黒酢ダイエットは効果あり!効果や飲むタイミングなどを教えます!

黒酢ダイエットはとても効果的なダイエット方法です。ただし、飲み方や飲むタイミングなどをしっかりと守らないと、うまくいきません。ここでは黒酢ダイエットの効果や、黒酢のおいしい飲み方、飲むタイミングなど、効果的にダイエットを行う方法を解説します。

当サイトの記事は美容アドバイザーなどの監修のもとで公開しております。


黒酢ダイエットとは

kurozu

黒酢ダイエットとは、黒酢を摂取することで得られる成分の健康的効果を利用したダイエットのことを指します。

黒酢はJAS規格によって細かい定義付けがされており、一般的に使用されている酢が精米を原料としているのに対して、黒酢は玄米や大麦を原料に作られます。

また、長期間かけてじっくりと発酵・熟成させることでメイラード反応と呼ばれる褐色反応により黒く変色します。

実は、この原料と製法の違いにより、黒酢には米酢と比較してより高い栄養素が含まれるようになります。

特に注目したいのが、アミノ酸の含有量です。

黒酢は豊富なアミノ酸とクエン酸を含有することで優れたダイエット効果を示すのです。


スポンサードリンク


黒酢の効果

黒酢に含まれる成分の中で、特筆すべきものは、「必須アミノ酸」「酢酸」「有機酸」「ビタミンB群」および「ミネラル」の5成分です。

これらの成分の相互作用により、黒酢は優れた健康効果を示すようになります。

特に必須アミノ酸は体内で合成できない貴重な栄養素であり、黒酢には9つの必須アミノ酸中8つの必須アミノ酸(ヒスチジン、イソロイシン、ロイシン、バリン、フェニルアラニン、メチオニン、リジン、トリプトファン)が含まれています。

正常な身体機能を維持するためには、必須アミノ酸の摂取は不可欠であり、黒酢はその点において非常に優れた食品であると言えるでしょう。

それでは、以下に具体的な黒酢の健康的効果を説明いていきます。

代謝促進効果

黒酢に含まれているアミノ酸には、新陳代謝を促進する効果があります。

体内の代謝回路を機能させるためには、補酵素であるミネラルやビタミンの存在が必須です。

黒酢はビタミンとミネラルを豊富に含有しているため、代謝回路をスムーズに機能させることができるのです。

また、酢の主要成分である酢酸は体内に取り込まれるとクエン酸に変化します。

クエン酸は糖質代謝の要であるクエン酸回路を活性化させ、体全体の代謝を促進してエネルギーが燃焼しやすい状態を作るのです。

脂肪燃焼効果

アミノ酸には脂肪分解酵素であるリパーゼの働きを活性化させる作用があります。

アミノ酸による代謝系の促進と脂肪分解酵素の活性化により、エネルギー源として脂肪を効率よく燃焼するサイクルができ上がります。

血流改善効果

黒酢に含まれるアルギニンというアミノ酸には、血管を拡張して血流を改善する働きがあります。

また、血小板凝固抑制効果や抗酸化作用も有しているため、血液をサラサラの状態にして血行障害を改善することができます。

特に毛細血管での血流改善がなされるため、冷え症の方にも効果が期待できると言われています。

整腸作用

黒酢には酢酸の他にもりんご酸やコハク酸、フマル酸などの有機酸が豊富に含まれています。

この有機酸には、過酸化脂質の上昇を抑制したり腸の蠕動運動を活性化して、腸内の環境を整える働きがあります。

腸内環境の悪化は、便秘や基礎代謝の低下に繋がるため、腸内環境を整えることで、黒酢の摂取は腸経由でのダイエット効果も期待できるのです。

血糖値上昇緩和作用

黒酢に含まれている成分は、胃に食べ物を長時間滞留させる作用があります。

胃に長い間食べ物が留まることで、腸内への急激な食べ物の流入を防止することができ、その結果、血糖値が急激に上昇することを防げます。

血糖値の上昇を緩和することで、体脂肪を貯蔵させる働きのあるインスリンの分泌を抑制することができます。

カルシウム吸収促進作用

特に女性やダイエット中の方はカルシウム不足で骨粗鬆症を発症してしまうリスクが高いと言われています。

実は黒酢には酸による胃液の分泌を促進して、カルシウムの吸収率を高める働きもあるのです。

減塩効果

黒酢はそれだけで調味料としても活用でき、料理に使用する塩分を減らすメリットも有しています。

塩分の過剰摂取はむくみの原因となる他、血圧を上昇させる原因にもなります。

黒酢は減塩効果を通して血圧上昇を防止する作用もあるのです。

以上、黒酢の摂取により、「代謝の促進」「脂肪の燃焼」「腸内環境の正常化」を代表とした様々な効果が複合的に作用しあうことで、ダイエット効果と美容効果を呈し、ただ痩せるだけではなく、美しくリバウンドなしで痩せることができるのです。

