「胃腸」の記事一覧

胃下垂は治る?原因と治し方を詳しく解説します。

ikasui4

胃下垂は病気ではありませんが、症状が出たときには問題となります。症状が出るには原因がありますので、しっかりと認識しておく必要があります。胃下垂の原因、病院での治療、毎日の生活で気をつけることなどをまとめました。

胃下垂とは?自己チェックで胃下垂をきちんと理解しましょう。

ts_gf2160369313

胃下垂は病気なのでしょうか?太りにくいというけど本当なのでしょうか?胃下垂の症状や併発する病気、家で気を付けることなどを丁寧に解説します。また、自分で胃下垂のチェックを行えるようにしましたので、確認してみましょう。

食後に腸が動くのは病気?その原因と対処法を説明します。

ts_ts_JJ200_350A

食後に腸が動いたり、鳴ったりしませんか?腸は消化のために食後に活動が活発になります。正常な活動であれば問題ありませんが、下痢や軟便などが続いたりする場合には、病気が隠れているかもしれません。腸の働きや食後の腸の動きについて、ポイントをまとめました。

胃潰瘍は合併症が怖い!胃潰瘍の症状、予防法などを紹介します。

腹痛・胃潰瘍

胃潰瘍は、主にピロリ菌が原因となって起こる病気で、ストレスなどが加わることによって、悪化していきます。中年に多い病気ですが、近年では子どもにも見られるようになりました。禁煙や飲酒などが危険因子となるので、生活習慣の改善が大切です。胃潰瘍についてポイントをまとめました。

バリウム 飲み方のコツ・しっかり排便する方法・トイレで流す方法など

トイレ

胃のX線検査では必ずバリウムが使用されます。バリウムはおいしくないし、飲みにくいものです。飲んだ後に排泄されたかも気になります。そして、トイレで流れないなんてこともあります。バリウム検査が苦手な人、これから検査を受ける人に、飲み方のコツ、排出までの注意事項、トイレの上手な使い方などのポイントをアドバイスします。

憩室炎(大腸憩室炎)

腹痛

憩室炎は、大腸の壁が外に飛び出してできる「憩室」で細菌が繁殖して炎症を起こす病気です。憩室炎の人には便秘の人が多くいて、便秘を解消することが大切です。また、食生活なども影響してきます。憩室炎について、看護師が重要なことを説明しますので、参考にしてください。

逆流性食道炎 胃が痛い?胸やけ?

逆流性食道炎

逆流性食道炎は近年増加している病気です。様々な原因がありますが、肥満などメタボが原因となることもあり、食生活が重要になってきます。また、放置しておくと食道がんにも繋がるため、早期に改善してくことが大切です。逆流性食道炎について原因、予防法など重要なことをまとめました。

直腸脱 原因や治療法

134f2f4ce5fd35b426f00f0e7b00720c_s

直腸脱は、その文字通り直腸が肛門から飛び出してくる疾患です。自分で気づきやすいものですが、なかなか病院に行くのがためらわれる病気ですよね。一般的には高齢の女性がなりやすいと言われていて、人によって脱出する腸の長さや度合いも異なるので、「ちょっと下着が汚れやすい」程度に考えていた患者さんが実は直腸脱だったということもあります。直腸脱の原因や治療法などについてまとめました。

逆流性食道炎の原因となる食道裂孔ヘルニアとは

GW150_L

食道裂孔ヘルニアとは、横隔膜から胃の一部が通り抜けてしまう病気で、胃の機能の一部がうまく働かなくなってしまい、逆流性食道炎などを引き起こしてしまいます。肥満などが原因となることもあり、ひどい場合は、手術も必要となってきます。食道裂孔ヘルニアについて、逆流性食道炎に触れながらまとめましたので、参考にしてください。

ピロリ菌感染の原因や症状、除菌費用や方法などポイントを解説

GR016_L

ピロリ菌は胃に住み着く細菌で、一定年齢以上の人に多く見られるものです。胃がんや胃潰瘍、その他の病気の原因にもなるといわれていて、ピロリ菌がいると判明した場合、除菌することもできます。ピロリ菌や除菌のことについてまとめましたので、参考にしてください。

このページの先頭へ