高血圧の患者さんは、日本に4,000万人以上いるといわれています。その原因のほとんどは、生活習慣や食生活に起因するものです。また、高血圧は腎臓病や脳梗塞にも繋がる恐れがあり、放っておくと徐々に病気が進行することがあります。高血圧のことを正しく理解して、健康な生活を送りましょう。

高血圧とは

血圧

日本の高血圧者数は、約4,300万人とも言われています。高血圧は脳・腎臓・肺へと様々な合併症を生んでしまいます。

高血圧を予防することで、脳卒中死亡数が年間約1万人、冠動脈(心臓の血管)疾患が年間約5千人減少するとも言われています。
 
高血圧の新基準では、上(収縮期血圧)が140㎜Hg以上、下(拡張期血圧)が90㎜Hg以上の場合に、高血圧といいます。

ただし、このラインを守ればいいかというと、そうではありません。このくらいでコントロールしておきたいという「至適血圧」値は、上が120㎜Hg 未満、下が80㎜Hg未満であると循環器学会は提唱しています。この至適血圧をキープしていると、合併症が少ないといわれています。

まずは、血圧がどのような仕組で上がるのか考えていきましょう。そうすることで、必然的に予防方法や自宅で心がける点が分かると思います。


 スポンサードリンク

高血圧の原因

高血圧について語る前に、まず“血圧”についてお話しましょう。

血圧とは?

血圧というのは、血管の中を流れている血液が、血管の壁に与える血管の内圧のことで、血管の内側から外に向けて血管にかけている圧力、と考えてください。

血圧は下の式で求められます。

血圧 = 心拍出量 × 血管抵抗

  • 心拍出量とは、1分間に、心臓が全身・肺へ送り出せる血液の量の事です。
  • 血圧抵抗とは、血管の硬さ、弾力を表すものです。

心拍出量をは下の式で求めます。

心拍出量 = 1回の拍出量 × 脈拍

二つを合わせると、下の式になります。

血圧 = 1回の拍出量 × 脈拍 × 血管抵抗

血圧抵抗について

血圧抵抗は血管の硬さ、弾力を表すものです。血管は年齢とともに若い時の弾力性が失われて硬くなり、血圧抵抗は大きくなります。

メタボまた、加齢だけでなく、血管の中が狭くなることで、血液が通りにくくなる脂質異常症(高コレステロール血症)のある場合も、血管抵抗は大きくなります。

高血圧の原因について

上の3つ(1回の拍出量・脈拍・血管抵抗)に影響を与えるものが、高血圧の原因ということになります。

また、上の式からは導きにくいのですが、一般的に知られていることとして、塩分の取り過ぎも高血圧を招きます。

塩分と血圧の関係は現在も研究が進められているようですが、一般的には、塩に含まれるナトリウムには、本来、尿として出す分の水分を再吸収して、体内の水の総量を多くしてしまう作用があるため、たくさんの水分を心臓は送り出さなければならないので、心拍出量は増大し、血圧が上がるといわれています。

水分だけでなく、メタボや肥満などで体重そのものが増えることも、心臓の負担をかけることになります。

まとめると、高血圧の原因は次のようになります。

  • 脂質異常症(高脂血症)
  • 老化(血管そのものが硬くなる)
  • 食塩の取り過ぎ
  • 運動不足によるメタボ、肥満

高血圧の二種類のタイプ

高血圧には二種類のタイプがあります。

本態性高血圧

血圧を上げる原因となる病気がないのに、血圧が上がることをいいます。一般的に中高年の高血圧は、ほとんどがこれに該当します。また、高血圧症の人の90%〜95%が、この本態性高血圧となります。

二次性高血圧

高血圧の明らかな原因となる病気がある場合に二次性高血圧といいます。

本態性高血圧は、年々徐々に進行していきますが、二次性高血圧は急速に進行します。血圧を上げる病気としては、腎性・内分泌性・血管性・神経性などがあります。

高血圧の症状

高血圧の人が多い理由は、食生活の問題だけではなく、血圧が上がっても症状の出ないことが多いからです。毎日少しずつ少しずつ上がっていくため、身体が慣れてしまうのです。