黒酢ダイエットの注意点

黒酢は優れた健康・美容効果を有していますが、黒酢ダイエットを行う際にはいくつか気をつけたい点があります。

黒酢ダイエットの注意点は次の通りです。

酸蝕歯になるリスク

黒酢を飲んだ時、黒酢の酸によって歯が溶けてしまう酸蝕歯になるリスクがあります。

黒酢ダイエットを行う際は、酸蝕歯にならないように飲むタイミングに注意する必要があります。

特に寝る前に飲用すると、そのまま歯が酸に浸蝕されてしまうので寝る前の飲用は控えるようにしましょう。

また、黒酢を飲んですぐに歯を磨くと酸で柔らかくなった歯が削れてしまうので、飲用後30分以上経過してから水で口をすすいで歯を磨くように気を付けてください。

消化器官へのリスク

黒酢は刺激が強い飲み物なので、原液をそのまま飲用すると消化器官を痛めてしまう可能性があります。

黒酢を飲用する際は、必ず水などで10倍程度希釈して飲むようにしましょう。

また、空腹時や胃腸の弱い方、子供が飲用する際も注意が必要で、一気に多量に飲むと腹痛や下痢を引き起こしてしまいます。

黒酢ダイエットをする時は、食後に摂取するようにして、子供や胃腸の弱い方は少しずつ量を増やしながら体を慣れさせていきましょう。

冷え症を悪化させるリスク

黒酢には血行を促進する働きがあるため、冷え症の改善にも効果的だと言われています。

しかし、黒酢は陰性の食品であるため、体を冷やす性質も持ち合わせています。

したがって、冷え症の方は過剰に摂取しないように注意が必要です。

糖分の管理

黒酢は刺激が強く、味もきついため飲み方を工夫する必要があります。

市販の飲みやすい黒酢には、糖分が多量に含まれている可能性があるので、糖分管理には十分に注意しましょう。

黒酢を飲みやすくする方法に関しては下記の項目で詳しくご紹介いたします。

食事の管理

黒酢に含まれる酢酸や有機酸には食欲を増進する効果があります。

そのため、食前に黒酢を飲用すると、食欲が高まりダイエットの逆効果になってしまいます。

黒酢は食後に摂取するようにして、食事の管理はしっかりとするように注意してください。

黒酢ダイエットの方法

kurozu2

黒酢ダイエットの方法は至って簡単で、1日に15~30mlの黒酢を毎日摂取するだけです。

黒酢は食後に飲むようにして、朝・昼・晩に10mlずつというように1日の中で分けて飲用しても構いません。

黒酢ダイエットについては、食べてはいけないものや飲酒の制限は特にありません。

ですが、ダイエット効果を高めるのであれば低カロリーの食事や過度の飲酒は避けるべきでしょう。

飲酒に関しては、黒酢にはアルコールを分解する肝臓の機能を高める働きがあるため、お酒を飲む前に黒酢を飲んでおくと効果的です。

また、黒酢にはダイエット効果がありますが、黒酢の脂肪燃焼や代謝促進効果を引き出すためには、有酸素運動をする必要があります。

ただ黒酢を飲んでいれば痩せるという訳ではなく、運動や食事療法と組み合わせて行うことが重要なのです。

黒酢の飲み方

黒酢ダイエットは毎日の摂取を習慣付けて長期間続けることで効果を発揮するダイエット法です。

そのため、黒酢をいかに飲みやすくするかという工夫が重要になってきます。

以下に黒酢を飲みやすくするためのレシピをご紹介いたします。

ハチミツを加える

kurozu2

甘味料として水や炭酸水で希釈した黒酢にはちみつを大さじ1杯程度加えると飲みやすくなります。

はちみつにはエネルギー代謝を促進するビタミンB群や腸内環境を整えるグルコン酸が豊富に含まれており、砂糖よりも低カロリーであるというメリットもあります。

はちみつ黒酢として飲用することで、ダイエットに対して相乗効果を得ることができます。

牛乳で割る

黒酢を飲みやすくする方法として、牛乳で割るというレシピも効果が期待できます。

牛乳で割ることで、ヨーグルトのような食感になり、デザート感覚で黒酢を楽しむことができます。

ドレッシングとして料理に使用する

黒酢を飲むのに苦労するという方は、料理に調味料として使用するのも一つの手です。

サラダを食べる際にドレッシングとして使用したり、塩分の変わりに使うようにすると減塩効果も得られて一石二鳥です。

生姜を利用する

冷え症の方に是非試して欲しいのが、生姜を利用したレシピです。

生姜は温性の食品であり、熱を加えることで血行を促進する効果が高まります。

黒酢は体を冷やす性質があるため、生姜を利用することでその欠点をカバーすることができるのです。

作り方

  • 生姜200g、砂糖200g、シナモンスティック1本、レモン汁1/2個分を用意します。
  • 生姜を薄切りにして、砂糖と水、シナモンスティックとともにレンジで5分加熱し、そこにレモン汁を加えてしっかりとかき混ぜてください。
  • 後は希釈した黒酢に、大さじ1杯程度のこれを加えれば完成です。

