「皮膚」の記事一覧(2 / 2ページ)

蜂窩織炎は放置すると重症に!原因や治療法、画像などをご紹介します。

蜂窩織炎(ほうかしきえん)は毛穴や傷口から黄色ブドウ球菌などの細菌が入り込んで皮膚の深いところから化膿してしまう感染症です。人にうつることはありませんが、水虫の傷が細菌の入り口になることがあり注意が必要です。蜂窩織炎の症状(画像)や治療法、原因、予防法などについてまとめました。

プロペシアの副作用や注意点、効果が出る理由について解説します。

最近、男性型脱毛症(AGA)に対して病院で治療を受ける方が増えてきました。プロペシアとは、医師が処方する内服による男性用脱毛症薬(AGA治療薬)です。興味はあるものの、様々な副作用が知られているため、服用に慎重な患者さんもまだ多いのが現状です。プロペシアの効果や副作用などについてまとめています。

ガングリオンとは?原因や手術などの治療法、何科で治療するのかなどを解説します。

「ガングリオンですね」。医師に言われた時には大変な病気ではないかと思いました。私もそうですが、手の中指と薬指の間や親指の付け根などに水がたまったようなコブができます。ここでは、ガングリオンの写真と合わせて、原因や症状、治療法、手術の費用や保険などについても解説します。

アトピー性皮膚炎とも重要な関係。セラミドの働きや効果、増やす方法を説明します。

セラミドは肌の表面に近い角質層にある成分で、皮膚病や加齢と深い関係にある重要なものです。セラミドがしっかりと機能していることで、健康な皮膚を維持できるとともに、潤いのあるみずみずしい肌を保つことができるのです。セラミドの役割や減少原因、増やす方法などを説明します。

帯状疱疹の原因や治療、症状、後遺症などを写真を交えて説明します。

帯状疱疹は免疫が弱っていると発症しやすくなる病気であり、稀に後遺症が残ることもあります。また、治療は早期に開始することが望ましいため、早めに病院へ行くことが大切です。帯状疱疹の原因、痛みなどの症状、感染や治療などについて、画像とともに説明します。

このページの先頭へ