高血圧で、頭痛や眩暈(めまい)、嘔気・嘔吐、手足のしびれを訴える人はごく一部の人です。

自覚症状がないうちに、進行していくところに、高血圧の怖さがあります。症状が出る頃には他の臓器への影響が出ていることが多いのです。

例えば、腎障害が進んでいるのであれば、むくみから始まって、息切れ・尿量の低下などの自覚症状が出てきます。

高血圧の予防法

高血圧の予防は、上であげた原因と対比させて考えてみると、わかりやすいでしょう。

  • 脂質異常症による高血圧の場合
    規則正しい、バランスのとれた食事をする。
  • 運動不足によるメタボ、肥満による高血圧の場合
    運動、適性体重の維持(BMI25未満)
  • 食塩の取り過ぎのよる高血圧の場合
    食塩摂取量は1日8g未満を目標とする(2012年策定の“健康日本21”で定めている)
  • 老化による高血圧の場合
    老化によるものは、ある程度やむを得ない部分があります。

ちなみに、日本人の食生活は塩分が多くなる傾向があります。1950年代の東北地方の食塩摂取量推定値は、1日なんと25g‼ 

それを1日8g未満にすることは、減塩商品に頼っても難しいといえます。食生活は文化として根付いているものが大きいので、意識しないとクリアできる値ではありません。
 
また、世界保健機構(WHO)の食塩摂取量に関するガイドラインでは、一般成人の食塩摂取量を1日5g未満にするべきとしていますが、日本人にとっては、かなり基準といれるかもしれませんね。(塩分を控えた食事療法については、栄養士さんの指導を受けてみるといいでしょう。

高血圧の合併症

高血圧を放置しておくと、どのようなことが起こるでしょうか?主に4つをあげることができます。

腎臓病

まず1番に腎臓病があげられます。腎臓の血管は非常に細くてもろいので、高い圧がかかりすぎると傷んでしまいます。

腎臓の機能が著しく低下すると、尿を作り出すことができなくなってしまいます。そうなると、体内に溜まった毒素を体外に出す手段として、人口透析を行うことになってしまう可能性もあります。

