エクオールとは?老化と闘う若返り成分に注目!

NHKスペシャルで腸内フローラの特集を放送していました。ボーっと見ていたのですが、腸内フローラの研究から発見された「エクオール」という成分のシーンに目が釘づけとなり、放送が終わる前にインターネットでエクオールが配合されたサプリメントを購入してしまいました。これからどんどん注目されること間違いなし!の「エクオール」についてまとめました。

当サイトの記事は美容アドバイザーなどの監修のもとで公開しております。


腸内フローラ(腸内細菌叢)って?

エクオールの説明をする前に、まずは腸内フローラについてお話します。ananアンアンなどの雑誌でも腸内フローラの特集が組まれるなど、最近、腸内フローラが注目されてきています。

私たちの腸には、100種類以上、100兆個、重さにして1キログラムもの腸内細菌が住んでいます。腸内細菌には、ヨーグルトやぬか漬けなどに含まれる乳酸菌に代表される善玉菌人体に悪影響を与える悪玉菌、普段は特に影響はありませんが、体が不調なときには悪玉菌の味方をする日和見菌があります。

腸内細菌の量はほぼ一定で、通常は日和見菌の数が最も多く、残りの枠を巡って善玉菌と悪玉菌が日々闘いを続けています。善玉菌と悪玉菌のバランスを腸内バランスと呼んでいますが、美容や健康のためには善玉菌優勢の状態を維持することが重要です。

主に小腸の終わりから大腸にかけての部分には、腸内細菌が同じ種類ごとにびっしりと集合して壁面を作るように生存しています。腸内フローラとは、それら腸内細菌の集合体のことです。


スポンサードリンク


エクオールとは?

近年では、腸内細菌の個々の役割よりも腸内フローラの集合体としての機能に注目が集まっています。腸内フローラを構成する腸内細菌は人によって異なり、食生活やストレスのほか、子どもの頃の生活環境などによって決まってきます。

腸内フローラによって、かかりやすい病気、長寿なのかどうか、老化の度合いなどが異なることがわかってきていて、腸内フローラの研究は、人間の健康や美容、糖尿病やがんなどの治療に大きく貢献するのではないかと期待されています。

また、腸内フローラの研究が進み、腸内フローラの中の善玉菌(乳酸菌)が人体にとても有用な物質(乳酸菌生成物質)を作り出していることがわかってきました。エクオールは、大豆をエサにして腸内フローラ中の善玉菌が作り出す乳酸菌生成物質の1つであり、女性ホルモンに似た機能があります。

また、エクオールには、「シワを薄くする」「更年期障害を軽減する」「美肌に効く」といった研究結果がでています。

エクオールの作られ方

大豆といえば、女性ホルモンの一種であるエストロゲンと同様の働きをしてくれる大豆イソフラボンという成分が有名ですよね。

大豆イソフラボンは、美肌やダイエットだけではなく、生理不順や更年期障害、骨粗しょう症などにも効果があると言われており、サプリメントなどで積極的に摂取している方も多いのではないでしょうか。

大豆イソフラボンの摂取を続けていると、その効果が十分に表れる人と、あまり効果が感じられない人がでてきます。近年、大豆イソフラボンの研究の中で、その効果が十分に表れている人の腸内フローラでは、十分にエクオールが生成されていることがわかってきました。

大豆に含まれる大豆イソフラボンには、「ダイゼイン」「グリシテイン」「ゲニステイン」の3種類がありますが、それらのうちのダイゼインをエサとして腸内フローラの中の善玉菌(乳酸菌)がエクオールを生成します。

エストロゲンを調整するエクオール

エクオールの効き目は、女性ホルモンであるエストロゲンの100分の1以下とわずかですが、加齢やストレスなどによってエストロゲンが減少して足りなくなってしまうと、エクオールが代わりに肌や骨などを守ってくれます。

その逆にエストロゲンが余っているときには、働きが穏やかなエクオールがエストロゲンを感知する受容体にはまり込むことにより、受容体と合体できなかったエストロゲンが体外に排出されて、エストロゲンの過剰な作用を抑えてくれます。

大豆イソフラボンの効果を得るためには、エクオールが必須です。しかし、後で説明しますが、日本人の2人に1人は、腸内フローラの中にエクオールを生成する乳酸菌を持っていないと言われています!


スポンサードリンク

エクオールの効果

エクオールは、腸内フローラで大豆イソフラボンの中のダイゼインをもとに生成される成分です。

腸内フローラでエクオールを生成することができないタイプの人は、ダイゼインをそのまま吸収することになります。

エクオールの効果は一般的に言われている大豆イソフラボンの効果と同様ですが、次のようなものになります。

1 更年期障害

女性のゆらぎ期には、女性ホルモンであるエストロゲンが減少します。更年期障害は、このような女性ホルモンの変化に体がついていかなくなり、様々な症状が出現します。

エクオールは、エストロゲンと同じような働きをする上、大豆イソフラボン中のダイゼインよりもさらに吸収されやすく効果は大きいのです。

エクオールは、ゆらぎ期の女性の体内で不足しているエストロゲンの代わりに作用し、顔のほてりや骨密度の低下といった更年期障害の症状を緩和してくれます。骨粗しょう症の治療としても、エクオールが注目されてきています。

