「糖尿病」の記事一覧

クレアチニンとは?腎臓病のサイン!その下げる方法や上げる方法を解説します。

ts_PHM06_0513

クレアチニンは値が高い腎臓の機能や糖尿病が心配になります。また低い場合は筋肉の異常などが考えられます。特に値が高い場合は自覚症状がなく病気が進行している可能性があります。クレアチニン検査やその基準値、そして下げる方法、上げる方法について解説します。

歯周病の原因、治療法、予防法、妊婦さんの注意点などを解説します。

JV120_72A

歯周病は進行すると歯だけでなく、脳梗塞や糖尿病に繋がる恐ろしい病気です。また、妊婦さんは歯周病になりやすいため、しっかりと歯のケアをすることが必要です。歯周病の原因、治し方、妊婦さんや子供さんの注意事項などについて、ポイントをまとめました。

ヘモグロビンが多い原因とヘモグロビンを減らす方法

GLH1165

ヘモグロビンは酸素や二酸化炭素を運ぶ役割があります。これはとても重要な役割で、ヘモグロビンが基準値でなければなりません。ヘモグロビンは多くても少なくても、病気になってしまいます。ここではヘモグロビンが多い原因とヘモグロビンを減らす方法を説明します。

若い年代も要注意!心筋梗塞の原因・症状や危険因子について

心筋梗塞とは

心筋梗塞は動脈硬化、狭心症などから引き起こされるもので、若くても突然発症する可能性があり死に至ることもあります。また前兆や予兆などもあると言われていますので、事前に気にかけておきたいところです。心筋梗塞の原因や症状、危険因子、前兆のチェック、合併症などについてまとめました。

低血糖 対応を誤ると重症になることも…

低血糖

 低血糖は、血糖値が70mg/dl未満になると起こると言われており、主に糖尿病治療中でインスリンの注射や、経口糖尿病治療薬を飲んでいる人に起こります。ちなみに、これは体重とは関係ありませんから、いくら低血糖を起こすといっても痩せないのです。また、低血糖は、対応を誤ると重大な後遺症や命に関わることがありますので、正しい知識と対応が必要です。それでは、低血糖について詳しく説明していきましょう。

このページの先頭へ