脳出血・脳梗塞

次にあげられるのが、脳血管へのダメージです。特に脳出血は高血圧患者に比例して患者数が多くなります。

脳血管にずっとかかっていた圧が限界を通り越してしまったときに、細い血管から出血を起こします。これが脳出血です。

脳梗塞は血管がつまるものですが、出血によって詰まる脳梗塞もありますので、無関係ではありません。

もし太い血管が破綻して出血・詰まった場合は、発症と同時に命を落とすこともあります。

心肥大・心不全

心臓の血管に圧がかかり、そして心臓が頑張って拍出量を稼ごうとすればするほど、心臓は疲れてきます。

そうすると心肥大(心臓が大きくなってなんとかしようとする)を起こし、最終的には心不全を起こします。心不全の程度によっては、こちらも命に関わります。

眼底出血

糖尿病の合併症にもあるように、腎臓と並んで血管のもろいのが目(眼底)です。

圧に耐えかねた血管が破綻して出血したり、先が詰まって血流不全を起こすと、高血圧性網膜症を起こすことがあります。

高血圧は、症状がないため放置しがちだったり、治療をやめてしまう人が多くいます。

しかし、このような合併症が起きてからでは遅いのです。命に関わるものだと意識することがとても重要です。


 スポンサードリンク

高血圧の検査

看護師

高血圧に対する検査は、基本的には血圧測定です。高血圧の人の多くが規則正しい食生活をしていなことから、採血やエコーも含めて検査をすることもあります。

健康診断で血圧が高くて“H”マークがついてしまった人、いませんか?中には「こんな高いはずないんだけど・・・。」という人もいます。

実は、医療機関や健康診断で測る血圧では、信憑性が得られない場合があります。

世の中には白衣高血圧といって、病院関係者(白衣を来た医師・看護師)が測定すると、緊張して上がってしまうという人もかなりの数いるからです。

そんな中でも、健康診断では、少なくとも血圧が常に高い人を発見することはできます。

若い人であっても、常時血圧が170㎜Hgを超えている人もいますから、そういった人を健康診断で早期に発見する必要があるのです。

健康診断で血圧が高かった人は…

白衣高血圧と自覚している人も、していない人も、健診結果で高血圧と言われて病院を受診した場合は、受診時にもう一度、血圧を測定します。

そこでも血圧が高かったとしても、二次性の高血圧やよほどの高値でなければ「いきなり薬を使いましょう。」とはなりません。

まずは2~4週間、朝晩自宅血圧を測定するようにいわれます。

毎日、血圧を測定することで、白衣高血圧を除外して、血圧がずっと高い人、朝だけ高い人などを診断していきます。

高血圧の治療法

自宅で測定した血圧が高い場合には、薬による治療や食事指導を受けることとなります。

食事指導は、管理栄養士に普段食べているものをチェックしてもらうところから始まります。このチェックをすると、自分の食べ物の好みが、しょっぱいものや脂っこいものに偏っていることが分かったりします。

1日の塩分摂取量を減らすために、塩分の代わりとなる味付けを教わっておくといいでしょう。

降圧薬については、5つのタイプがあります。血圧コントロールの内服治療は簡単なものではないようです。また、薬ですから副作用もあります。

主な降圧薬

  1. カルシウム(Ca)拮抗薬
  2. アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)
  3. アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬
  4. 利尿薬
  5. β遮断薬(含αβ遮断薬)

主な治療薬は上の5種類となります。それぞれの作用する場所は少しずつ微妙に違っています。

血圧 = 1回の拍出量 × 脈拍 × 血管抵抗

この、どこに照準を合わせるかということになります。

また、脂質異常症(高コレステロール血症)の人には、上にあげた降圧薬と一緒に抗高脂血症薬であるスタチンが処方されることもあります。

1~5を一緒に内服することもあります。

薬の内容などは、自宅で測定した家庭血圧の変動や季節(寒い時期には血管が収縮するので、血圧は上がります)を考慮して、医師が調整します。

勝手な飲み方をしたり、家族のもので代用しようとしたり、「高血圧に効く」とうたわれているサプリメントや、つぼ等の民間療法で治療したつもりにならないように注意しましょう。

必ず医師の診察を受けて、適切な薬を処方してもらいましょう。民間療法は高血圧の予防の段階まで、と考えておくといいのではないでしょうか。

高血圧を放っておくと、ある日突然脳出血で倒れた・・・なんてことにもなりかねません。あなたの健康・生活だけでなく家族を守るためにも、血圧管理、しっかりしましょう!

高血圧のまとめ

  • 日本の高血圧者数は、約4300万人といわれています。
  • 血圧=1回の拍出量×脈拍×血管抵抗
  • 高血圧の主な原因は、脂質異常症、老化、運動不足による肥満、食塩の取り過ぎになります。
  • 高血圧には、本態性高血圧と二次性高血圧の2種類があります。
  • 高血圧の症状はほとんどありませんが、ひどい場合は、頭痛や眩暈(めまい)、嘔気・嘔吐が出ることもあります。
  • 高血圧の予防は、規則正しい食生活と適度な運動と食塩摂取量を減らすことにあります。
  • 高血圧の合併症には腎臓病、脳出血・脳梗塞、心肥大・心不全、眼底出血などがあります。
  • 高血圧の検査・診断は、白衣高血圧を除外するために自宅血圧が有効です。
  • 降圧薬は主に5種類あり、季節などによる血圧の状態を考慮して、医師が薬の内容を調整していきます。

[カテゴリ:コレステロール, 中年以降に多い, 生活習慣, 高血圧が原因]

 スポンサードリンク


このページの先頭へ