2 生理不順

生理不順の原因は、生活習慣や食生活の乱れ、ストレス、遺伝的なものなどいろいろとありますが、ホルモンバランスが崩れてしまうことによって起こります。

エクオールには、女性ホルモンであるエストロゲンの機能と似た機能があります。エストロゲンと比べて作用はとても穏やかですが、だからこそ、エストロゲンが足りないときはその機能を補い、エストロゲンが多すぎるときにはエクオールが代わりに働くことによって作用を弱めてくれます。

このように、エクオールによってホルモンバランスが正常に保たれるのです。もちろん、生理不順の直接の原因を解消することが最も重要ですが、生理不順の症状を和らげて生理周期を整えるのにエクオールは有効です。

3 美肌(シワが薄くなる)

エクオールは美肌、特に肌のシワを消す効果があるということがわかってきました。

肌のシワは、肌の張りを保つコラーゲンが減少することが原因です。「肌にハリがなくなってきたな」と感じると、コラーゲンのサプリメントなどを積極的に摂取しますよね。しかし、外部から摂取するコラーゲンは粒子が大きく、なかなか吸収しにくいと言われています。

人にはもともと体内でコラーゲンを生成する機能を持っていて、そのように生成されたコラーゲンは吸収されやすく、肌の深部で作用します。エクオールは、コラーゲンを生成する線維芽細胞の働きを活性化してくれるため、体内でコラーゲンが十分に作られて肌の深部から張りを保ってくれます。

私はNHKスペシャルでエクオールを摂取した女性はシワが浅くなったという研究結果を見て、即効でエクオールのサプリメントを購入しました。アンチエイジングや若返りといった分野で、今後はエクオールがどんどん注目されていくと思います。

エクオールを作れる人、作れない人

エクオールは大豆をエサとして腸内フローラの中の乳酸菌が生成してくれる成分です。

乳酸菌には、植物性乳酸菌と動物性乳酸菌がありますが、日本人はあまり乳製品などを摂取する習慣がなく、その代わりにぬか漬けや納豆などから植物性乳酸菌を多く摂取してきました。

このため、日本人は植物である大豆をエサとする乳酸菌を元々持っている人が多く、乳製品から動物性乳酸菌を多く摂取してきた欧米人よりもエクオールを作れる人は多い傾向があります。

日本人では半分、欧米人では約3割の人しかエクオールを作れないのです。

エクオールを作れる人とは

次のような人がエクオールを作れると言われています。

  • 普段から緑茶を多く飲んでいる
  • 大豆の摂取量が多い
  • タバコを吸わない
  • 野菜中心の食生活
  • 魚油(オメガ3系脂質)を多く摂取している

その逆に、乳製品の摂取量が多い人や、魚よりも肉が中心だという人では、エクオールを作れない人が多くなります。また、若い世代にはエクオールを作れない人が増えていると言われています。

エクオールを生成するためのエサとなる大豆を積極的に摂取することはもちろん必須ですが、それ以外にも「野菜を多くとる」「肉食に偏りすぎない」といった基本的な腸内環境を整える食生活が重要です。

また、日本人はもともと乳製品に含まれる乳酸菌よりも納豆やぬか漬け、キムチといった植物性乳酸菌の方が体に合っています。植物性乳酸菌を積極的に摂取しましょう。

特に、腸内フローラが形成される小児期には、これらを積極的に摂取してバランスのよい食生活に留意しましょう。
 

エクオールのサプリメント

大豆を摂取しても体内でエクオールを作れない人が半分以上だというお話をしましたが、最近の研究では、自分でエクオールを生成できない人がサプリメントを摂取することで、 近い効果が得られることがわかってきました。(ただし、サプリメントは薬ではありませんので健康維持と考えてください。)

また、自分がエクオールを作れる体質なのかどうかをチェックするキットも販売されています。

エクオールは女性に向けたサプリメントとして、さらに注目されると思います。今後の研究に期待したいですね。

最後にエクオールを成分としたサプリメントを2つほどご紹介します。

購入したエクオールのサプリメント「エクエル」

エクエル

こちらが購入したエクエル(大塚製薬)になります。飲み始めて数カ月が経ちますが、肌の調子、体調もいいように感じます。

粒

写真の左側がエクエルです。右側に、大きめのサプリメントの代表としてネイチャーメイドのビタミンCを参考までに並べました。

多少エクエルの方が小さいですが、大きめであることが分かると思います。ただし、粒がなめらかな形状をしているので、すんなりと飲めます。1回4粒が目安の飲み方ですので、私は朝と夜に2粒ずつのんでいます。

みなさんも試してみては、いかがでしょうか。

医師との共同開発で生まれた「エクオール+ラクトビオン酸」

エクオール研究の専門医である吉形医師(ハマサイトクリニック)が開発に加わっているということで、評判を呼んでいます。

エクオールと一緒に配合されている「ラクトビオン酸」とは、オリゴ糖の一種で、お腹の調子を整えることが期待される成分です。

エクオールをサポートすることやカルシウムの吸収を高める作用があり、エクオールと一緒に摂取することで、女性の体を総合的にサポートしてくれます。

口コミやアンケートでも高い評価を受けていますので、ぜひ参考にしてください。


スポンサードリンク