わき毛やむだ毛をキレイに処理する方法、オススメの商品をご紹介!

わき毛やむだ毛を処理して、キレイな肌になりたいという悩みをお持ちの人は多いと思います。処理の方法はカミソリ、シェーバー、脱毛器など、いろいろな方法があります。それぞれのメリット、デメリットなどを分かりやすく紹介します。

むだ毛は常にケアするべき!

女性

あるアンケートによると、女性のむだ毛が気になる男性は7割に上ることがわかりました。

中でも、男性の意見で多かったのが、脇のむだ毛に関すること。

「わき毛は男性的なイメージが強いため、処理を怠っているのを見るとがっかりしてしまう」という男性は、女性が思っている以上に多いようです。

特に注意したいのが、肌の露出が増える夏ではなく、薄着から厚着に変わる季節です。

脇を見られることがないという安心感からか、ついわき毛の処理を怠ってしまう方も多いと思いますが、肌の露出は夏に限ったことではありません。

恋人や友人とジムや温泉に出掛けるのは季節を問わず行いますし、「今からプールに行かない?」と誘われた時、わき毛の処理をしていないからという理由で断るのはそれだけで恥ずかしいですよね。

そこで今回は、わき毛の処理の方法やおすすめの商品をご紹介したいと思います。

わき毛の処理の方法には、自宅でできるものと、エステティックサロンやクリニックに通うといった、2つの方法があります。


スポンサードリンク


自宅できるわき毛の処理方法

カミソリを使用する

わき毛の処理方法として、最もポピュラーなのがカミソリを使う方法です。誰でも一度は経験があるのではないでしょうか。

わき毛の処理の際に使用するカミソリは、T字カミソリが一般的となっています。刃が横向きになっていて皮膚の凹凸にも当てやすくなっていて、なおかつ刃が横滑りしにくいため安全に使えるのが特徴で、わき毛の生え始める小学校高学年から中学生くらいのお子さんでも簡単に使用することができます。

メリット

  • 100円ショップやコンビニなどで購入でき、コストがかからない。
  • お風呂に入った時に、ボディソープや石けんの泡を利用して処理をすることができる。
  • 時間がない時にも、すぐに処理をすることができる。

デメリット

  • 刃先が肌にあたるため、傷や色素沈着などのトラブルを起こしやすい。
  • 表面に見えている毛しか剃ることができないため、すぐに伸びてきてしまい処理の間隔が短くなってしまう。
  • 毛を斜めに切るため、剃った後が黒く目立ったり、伸びてきた時にチクチクすることがあり仕上がりが悪い。
  • カミソリの使用後は汚れを取り、乾燥させておくなどの手間がかかる。

口コミ

  • カミソリでわき毛を剃ると、剃った直後はよいのですが翌日にはもう毛が生えてきて、2日に1回は処理をしなければいけないのが難点です。
  • わき毛の処理をお風呂以外で行う時、面倒で何もつけずに行うことも多いのですが、そうすると皮膚が乾燥しているため剃りにくいだけではなく、ヒリヒリしたり傷がついたりのトラブルが多くなります。

カミソリでわき毛を処理する時のポイント

  1. 蒸しタオルで脇の下を温め、毛をやわらかくしておくと剃りやすくなります。
  2. お風呂に入る時はボディソープや石けんを脇に塗りますが、お風呂以外で剃る時はシェービングローションを塗って滑りをよくしましょう。
  3. カミソリを動かす方向を一定にすることで、肌への負担を減らします。
  4. 脇のくぼみの部分は下から上へ動かすようにし、その他は上から下へ動かすと綺麗に剃れます。
  5. 剃り終わったら、化粧水やクリームなどを塗って保湿をしましょう。