スポンサードリンク

黒酢ダイエットを成功させるポイント

黒酢ダイエットを成功させるためには、いくつかコツやポイントが存在します。

より黒酢のダイエット効果を引き出して効率よく脂肪を燃焼させる方法を以下にご説明いたします。

入浴と組み合わせる

黒酢のダイエット効果を引き出すためには、入浴と組み合わせるのがポイントです。

入浴には、温熱による血行促進効果やダイエット効果があり、入浴後に黒酢を摂取することで効率よく脂肪を燃焼させることができます。

入浴中は消化器官の働きが低下するため、入浴前に黒酢は飲まないようにしましょう。

運動の30分前に摂取する

黒酢と有酸素運動を組み合わせる際は、飲むタイミングが重要です。

理想的なのは、有酸素運動をする30分前に黒酢を摂取することです。

そうすることで、効率よく運動によって脂肪が燃焼され、高いダイエット効果を得ることができるだけではなく、クエン酸の働きによって疲労の蓄積を回避することもできます。

りんご黒酢を利用する

黒酢にもいくつか種類があるのですが、ダイエットに効果的なのがりんご黒酢です。

通常の黒酢よりも飲みやすい上、りんごに含まれるペクチンやセルロースなどの食物繊維やポリフェノールの働きにより、より高いダイエット効果を得ることができます。

ペクチンは水溶性食物繊維であり、セルロースは不溶性食物繊維であるため、2種類の食物繊維を一気に摂取することが可能になって整腸作用を高めることができます。

また、りんごポリフェノールには、脂肪の排泄を促進し、脂肪の合成を阻害する働きがあるため、効率よく脂肪を燃焼させることができるのです。

バナナ黒酢を利用する

りんご黒酢と同様にバナナ黒酢もダイエットに効果的です。

バナナには豊富なビタミンとミネラル、食物繊維が含まれています。

ビタミンとミネラルは代謝を促進するためには、必要不可欠な成分であるため、バナナ黒酢を利用することで、より効率的に代謝を高めることができます。

おすすめの黒酢をご紹介

ここでは、口コミなどで人気のある黒酢をご紹介いたします。

福山玄米黒酢

大変人気のある黒酢です。楽天の天然酢・酢飲料の総合ランキングで1位を獲得し、口コミ数が1000件を突破している不動の人気を誇るのが、こちらの「福山玄米黒酢」です。

本場本物を売りにしており、200年の歴史を有する亀壺を利用した製法で作られています。

飲みやすさにとても定評があり、これまで黒酢が苦手だった人も継続できるほどのまろやかさとなっています。

また、天皇皇后陛下の行幸啓で展覧目録第12号に選出されたという栄えある栄誉に輝いた実績があります。

使用した人の口コミ

  • 便秘が治ったためか黒酢の効果か、肌の調子がすごく良くなって、化粧水+保湿クリームだったのが、化粧水だけでしっとりするようになり、今は化粧水をたっぷり使うだけでもちもちしています。
  • 何年も飲みつづけています。家族にとってマンゴージュースで割るのが続くコツです。整腸にもなっているみたいです。
  • とても濃く作られるているのに、とても口当たりがいいです。他の黒酢と比較して甘さが少ないので、甘いのが苦手な肩にはいいと思います。
  • すでに4年ほど飲み続けています。個人的にとてもいいものだと思っています。
  • 炭酸で割って飲むのが好きです。とても飲みやすく、かなり続けています。
  • 酸味があまり強くないので、まろやかなな味です。ポン酢の材料としても使えます。ダイエットにもいいように思います。
  • 高血圧なので始めてみました。飲みやすいし、続けられそうです。今後の経過が楽しみです。
  • 飲み続けていますが、特に体に変化はないように思います。ただ、食べ過ぎた翌日にもたれなかったり、肌の調子もキープできている感じがするので、これのおかげかもしれません。
  • 水で割っただけでも、全然飲めます。酸味が強くないので、香りもなめらか。夏バテ防止に良さそうです。
  • この黒酢を飲んでいると、添加物の入ったものとの判別がつくようになりました。
  • もうかなり継続してます。飲み方は、いつもはちみつを入れています。体の変化が顕著に現れたわけではないですが、毎日、元気にすごしています。これからも続けたいと思います。


スポンサードリンク