「気管・心臓・肺」の記事一覧

多血症とは?血液検査の基準や症状、治療法などを解説します。

多血症は赤血球の数が多くなる病気で、多くの場合は自覚症状がありません。ただし、進行すると心筋梗塞などの血栓症を起こす場合がありますので、血液をサラサラにするための治療が必要になります。ここでは多血症の目安となる血液検査の基準値や、多血症の種類、そして治療法などについて解説します。

気胸とは?手術などの治療、原因や症状、再発の可能性などについて

気胸(肺気胸)とは、肺の外側にある胸郭という部分に空気がたまってしまうことで、肺を膨らませることができなくなってしまう状態のことです。一見若くて健康な人でも、突然胸が痛くなって息苦しくなったら、実は気胸だったなんてことも。今回は、そんな気胸についてまとめましたので、是非ご参考にしてください。

咳喘息は治る?病院での治療や自宅で気をつけることを説明します。

長引く咳は咳喘息かもしれません。風邪やアレルギーなど多くことが原因となりますが、すぐに治るというものではなく、ある程度の治療期間が必要で、完治するものではありません。市販薬や漢方でも効果があると言われますが、病院で早期に治療して、日々の生活を気をつけることが大切です。

咳が続くのは咳喘息かも!その原因や検査、自分でチェックする方法などについて説明します。

風邪が治ったのに咳だけ残っている。咳喘息は喘息ではありませんが、咳だけが続くような症状になります。様々な原因によって引き起こされますが、この状態を放置しておくと喘息になることもあるのです。大人になってから喘息になる人も多いので注意が必要です。原因、症状、セルフチェックの方法などについてまとめました。

心臓マッサージは難しくない!その行動が家族を救います。

心臓マッサージは習ったことがあるけれど、実際にやってみた人は少ないのではないでしょうか。倒れている人がいても、実際にできるかと心配です。逆に自分が倒れた時には周りの人がやってくれないと大変です。心臓マッサージは難しくありません。しっかりと覚えてください。

レジオネラ菌とは?感染経路や発生しやすい場所、感染対策について解説します。

入浴施設だけでなく、加湿器などでも発生するレジオネラ菌です。高齢者や乳幼児は感染しやすく、重症になることもあります。レジオネラ菌が発生しないための対策や、感染した場合にどのような症状や病状になり治療を受けるのかなど、詳しく解説します。

咳が止まらない。その原因と対策方法を解説します。

夜に咳が止まらない、咳止めが効かないといったことに悩んでいる人は多くいます。咳そのものは必ずしも止めなければいけないものではありませんが、咳と痰の色によっては重い病気が潜んでいる可能性もあります。咳の原因に応じて適切に対処することが大切です。咳の原因と対処方法を解説します。

若い年代も要注意!心筋梗塞の原因・症状や危険因子について

心筋梗塞とは

心筋梗塞は動脈硬化、狭心症などから引き起こされるもので、若くても突然発症する可能性があり死に至ることもあります。また前兆や予兆などもありますので、事前に気にかけておきたいところです。心筋梗塞の原因や症状、危険因子、前兆のチェック、合併症などについてまとめました。

肺炎の原因は複数。主な肺炎の原因や症状、治療法を解説します。

女性・睡眠

肺炎には様々なものがあります。細菌やウイルスによるもの、免疫反応が関与するもの、薬剤によるものなど。また、肺炎によって症状や治療法、予防法なども変わってきます。代表的な肺炎について説明しますので、参考にしてください。

肺気腫の生存率は5年で5割とも…症状や原因、治療法や検査方法をご紹介します。

喫煙イメージ

肺気腫・慢性閉塞性肺疾患(COPD)は主に喫煙を原因とする病気です。多くはゆっくりと進行していきますので、初期段階では気づきにくいのが特徴です。また、一度、肺気腫となった肺はもとに戻ることはなく、進行を食い止めて、残っている肺で機能を維持することとなります。肺気腫について知るとともに、禁煙を考えてみてはどうでしょうか。

このページの先頭へ