毛抜きを使用する

毛抜きは、ピンセットのような器具を用いて毛の1本1本を抜いていく方法です。カミソリと同様、コストが掛からないことからカミソリに次いでよく行われる方法です。

メリット

  • 毛抜きは、カミソリのように買い替える必要がなく、コストが最も低いわき毛の処理方法。
  • 毛を根元から抜くため、生えてくるまで時間を稼ぐことができる。

デメリット

  • 1本1本を抜くため、時間が掛かる。
  • 毛の流れを考えないと、抜く時に強い痛みを伴う。
  • 脇は皮膚がやわらかいため、無理に引っ張ると毛穴が開いてしまう。
  • 毛穴が開くと、次に生えてくる毛の上の皮膚が被るため埋没毛になりやすい。

口コミ

  • 毛抜きを使うと脇が綺麗になると言われて始めましたが、抜いた直後はよかったものの、日が経つにつれ、抜いた部分が鳥肌のようにブツブツになってしまいました。
  • 抜く時の痛みに耐えきれず断念しました。

スポンサードリンク

脱毛クリームを使用する

脱毛、と謳っていますが実際には「除毛」というのが正しいと言えます。

使い方は簡単で、クリームを除毛したい場所に塗ってしばらく放置すると、クリームに含まれるアルカリ性の薬剤によって毛が溶けるので、後は洗い流すだけで終了です。

メリット

  • カミソリや毛抜きに比べて、肌への負担が少ない。
  • 毛を溶かすため、ポツポツとした黒ずみや毛穴が目立たない。
  • 次に生えてくる毛が細くなり、目立ちにくい。

デメリット

  • 肌の弱い方や敏感肌の方は、皮膚が赤くなったりかゆみが出ることがある。
  • 商品によって効果の違いが大きいため、使ってみないとわからない。
  • 脱毛クリーム特有のにおいがある。

おすすめの除毛クリーム

女性

除毛クリームでおすすめするのは、何と言っても「D.レジーナ・エピ・プレミアム」です。

ニオイがきつくて除毛クリームの使用をやめたと言う人は多いと思いますが、「D.レジーナ・エピ・プレミアム」は除毛クリームに特有のニオイがないというのが、大きなポイントです。

しかも、10分で除毛ができるのが、手軽でいいですね。除毛した後の肌もしっとり感が残り、肌荒れなどの心配もほとんどないようです。

パッケージが可愛いというのも、人気を呼んでいるようです。

「D.レジーナ・エピ・プレミアム」の口コミ

  • カミソリを使うと肌荒れがあったのですが、「D.レジーナ・エピ・プレミアム」では除毛後の肌荒れもなく、香りもピンクグレープフルーツでとてもいいです。
  • パッケージがとてもおしゃれで、洗面所においても気になりません。
  • 脱毛クリームのにおいが苦手で敬遠していたのですが、友人にD.レジーナ・エピ・プレミアムを勧められ半信半疑で使用してみたところ、においも全く気にならず、10分程度で綺麗に脱毛ができたので今はリピートして使っています。

電気シェーバーを使用する

男性のひげ剃りのように使えるのが、女性用の電気シェーバーです。

見た目はT字カミソリを太く大きくした感じで、価格は2,000円~12,000円と性能によって開きがあります。

メリット

  • T字カミソリより肌に優しく皮膚を傷付けないことから、肌荒れや色素沈着を起こしにくい。
  • シェービングローションやボディソープなどを用意する必要がなく、水なしで使える。

デメリット

  • 充電が必要のため、使いたい時にすぐ使えない場合がある。
  • 音がうるさい。
  • T字カミソリより深剃りできないため、剃り残しが気になる。
  • わき毛が濃い場合や太い場合は、綺麗に仕上がりにくい傾向がある。
  • 使用後の手入れが面倒。

口コミ

  • カミソリを使用して肌荒れを起こしてしまったので、肌への負担が少ないという理由から電気シェーバーに切り替えました。剃り残しは気になるものの、皮膚を傷めることがなくなったため継続して使用しています。
  • 海外メーカーの電気シェーバーを使用していましたが、故障や替え刃の時の対応が遅く、結局日本のメーカーに買い替えました。電気シェーバーを購入する際にはアフターサービスについて詳しく聞いておいた方がよいと思います。

