フォトフェイシャルとは?効果や副作用・失敗、クリニックの選び方など

フォトフェイシャルとは、IPLという機材を利用し、シミやそばかすを改善する治療のことです。クリニックなどの医療期間で治療を受けることができ、効果が高いと言われています。ここでは、効果や副作用・失敗の説明とあわせて、クリニックの選び方やオススメのクリニックをご紹介します。

フォトフェイシャルとは

biyou

フォトフェイシャルとは、肌に起こる様々なトラブルを解消する美容医療機械です。

医療機関(病院・クリニック)のみで受けることができ、最先端のスキンケアとして注目されています。

IPLという光を使ってシミなどを解消する

顔全体にIPL(Intense Pulsed Light)という光をあてることで、シミやニキビ跡などを解消します。

照射する光は、肌トラブルの直接の原因となるターゲットのみに反応するため、表皮や正常な細胞を傷めることがありません。

また、一度の照射で複数をターゲットにすることができるため、一つのトラブルだけではなくあらゆる悩みを効率的に解消することができます。

レーザーとの違い

顔に光をあてて肌トラブルを解消する治療には、これまでにもレーザーがありましたが、レーザーは単一波長の光を気になる部分のみに集中的にあてるため、照射後、炎症やかさぶたなどが起こりやすく、そのためダウンタイムを長めにとる必要がありました。

しかし、フォトフェイシャルで使用するIPLは広域な波長を持っており、肌へのダメージが少なく、施術後に洗顔やメイクも可能となっています。

フォトフェイシャルの効果

simi

シミやそばかすが取れる

IPLが最も反応するのがメラニンと言われていることから、メラニンによる色素沈着が原因で起こるシミやそばかすはフォトフェイシャルの効果が現れやすいと言われています。

IPLを照射後、シミやそばかすが一旦は濃くなったように見えますが、これは剥がれたシミやそばかすが浮き上がってくるためで、数日経つと代謝によってポロポロと剥がれ落ちていきます。

なお、皮膚の深い部分までメラニン色素が沁みている場合は、1回の施術では効果が出ない場合もあります。

美白

フォトフェイシャルは、すでにできてしまっているシミやそばかすだけではなく、これからシミやそばかすになる予備軍にも作用するため、回数を重ねるごとで顔全体に透明感が出てきます。

たるみやシワの解消

siwa

IPLによる光エネルギーは、真皮層で熱エネルギーへと変換されると、それによってコラーゲンを産み出す線維芽細胞が活性化して、コラーゲンの生成が促されます。

コラーゲンが増えると、肌のハリや潤いが増してたるみやシワの解消に繋がります。

ニキビやニキビ跡

ニキビの赤みや色素沈着してしまったニキビ跡に反応して、薄く目立たなくします。

また、ニキビ跡が薄くなっても肌の凹凸が気になるところですが、光照射によってコラーゲンの生成が促されると、凹凸も目立たなくなります。

赤ら顔の解消

赤ら顔は毛細血管の拡張によって引き起こされるため、IPLによって毛細血管にダメージを与えて収縮させることで赤ら顔を解消します。

毛穴を改善

IPLによってコラーゲンの生成が促されることで、毛穴の開きを改善して、キメの細かい肌を作ります。

ほくろについて

フォトフェイシャルでほくろが薄くなったという人もいますが、そういう人もいるという程度に考えておいた方がいいでしょう。基本的にはそこまでの効果は期待できません。

ほくろを取りたい人はレーザー治療などについて、クリニックで相談した方がいいでしょう。

施術の内容・流れ

clinic

1. カウンセリング

フォトフェイシャルの仕組みや効果はもちろんのこと、医師側は患者の肌の状態を聞き取り、悩みを解消するための具体的な計画を提案します。

また、患者側は不安に思うことやデメリットなどを聞いた上で、最終的に施術を受けるかどうか判断します。<

2. 施術の準備

クレンジングでメイクを落とし、光を透過する冷却ジェルを顔に塗ります。

さらに、IPLはカメラのフラッシュのような光を発するため、保護のためにアイマスクを装着します。

3. 施術

施術時間は15~20分ほどとなっています。

最後に冷却パックなどで、クールダウンをして終了になります。

4. 施術後

施術が終わったら、すぐに洗顔・メイクができます。メイクをして帰宅しない場合は、日焼け止めのクリームは必ず塗るようにして下さい。

何回行けば効果ができるのか?

フォトフェイシャルは一回で効果が現れる人もいらっしゃいますが、肌のターンオーバーに合わせて、3~4週間に一回の割合で5回ほど続けると、より効果が期待できると言われています。

痛みについて

wagomu

痛みの感じ方については個人差があるため、必ず痛いとも痛くないとも言えないところなのですが、実際に施術を受けた人の多くは輪ゴムをあてられたようなパチンとした痛さと答えています。

これまで美容医療を全く受けたことがない人であれば、初めてのクリニックで緊張や不安も大きいことから、痛みも強く感じてしまいやすいかも知れませんね。

その逆で、クリニックで他の施術を受けたことがある人の場合は、「痛いと言っても耐えられないほどではなかった」と感じる人が多いようです。

なお、フォトフェイシャルを受ける前に顔の産毛を剃っておくと、痛みが軽減されると言われています。

副作用や失敗について

sad

主な副作用は?

