「手・足」の記事一覧

掌蹠膿疱症には長期的な治療が必要 症状や原因、治療法などを解説します。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)とは、手のひら(手掌)、足のうら(足蹠)に、膿疱と呼ばれる膿がたまった小さな水疱が多く発生する、慢性の皮膚疾患です。10代から60代まで幅広く発症しうる疾患ですが、特に30歳から50歳に発症しやすいことが知られています。また、皮膚疾患だけでなく、関節炎を併発することがあります。

あかぎれの自宅でできる対策や治し方、市販薬や病院の処方薬、原因など

あかぎれの予防や対策には自宅ケアがとても大切です。また、軽いうちは市販薬を塗ることや、自宅での保護対策で改善が見込めますが、ひどくなったら病院での治療が必要です。ここでは自宅ケアの方法、市販薬、病院でもらう薬、あかぎれの原因などについて説明します。

サルコペニアとは?診断基準や原因、治療法や予防法、フレイルについて

加齢により筋肉が減少して手の力や歩行に影響が出てきたらサルコペニアかもしれません。またメタボでありながら筋肉が少ない人も要注意です。サルコペニアの予防には食事とともに、適切な運動をしないといけません。サルコペニアの診断基準や原因、予防法やフレイルについて説明します。

手根管症候群の治療法やリハビリとは?症状や原因と合わせて説明します。

手根管症候群は女性に多い疾患です。手の神経に物理的な圧力が加わることだけでなく、甲状腺疾患、妊娠、アミロイドーシス、膠原病などさまざまな病気がきっかけで発症します。また、症状が軽くなっても病院での治療やリハビリが大切です。手根管症候群が起こるメカニズムや治療法、リハビリ、薬などについてポイントを解説します。

モートン病とは?原因はその靴かも!症状や治療法、簡単なリハビリをご紹介します。

足の裏、足の指の付け根が痛い人。それはモートン病かもしれません。ハイヒールも原因となるため女性に多く、外反母趾、扁平足なども理由となり、靴選びやインソールが重要です。モートン病になってしまった場合はリハビリも重要になります。モートン病の原因や治療法、リハビリの方法を説明しますので、しっかりと治してしまいましょう。

足裏のまめ・たこ・魚の目とは?原因や治療法をご紹介します。

足の裏に「まめ」や「たこ」、「魚の目」ができてしまうとツライ痛みが出てしまいます。できるだけ早く治したいところですが、自己判断で誤った処置をするとかえってひどくなることがあります。この3つを区別する方法や原因、家でも治せる方法、予防法をご紹介します。

手や足のしもやけの原因とは?症状や治療法、予防法などをご紹介します。

女性

冬になると、手や足にできる「しもやけ」に悩む人は多いのではないでしょうか。しもやけは血液循環が悪くなることに原因があります。血液の循環を良くして代謝をあげることが予防になります。また、比較的簡単にできる対処法などもあります。ここでは、しもやけの原因や症状、予防法などについて説明していきます。

腱鞘炎の治療は手首のテーピングで安静に!治療法や原因、対策について

パソコン・マウス

腱鞘炎は一度なると慢性化しやすく、再発もしやすいため予防が大切です。症状が出た時には整形外科の医師に従いテーピングにより安静にすることや、薬物による治療を行っていきます。また、出産前後や更年期などホルモンバランスの乱れによっても腱鞘炎になることもあります。原因を知ってしっかりと対策をしましょう。

水虫は治る!正しい治し方と確実な予防法を説明します。

水虫

水虫は白癬菌というカビによる感染症です。女性や子どもの水虫も増えていて、日本人の4人〜5人に1人が感染していると言われています。水虫は自然治癒しませんので、基本的には医師の治療を受ける必要があります。水虫を完治させる方法や予防法、再発させない方法などをまとめました。

蜂窩織炎は放置すると重症に!原因や治療法、画像などをご紹介します。

蜂窩織炎(ほうかしきえん)は毛穴や傷口から黄色ブドウ球菌などの細菌が入り込んで皮膚の深いところから化膿してしまう感染症です。人にうつることはありませんが、水虫の傷が細菌の入り口になることがあり注意が必要です。蜂窩織炎の症状(画像)や治療法、原因、予防法などについてまとめました。

このページの先頭へ