「感染症」の記事一覧

夏風邪の発熱や喉の痛み、お腹の症状。親御さんが注意すべき点とは?

保育園や幼稚園に通う小さなお子さんを抱える親御さんの中には、「ヘルパンギーナ」や「手足口病」などの言葉を耳にしたことがある方も多いかと思います。小児科にかかると「夏風邪の一種ですね」と診断されることもあります。集団生活を始めたばかりのお子さんを中心に毎年のように流行する「夏風邪」ですが、いったいどういったことに注意すればいいのでしょうか?

意外と多い!子どもの目の病気 その症状や原因、治療法をまとめました。

風邪や腹痛などは子どもによくみられる症状ですが、「目」の病気も意外と子どもには多くみられます。子どもの場合、目に症状があってもその原因がウイルス感染などであり全身症状も伴うことも少なくありません。代表的な目の病気を取り上げました。

子どもの「腹痛」の原因は?よくある腹痛についてまとめました。

子どもは大人と比べて免疫力が低いので体調を崩しやすいです。その中でも「腹痛」はよくみられる症状の1つです。腹痛を症状とする病気はたくさんあるため、すぐに特定するのは困難です。ここでは比較的多くある病気を説明します。

単純ヘルペス感染症の原因や治療法、妊婦さんの留意事項などを解説。

ヘルペスは多くの人が感染する病気です。気づかずにウイルスを保持して、小さなお子さんに移してしまうこともあります。小さなお子さんは重症化することがありますので、注意が必要です。単純ヘルペス感染症の原因や症状などをまとめました。

インフルエンザでいつまで休む?出席停止期間や感染経路、予防接種などについて

女の子

インフルエンザは毎年冬頃、特に12月~3月頃に大流行しています。喉や気管などから感染を起こし発症しますが、年ごとに流行するインフルエンザは毎年少しずつ「型」が変わります。この「型」にはA型、B型、C型と種類がありますが、流行するのは通常はA型です。ここでは、インフルエンザの原因や症状、予防法などについて詳しく説明していきます。

子どもの胃腸炎(機能性胃腸症・ストレス性胃腸炎)の原因や治療法など

学校イメージ

子どもが胃腸炎になる場合、感染性のものが多くなりますが、ストレスを原因とする機能性の胃腸症になることもあります。機能性の胃腸症は感染性胃腸炎と違い、はっきりとした症状が出ないことがあり、うまく症状が伝えられず、悪化することもあります。ここでは、機能性胃腸症・ストレス性胃腸炎などを中心に分かりやすく説明しています。

子どもの胃腸炎 感染性(ウイルス・細菌など)胃腸炎の症状、原因、予防法

女子のイメージ

子どもは突発的に体調を崩すことが多いものですが、その代表的なものが胃腸炎です。
胃腸のトラブルは、ウイルスや細菌などを原因とする感染性の胃腸炎と、ストレス性を原因とする機能性胃腸炎(胃腸症)の2つに大きく分けられます。子供がかかりやすい胃腸炎を中心に分かりやすくまとめました。

デング熱は蚊から感染!症状や感染経路、治療法などを説明します。

デング熱は日本国内ではまれな病気ですが、海外で感染して帰国した人から蚊を媒介して感染が広がることがあります。発症しても通常は1週間程度で回復しますが、重症化することもあり、適切な治療が必要になります。デング熱の原因、症状、治療法など、重要な事項をまとめましたので参考にしてください。

蕁麻疹(じんましん)の原因、薬や治療法、症状、予防法などについて

蕁麻疹(じんましん)は、皮膚の一部が急に赤くなったり、ふくれあがったりする病気です。軽い症状で治まることもある反面、重症化することもありますので注意が必要です。蕁麻疹(じんましん)について、症状、原因、予防法などをまとめましたので、参考にしてください。

ポリオ(急性灰白髄炎)の症状、感染状況、ワクチンの接種など

ポリオ(急性灰白髄炎)は、日本に感染者はいなくなりましたが、以前は流行した時期もあり、重い麻痺を残す可能性があることから、感染症の中でも重要なものとして位置づけられています。ワクチンについては、現在では不活化ワクチンが定期予防接種とされています。ポリオ(急性灰白髄炎)について、その現状、症状、ワクチンの接種などをまとめましたので、参考にしてください。

サブコンテンツ

 

 

このページの先頭へ