肺炎といえば、一般的には細菌感染などによるものですが、間質性肺炎は石綿やカビ、喫煙やサプリメントの過剰摂取など様々な要因で起こります。また、気管支などの炎症を起こす一般的な肺炎とは異なり、間質性肺炎は肺自体が硬くなって呼吸困難を引き起こすことがあり、治療も困難と言われています。間質性肺炎の原因、症状、予防法などをまとめました。

間質性肺炎とは?

間質性肺炎とは

肺は、1つ1つが直径0.1mmから0.2mm程度のぶどうの房のような袋状の肺胞が集まってできています。

気道を通ってきた酸素は肺胞の内側に入り、肺胞の外側(肺間質)の中を流れる毛細血管に中の血液に供給されるとともに、体の各所で不要となった二酸化炭素は血液によって運ばれて肺胞内に放出され、気道を通って体外に排出されます。

細菌感染などによって肺胞の中の空間(肺実質)に炎症を起こすものは、「肺炎」と呼ばれますが、肺胞の外側(肺間質)に炎症を起こすものは「間質性肺炎」と呼ばれます。

また、間質性肺炎が進行して炎症を起こした細胞が線維化し、肺胞の外側が厚く硬くなって呼吸が困難になった状態は肺線維症と呼ばれます。

間質性肺炎には、肺線維症を含めて様々な病型がありますが、間質性肺炎の多くは原因が不明であり、一般的な肺炎と比べて治療が困難だと言われています。


 スポンサードリンク

間質性肺炎の原因

間質性肺炎の原因

一般的に、肺炎といえば肺胞か気管支の炎症をさします。肺炎の原因は、ほとんどが細菌やウイルスといった病原微生物の感染によるものです。

一方、間質性肺炎の原因は日常的に受ける刺激によるものが多く、金属粉や石綿などの粉じんやカビ・ペットの毛等を慢性的に吸入することのほか、インフルエンザなどのウイルス、関節リウマチや皮膚筋炎などの膠原病、放射線、市販の風邪薬やサプリメント(漢方薬の小柴胡湯)などの飲みすぎなどがあります。

また、原因が特定できない間質性肺炎を「特発性間質性肺炎」といいます。特発性間質性肺炎には、「特発性肺線維症」、「器質化肺炎」、「非特異性間質性肺炎」などがありますが、公費負担対象の難病に指定されています。

放射線について

CT検査やX線検査などの一般的な画像診断程度では間質性肺炎は発症しません。がん治療のための放射線療法などの強い被曝によって発症する可能性があります。

風邪薬について

平成15年に厚生労働省が製薬会社に対し、風邪薬に関節性肺炎の副作用があることを明記するように徹底させました。

風邪薬の説明書には「たんを伴わない空せき、発熱等の症状が悪化した場合、服用を中止するとともに、医師の診療を受けること」と記載されています。説明書には「○回服用しても症状が回復しない場合には、医師の診療を受ける」という旨の記載がされていますので、必ず使用回数や容量の制限を守って服用しましょう。

間質性肺炎の症状

間質性肺炎の代表的な症状は呼吸困難と空せき(たんのでない乾いた咳)です。

呼吸困難

間質性肺炎に伴う呼吸困難は、安静時には感じません。いくら息を吸っても、酸素が入ってきているように感じない息苦しさがあります。

最初は階段や坂道をのぼるときに感じる程度ですが、症状がすすむと歩行中や入浴中、排便中といった日常生活の中でも感じるようになってきます。

さらに症状が進行すると、着替えなどの動作でも息切れがおこり、日常生活に支障をきたすようになります(労作呼吸困難)。

空せき

空せき

肺が持続的に刺激され続けることにより、季節に関係なくせきをするようになります。痰は気管支や肺胞の炎症によってつくられるため、通常の肺炎では痰を伴う湿ったせきがでますが、間質が硬くなる間質性肺炎では、痰を伴わない乾いた咳がでます。

間質性肺炎が進行して肺線維症になると、持続する咳によって肺が破れて呼吸困難などに陥り、心不全を起こすこともあります。

間質性肺炎の症状が進行するスピードは原因などによって異なりますが、長年にかけて少しずつ症状が進んで日常生活に支障をきたすまでに数年かかり、自覚症状が現れるころにはかなり病状が悪化していることが多いです。また、普通の風邪の症状の後で急激に呼吸困難となって病院に運ばれることもあります(急性憎悪)。