家庭用脱毛器を使用する

女性

最近、若い女性を中心に家庭用脱毛器が普及しています。

家庭用脱毛器は、「レーザー式」「フラッシュ式」「サーミコン式」「超音波式」など、毛の処理方法によって種類が異なりますが、現在最も人気なのは「フラッシュ式」となっています。

フラッシュ式はIPLという光を用いた脱毛方法で、レーザー式に比べて照射範囲が広く痛みが少ないのが特徴です。

また、これまで家庭用脱毛器は海外メーカーのものが圧倒的なシェアを誇っていましたが、近年は日本のメーカーも独自の技術を採用した家庭用脱毛器を販売しています。

例えば、アイリスオーヤマ製の「エピレタ」や、ヤーマンの「レイボーテ」などが人気となっています。

メリット

  • カミソリや毛抜きよりも仕上がりが綺麗。
  • エステティックサロンやクリニックよりも格安で脱毛が行える。
  • 人前で肌を晒すことなく脱毛ができる。

おすすめの家庭用脱毛器

おすすめの脱毛器は、アイリスオーヤマの「エピレタ」です。

「エピレタ」は、光照射に加え超音波の振動をプラスすることにより脱毛の効果を高めた、HPL(ホームパルスライト)という特許技術を採用しています。

また、照射回数は15万発可能なことから、面倒なカートリッジの交換は不要で、クリームやジェルを使うことなく、照射することができます。

その上、肌を守るセンサーによって、使用したときの肌に与える影響も最小限に抑えているというのも、とてもいいところだと思います。

さらには、毛穴が気になる方でも、使用していくうちに、毛穴が目立たなくなっていくという点も見逃せません。

多少値段は高くなりますが、十分に効果を発揮してくれることや、エステサロンなどに行くことを考えると、十分にお得感があると思います。

エピレタの口コミ

  • これまで、他の脱毛器を使用していたのですが、肌がボロボロになっていました。エピレタを使用してからはそのようなことがなくなりました。
  • コンセントに繋ぐだけで使えるので、とても手軽に使用できます。
  • アイリスオーヤマの製品なので、安心して使用しています。肌が荒れることもなく、痛みもありません。
  • 数回使用したころから、毛穴が目立たなくなってきました。

サロン・クリニック(レーザーなど)

エステティックサロンやクリニックで行われる脱毛方法には、以下のものがあります。

レーザー脱毛

毛根部のメラニン色素に光を吸収させ、熱を発生することで組織を破壊し、脱毛効果を得る方法です。

メリットは、永久的に脱毛効果が続くこと。

また、レーザー脱毛は医療行為にあたるため、万が一肌のトラブルが起きても、速やかに対応してもらえる安心感があります。

しかし、照射エネルギーが大きいため痛みを伴うことや、専用の機械が高額で医療資格者が施術を行うため、料金が高いのがデメリットと言えるでしょう。

フラッシュ(光)脱毛

フラッシュ脱毛もレーザー脱毛も、毛根のメラニンに光を照射するという点では全く同じ脱毛のメカニズムなのですが、フラッシュ脱毛で使用する光はレーザーよりも波長が長く、一度で広範囲に照射できるのが特徴です。

また、レーザーに比べて痛みが少ないため、痛みに弱い方に多く選ばれている方法と言えるでしょう。

その一方で、レーザーよりも脱毛効果が薄く、場合によっては脱毛効果が得られないことがあったり、永久脱毛にはならないことがデメリットと言えます。

ニードル(針)脱毛

プローブと呼ばれる極細の針を用いた脱毛方法です。

毛穴にプローブを差し込み、電気を流すことで毛根部を破壊して、毛が生えなくさせます。

毛の1本1本を処理するため、レーザーやフラッシュ脱毛に比べて時間が掛かりますが、メラニン色素の薄い毛にも対応するため確実に脱毛効果を感じることができます。

しかし、毛穴に針を刺すため痛みが強く、施術者の技術によって仕上がりに差が生じやすいのがデメリットと言われています。


スポンサードリンク