイルがオススメです。

小顔になる方法を幾つか取り上げましたが大切なのは続けることですので、自分にとって続け易い小顔になる方法を見つけて、憧れの小顔を手に入れましょう。

顔が大きく見える原因とは?

最後に顔が大きく見える原因について、まとめておきます。

飲酒、塩分、糖分のとりすぎによる「むくみ」

むくみは不規則な生活などが原因となります。

  • 飲酒
  • 塩分の摂取量が多い
  • 糖分のとりすぎ
  • 睡眠不足
  • 疲労など

こうしたことによって、不用物がリンパ節から排泄されず溜まってしまっている可能性があります。

まずは、普段の生活を見直すこと、そして、マッサージなどによってリンパ節を刺激してあげることが大切です。

表情を動かさないことによる表情筋の衰え

表情筋は顔の皮膚をリフトアップさせるために欠かせない筋肉です。

加齢によっても衰えてきますが、年齢に関係なく衰えている人が多くいます。

毎日、デスクワークをしている人は、仕事中は基本的に表情はあまり動かさないと思います。つまり、顔があまり動きませんので、筋肉を使わない時間が多いのです。

表情筋を保つためには、意識して顔のトレーニングを行う必要があるのです。

姿勢や噛み合わせに問題がある

噛み合わせや姿勢の悪さは、体の中の様々な場所に異変が起きてきます。

片側だけでものを食べていたりすると、左右のゆがみが出てしまい、顔の骨格のゆがみから顔自体が大きく見えることがあります。

虫歯などによって変な噛み癖がついている人は、すぐに治すことが大切です。

顔の脂肪が多い

体も太っている場合は、まずはダイエットをすることが大切です。

しかし、痩せているのに顔だけは脂肪がついているという人の場合は、顔だけやせるというのはとても難しいことです。

小さい頃から顔だけやせないような場合は、美顔器やBNLS注射で解消すると早いでしょう。

まとめ

小顔になる方法について、説明してきました。

顔の骨が大きい場合は小顔になれないのでは、と思う人もいると思いますが、誰しも顔の表面に不要なものが付いていると思います。

まずは、できる限りの対策をしてみることが大切!

少しの変化で、見違えるようになる人もいるのです。いろいろと自分にあった方法を試してみてください。


スポンサードリンク