症状がさらに進んで肺が硬く縮むと蜂巣病変といわれる穴(嚢胞)ができ、肺としての機能が大幅に衰えます。


 スポンサードリンク

検査と診断

間質性肺炎では、胸部聴診において、マジックテープをはがすような「パチパチ」「バリバリ」という音(ベルクロ音・捻発音)が聞かれます。

また、間質性肺炎の呼吸器障害によって、手足の指の末端が太鼓のばちのように丸みを帯びるばち指が生じることがあります。

胸部画像検査

X線やCTなどで肺の病変位置や肺の縮み具合を検査します。間質性肺炎の初期では、X線検査において、肺が白っぽくぼやけて見える「すりガラス様陰影」が見られます。

間質性肺炎から線維化が進むと、嚢胞がハチの巣状に見える蜂巣肺が見られます。

呼吸機能検査

肺活量などを測定し、体格や年齢から求めた平均値と比較して間質性肺炎の重症度を検査します。

血液検査

血液検査によって、炎症の強さや肺組織の破壊の程度を検査します。

  • 炎症の強さ:LDH、血沈、CRPなど。(ただし、通常の風邪などでも上昇する。)
  • 肺組織の破壊の程度:SP-A、SP-D、KL-6など

これら以外にも、内視鏡を口から気管支の中まで入れて線維化の程度などを調べる気管支鏡検査などを実施することもあります。

間質性肺炎の治療

間質性肺炎の治療

間質性肺炎の治療法は、基本的には副腎皮質ステロイド剤や免疫抑制剤を用いた薬物療法です。

しかし、これらが効きやすい病型とそうでないものとがあり、いずれの薬剤も副作用が多いため、間質性肺炎の進行が緩やかな場合には、これらの薬剤を服用せずに、鎮咳剤などによる対症療法が行われることもあります。

また、血液中の酸素が不足して日常生活に支障がでる場合には、酸素濃縮器や液体酸素のタンクを設置して、鼻から酸素を吸入する酸素療法も行われます。

間質性肺炎の予防

間質性肺炎を予防するには、まずは危険因子である喫煙をやめることです。原因がわからない特発性間質性肺炎のうち剥離性間質性肺炎は、喫煙が関連していることが判明しています。禁煙はすぐにはじめるべきです。

また、うがいや手洗いを徹底し、適度な運動やストレス解消によって免疫力をつけ、インフルエンザや風邪をひかないように気を付けること、ペットの毛などを吸わないようにまめに掃除をすることなども予防につながります。

特発性間質性肺炎とは?

特発性間質性肺炎とは、間質性肺炎の中でも原因が特に判明していないもので、日本の特定疾患に指定されています。(認定されると医療費の助成が受けられます。

特発性間質性肺炎のQ&A

患者数は?

自覚症状によって病院にくる患者さんは10万人あたり10~20人ですが、自覚症状がでる前の早期病変の患者さんはその10倍以上はいると言われています。特定疾患の認定を満たした患者さんは、特発性肺線維症が80~90%、特発性非特異性間質性肺炎が5~10%、特発性器質化肺炎が1~2%ほどです。

間質性肺炎にかかりやすい人は?

もっとも治療が難しいとされている特発性肺線維症は、50才以上で自覚症状を感じることが多く、女性よりも男性の方がやや多いです。特発性肺線維症の患者さんのほとんどは喫煙者です。

間質性肺炎は遺伝するのですか?

家族性肺線維症は特発性間質性肺炎と症状がそっくりです。肺胞を拡げる作用がある遺伝子の異常により生じますが、発症年齢は小児から50歳以降まで程度に応じて様々です。家族に患者がいる場合、喫煙などの危険因子は絶対に避けるべきです。

間質性肺炎の動画

ばち指や肺がんなどについて説明した動画がありましたので紹介します。

間質性肺炎のまとめ

原因

カビ、粉、金属粉、石綿などを長期にわたって吸い込んだり、抗癌剤、抗生物質、不整脈の治療薬、漢方薬などの一部などがあり、肺胞の壁である間質に炎症を起こすものは「間質性肺炎」と呼ばれます。

また、間質性肺炎が進行して炎症を起こした細胞が線維化し、肺胞の外側が厚く硬くなって呼吸が困難になった状態は肺線維症と呼ばれます

予防

間質性肺炎の予防は第一に禁煙です。

また、ストレスをためずに免疫力を上げる、ペットを飼っている場合には毛を吸わないように毎日掃除するといったことも予防につながります。

[カテゴリ:上半身, 健康習慣, 気管・心臓・肺, 男性に多い]

 スポンサードリンク


このページの先頭へ