フォトフェイシャルは肌への負担が少なく、ダウンタイムも必要がないことから、安全に受けられる美容医療と言われています。

ただし、どのような美容医療にも全く副作用がないことはありません。

フォトフェイシャルの失敗で特に多いのが、出力の上げすぎによる肌の炎症や火傷があります。

通常、クリニックでは患者の肌の状態を確かめた上で、まずは少し弱めの出力で照射し、徐々に出力を上げていくのが一般的ですが、中にはいきなり強い出力で照射され、施術後にトラブルになってしまう例もあるようです。

肝斑の治療は慎重に

30~40代の女性に多く見られる肝斑は、頬や額、鼻の下などに左右対称に現れる淡褐色のシミのことを言いますが、その発症原因は詳しくわかっていません。

この肝斑の治療にフォトフェイシャルがよいとして、施術を受けた人も多くいらっしゃいますが、効果があったという人がいる一方で、逆にシミが濃くなって悪化してしまったという人もいます。

医師によっても意見が分かれているところで、クリニックの多くでは、フォトフェイシャルによる肝斑の単独治療は行わず、内服薬や美白薬の併用を勧めています。

そのため現段階では、フォトフェイシャルのみの肝斑治療はリスクが大きいことも覚えておきましょう。

エステでの施術は効果が現れない可能性も

フォトフェイシャル及びIPLによる治療は、医療機関のみでの使用が許可されており、エステやサロンでの使用は認可されていません。

そのため、エステなどで「〇〇フェイシャル」や「フォト〇〇」のように、似たような名前で行われている施術は、正規のフォトフェイシャルによる治療ではないので、当然ながら期待していたような効果が現れない場合があります。

トライアル回りは効果が薄い場合も

クリニックの多くは、初回限定に限りトライアル価格として、通常よりも安い料金設定をしています。

そのため、中には毎回違うクリニックへ行き、トライアル料金でフォトフェイシャルの施術を受ける人がいらっしゃいます。(これをトライアル回りと言います)

フォトフェイシャルは一回よりも数回受けた方が効果がアップするので、そのような方法を行うのだと思いますが、トライアルはあくまでもお試しのため、通常よりも出力が弱く設定されている場合があるので、トライアルを5回受けたからといって、1ヶ所のクリニックで5回施術を受けたのと同じにならない可能性があります。

治療が受けられない人

  • 日焼けをしている人
  • 妊娠中の人
  • 糖尿病やアルコール中毒症の人
  • 日光に敏感な人
  • てんかん発作の既往がある人
  • タトゥーやアートメイクをしている人

クリニックの選び方

pc

症例数の多い医師が在籍している

これはフォトフェイシャルに限ったことではありませんが、やはり実績を積んでいる医師に施術を担当してもらうことが何よりも大切です。

使用する機械が同じなら誰が行っても結果も同じでは?と思うのは、大きな間違いです。

フォトフェイシャルは、照射の間隔や時間など、患者の肌の状態に合わせて出力を調整する必要があります。

それには、何よりも経験が重要であることから、フォトフェイシャルの症例数が多い医師に担当してもらうのがよいでしょう。

フォトフェイシャル協会に加盟している

フォトフェイシャルは、医療用レーザー機器の販売を行っている日本ルミナスが登録商標をしているIPL機器を使った施術のため、ルミナス社以外で販売されているIPL機器による施術は、フォトフェイシャルと名乗ることができません。

また、日本におけるフォトフェイシャルの認知や啓蒙を目的として、2001年にフォトフェイシャル協会が設立されています。

クリニックの中には、協会に加盟していない状態でフォトフェイシャルを行っているところもあるようですので、より安心して施術を受けるためにも協会に加盟しているクリニックを選ぶのがよいでしょう。

適切な料金設定

安い料金でフォトフェイシャルを受けられるのはとても魅力的と言えますが、あまりに安すぎる場合は、数を多くこなして利益を生むために施術が流れ作業であったり、コストダウンのために十分な出力で施術を受けられないことがあります。

フォトフェイシャルは、高ければ高いだけそれに比例するような効果が得られるわけではありませんが、一人の患者に対し、丁寧な施術を行えばそれだけコストもかかるため、提示された料金が適切であるかどうかを見極めることが大切です。

フォトフェイシャルを行なっている主なクリニック

ts_ts_JG118

エルクリニック

エルクリニックは、開業当時はまだ“美容医療=外科的手術による形成”というイメージが主流だった中で、メスを使用しない美容医療の提供を掲げて、美容皮膚科として邁進してきました。

中でも、フォトフェイシャルの症例数は極めて多く、その数49,000件と国内屈指の数を誇ります。

現在は東京都内だけでも多くの美容皮膚科がありますが、エルクリニックは老舗ならではの実績や経験に基づいた治療を可能としているクリニックと言えます。

また、日本医科大学の関連医療施設の認定を受けており、形成外科の認定医も数多く在籍していることから、安全性やバックアップ体制も万全となっています。

主な施術の料金

フォトフェイシャル1回 38,340円 5回 154,500円

サイトなどでよく見かける美容クリニックの症例数は、取り扱っている診療全体の数を見るのではなく、自分が受けたいと思っている施術の数を確認することが最も大切です。

その点において、国内屈指のフォトフェイシャルの症例数を誇るエルクリニックには、フォトフェイシャルのスペシャリストが在籍しています。

また、美容医療は施術を受けたら終わりではなく、肝心なのはむしろ施術を受けた後になります。

フォトフェイシャルの場合も、いくらメスを使わない施術と言っても、炎症や腫れなどの肌トラブルが起こらないとは限りません。

そのような時に、形成外科の認定医や医科大学との提携があるのは心強いですよね。

美容医療では、技術の高さはもちろんのこと、安全性の確保もクリニック選びにおいて大きな柱になると思います。


スポンサードリンク